「書くだけ目標」は今年で終わらせませんか?


こんにちは。
地方にいても
月収60万円実現コンサルタント新垣覚です。

真新しい手帳を開き
今年の自分の活躍を思い描き
新鮮な気持ちで

「今年の目標」
を書いた事はありませんか?

では質問です。

その目標は今年
どれくらい実現できましたか?

おそらく、
ほとんどの方が
「今年の目標」の事すら
忘れているのではないでしょうか?

覚えていたとしても
日常生活の中で意識する事もなく
気づけば年末だった・・・

そんな事はありませんか?

でも、そもそもなんですが
その目標って本当に達成したかったですか?

手帳に書きながら
違和感を感じていたり
自分ごとに思えなかった事はないでしょうか?

なぜ、私はこんなに断定的な
物言いをするかというと
それには理由があります。

私は起業して8年目を迎えました。
最初は「転職コンサルタント」として

そして現在は
「稼げていない起業家のためのコンサルタント」
として述べ人数にすると1000人を超える人と
お話をしてきました。

・起業したいけれど次の一歩が踏み出せない
・起業してビジネスをしているけれど今ひとつ上手くいかない
・やらなきゃ分かってるけれどビジネスのアクセルを踏めない
・できれば楽して儲けたい
・自分で始めたビジネスなのに辞めたい
・他人のビジネスは良さそうに見える
・自分が本当に何をしたいか分からない
          etc・・・

その人のステージによって悩みも様々です。

でもひとつ言えるのは目標が
超曖昧だという事です。

曖昧だからエネルギーを集中できない。
上手くいかなくて当然です。

私は目標の上位概念として
「夢」があると思います。

「夢」って言いかえれば
人生をかけて実現したい事だし
その価値があると自分でも分かっている。

そして何よりも
「夢を実現したくてウズウズしている」
そんな状態だと思います。

でも、夢ってそんなに簡単に
見つかるものではありません。

野球選手やゴルファーが
気の遠くなるほど素振りをするように

書家が納得いくまでシンプルな文字を
書き続けるように

武術家が気の遠くなる回数の
型を練習するように

私たちが自分の「夢」を認識するには
数稽古が必要なのです。

夢ってキレイなものばかりではありません。
現実と闘う事も必要です。
それを何回も繰り返しながら
自分の夢として昇華させる・・・

ですから年始の時の目標や抱負なんて
自分の上っ面でしかないので
自分事ではないのです。

何度も書いてきましたが
私は貯金ゼロ、人脈ゼロ、資格なし
という最悪の状態から起業しました。

しかし起業する事は私の夢でした。
だからどんな逆境も乗り越えて
8年目を迎えました。

なぜ、そんな事が凡人の私に出来たのか?

それは夢を言語化して
常に自分でブラッシュアップできる
「技術」を10年前に習得していたからです。

これがなければ今の自分はありません。

もう、「言うだけ目標」は
今年で終わらせませんか?

2020年は自分の夢に
わくわくしながら向かう毎日を
手に入れませんか?

12月30日までモニター価格で提供中です☆

 

新垣 覚 【夢=ビジネス実現講座】
https://blog.infowave-okinawa.com/sm1u

 

 

 

毎月先着3名様 / 特別無料個別相談】
   ↓↓↓↓↓↓↓↓↓
https://blog.infowave-okinawa.com/cob2

■新垣への質問、ブログの感想はこちらから■
https://ws.formzu.net/fgen/S84498067/

 

 

 

●ブログでは出せない秘密情報や優良案件をLINE@で提供しています。登録頂いた方に「集客方法30」という無料電子ブックプレゼントしています。下のボタンからご参加下さい♪

*必ずメッセージかスタンプを返して下さい♪

友だち追加数