42歳貯金ゼロで起業家になった男の話


はサラリーマン時代に、
“起業しよう!”
と決意して準備やら実際に行動できずに5年間悶々とした日々を過ごしていました。

 

 

しかし、2011年の東日本大震災が私のスイッチをONにしました。

 

 

人生は考えているより遥かに短い。だから悔いを残さないように今、行動しよう!そう決めて会社を後にしました。

 

 

今だから言える話なんですがその時、貯金はゼロでした。
42歳の何の資格も特技も無い貯金ゼロの男が想いだけで起業したんです。

 

 

よくそんな無謀な事に理解をしてくれたなぁと今でも妻や家族には感謝しています。

 

 

でも世の中はそんなに甘くはないです。起業前に約4年間でブログを中心とした情報発信は相当やっていました。

 

 

出社する2時間前の朝6時にマクドナルドに行きパソコンをつつき、仕事が終わったら自宅やマクドナルドでまた2~3時間ほどコンテンツ作成をする日々を約4年やっていました。

 

 

ただ、起業のタイミングでは食えるほどは稼げていませんでした。

 

 

家族はいるので生活はしていかなきゃいけない。銀行から借り入れしたりしながら続けていましたが限界があります。

 

 

不本意でしたが数時間アルバイトをしながら本業を進める事を選択するしかなくなりました。

 

 

色んなアルバイトに応募しましたが年齢も年齢だし、当時は長髪という怪しい風貌(苦笑)でなかなか採用してもらえませんでした。

 

 

プライドも木っ端微塵になりかけていたある日、求人誌で見つけた配達の仕事に応募しました。

 

 

重い荷物でもなく職場も近い。祈る気持ちで面接を受けました。

 

しかし、その面接がかなり風変わりなもので驚かされました。

 

 

面接が終わり宿題が出されたのです。
ある映画を2本、それぞれ5回ずつ観て感想を書くというものでした。

 

 

それがものすごい映画だったんです。

 

 

「サイレント・ヒル」と「Vフォー・ヴェンデッタ」
これらの映画をご存知の方は多分“なぜ??”という取り合わせですよね。

 

 

仕事がかかっているので一生懸命に計10回観て感想文を提出しました。

 

 

結果・・
「今まで大学生とかしか採用していないけれど今回は特別に採用します」
という嬉しいような哀しいような複雑な気持ちの合格でした。

 

 

久しぶりのアルバイト。当日はカチンコチンに緊張して出社しました。

 

 

そこで、代表者に、とても興味深い事を言われました。

 

 

「あなたは母親への感謝がまだ足りていない。だから今すぐ電話して感謝の意を伝えなさい」というもの。

 

本当にビックリしました。でも仕事がかかっているので素直にその場で携帯で家に電話して母親に「今までありがとう」と伝えました。

 

母親は意味が分からず混乱していましたが(苦笑)

 

 

そこから仕事開始。代表者と同乗して配達先を確認したり納品の方法などを教えてもらったり集金の方法を教えてもらいました。

 

 

慣れない事だらけでヘトヘトになり夕方を迎えその日は終了。

 

 

これならすぐにコツを覚えられそうだ!と思い、家に帰り本業をまた頑張りました。

 

 

その夜に事件は起きました。
代表者から電話があり「新垣さんはウチで使うのはもったいないので今日で辞めて下さい」と伝えられたのです。

 

 

何のミスもしてないのに・・・
なぜ???
もったいない???

 

 

家賃分はこのアルバイトで賄える計算をして少し安心した矢先の出来事でした。

 

 

この決定に逆らえる訳もなく一瞬のアルバイト生活が終了してしまいました。

 

 

仕事中のユニフォームのポロシャツも3枚購入していたのに・・・・

 

 

その時はなぜ、こんな事になったのかも分からず数年が経ち、そして現在。

 

 

今だからすべて理解ができました。

 

 

きっとアルバイトをする事で私の本業のスピードが落ちる事が分かっていたのでしょう。切る方も大変です。悪役にならなきゃいけない訳ですから。

 

 

でも勇気をもって私を切ってくれたおかげで私は次のステップに進む事ができました。だから本当に感謝の気持ちでいっぱいです。

 

 

このアルバイトを辞めた後、色んな経験をしました。苦しい経験、大借金、楽しい経験・・・

 

 

今、私の周りに私のイヤな人はひとりもいません。好きな仕事を素晴らしいお客様と二人三脚で行っています。感謝されてお金をいただき毎日が本当に夢のようです。

 

 

そして、あの代表者が最初にさせた親への感謝を表す事も今なら理解できます。いきなり本当に大事な事を教わったな!と今では理解しています。

 

 

この話には続きがあります。
辞めさせられてから7年たった昨日、そのお店の近くを通っていた私はふと直感でその代表者が今、お店にいる事を感じました。

 

 

勇気を振り絞り行ってみると・・・いらっしゃいました!
ずっと伝えられなかった感謝の気持ちを告げてまたお会いしましょうと話をしました。

 

 

もし、この代表者の方と出会っていなかったら私はまだ悶々とした人生を送っていたかもしれません。

 

 

その後の流れや出会いすべてが幸せな今日につながっている事を考えると、人生はご縁こそがすべて!と言っても過言ではないと想います。

 

 

すべてが必然。
流れの中にあるんですね。

 

 

とりとめのない文章になってしまいましたがこれからもご縁を大切に生きていきます!

 

 

 

■実録:倒産の危機から脱した個人事業主の話■

 

 

【無料相談、ご質問などは下記フォームよりお寄せ下さい。】
秘密は厳守します。https://ws.formzu.net/dist/S84498067/

 

 

 

 

●ブログでは出せない秘密情報や優良案件をLINE@で提供しています。登録頂いた方に「集客方法30」という無料電子ブックプレゼントしています。下のボタンからご参加下さい♪

*必ずメッセージかスタンプを返して下さい♪

友だち追加数