起業家たるもの誰かに嫌われても構わない


 

こんにちは。
サラリーマン時代よりも稼げていない凡人起業家のためのコンサルタント新垣覚です。

もしもあなたが、家族もビジネスも大事にして稼ぎ続ける起業家になる事に興味があるのなら、今回の記事はきっと役に立つ事をお約束します。

「貯金ゼロ」「人脈ゼロ」「資格なし」の状態で起業し現在9年目を迎え、全国にクライアント様をもつようになりました。あなたも6か月で「自分の人生の大切なものを最優先して稼ぎ続ける起業家」に進化しませんか?

 

起業してこれまでの経験から言える事のひとつに「ビジネスでの八方美人は致命傷」という事があります。

 

起業して最初の頃は売上も上がらいので出来る限り売る事を優先します。それはそれであたりまえなのですが、「誰でもよい」という事は「誰にも売れない」という事と紙一重でもあります。

 

また、売りたいがために、誰にでも良い顔をしていると、必ずボロがでてしまいビジネスが上手くいかなくなります。今回はお客様と相思相愛になるためにも、あなたの望むお客様でなければ嫌われても構わない!というマインドセットの持ち方についてお伝えします。

 

 

すべての人に好かれる事は無理

いきなり、“そもそも論”で恐縮ですが、起業家それもひとりで総てを担っている「ひとり型起業家」はすべての人に好かれるのは無理です。

 

人もたくさんいる企業であれば、少しバリエーションをつける事も可能ですが、ひとりサイズではまず無理です。私の経験した具体例でいくとこういものがありました。

 

私は起業したての頃は、本当はコンサルティングの仕事をしたかったのですが、いきなり無名の新人にそんな大事な事を頼む人もいないので、まずはホームページ作成講座からはじめました。

 

ホームページ作成講座を受講する人は、何らかの形でビジネスを始めようとしている人、もしくは既に始めている人が多いからです。そのような方にホームページの作成方法を教えながら関係性を構築してコンサルティングまで買っえもらうという導線を作っていました。

 

しかし、それでもみんながコンサルティングまで進むわけではないのでビジネスとしては厳しい状態でした。そこでホームページ作成講座だけではなく、ホームページを作るという仕事も受けていました。

 

私の想定しているお客様は、起業家や小規模事業者です。しかし、ホームページの仕事は必ずしもそのような人からだけではありませんでした。

 

少し大きな規模の企業のホームページ制作となるとそれだけでゆうに1か月を超える事もあり、また顎で使われるような事もあり私は疲弊していきました。

 

そこで、ホームページの作成も自分にとっては手に余るものはお断りしていくようにしました。依頼してきた会社によっては「何で受けてくれないの?」とクレームも頂きましたがすっかり疲弊していた私は嫌われてもいいというマインドになっていました。

 

結果としてそれはとても良かったと今では確信しています。マーケティング的に言うと「ターゲットを絞れ」「ペルソナを決めろ」などという事は常套句ですが実際に生活がかかった中でそれをやるのは勇気がいる事です。

 

 

また、一部の人に嫌われる事で変な噂などが流れる事も不安でしたが結果としてそんな事は全くありませんでした。特にビジネスにおいてはお金が絡むものなので、すべての人に好かれるのは無理だという事を覚えていて欲しいと思います。

 

 

嫌われてもいい!と割り切る

嫌われてもいい!と割り切ると同時に必ず考える事は「誰に好かれたいか?」という事です。このプロセスってとても大事です。

私はコンサルティングの中で、この「誰に好かれたいか?」をとことん掘り下げていきますが、実は嫌われてもいい人を先に考える事で「好かれたい人」について考えるのがとても楽になります!

 

ターゲッティングやペルソナに迷っている人は是非、最初は嫌われても構わないというお客様から決めてみてください。そして「好かれたいお客様」に関してはあなたがその人の事を24時間考えても苦痛ではないか?という問いを必ず立てて考えてみて下さい。

 

コンサルティングの中であるヒーリングサロンの経営者様がいたのですが、「どんな方をお客様にしたいか?」ということを掘り下げて考えて行きました。

 

その経営者様の出した結論が「鬱や人間関係に悩んでいる人」でした。その方はとても腑に落ちていたようでしたが、確認のために「その方の事を24時間365日考えても苦痛ではないですか?」と質問しました。

 

すると表情がみるみる曇っていきました。そして結論として「そのような方をお客様にしたら自分が苦しくなる」という事になりターゲットを変更されました。

 

くれぐれも誤解のないようにしてほしいのですが私は「鬱や人間関係に悩んでいる人」はお客様に向いていないという話はしていません。本人がそのようなお客様に向き合う事に抵抗や苦手意識がないか?だけの話です。実際に私のクライアント様の中には「鬱や人間関係に悩んでいる人」を専門にカウンセリングしている人もいます。

 

世間体は気にせずに自分の中で「嫌われても構わない」お客様をしっかりと決められればそれでいいのです。

 

初めのうちが罪悪感みたいなものもあるかもしれません。でもあなたという人間を嫌いになる訳ではないのでそこをごっちゃにしない方がいいです。

 

あなたの人間性などではなく、ビジネスが合わない、もしくは適任ではないというだけの事です。

 

不思議なもので、合わない人の仕事を受けるとエネルギーを奪われる感覚に陥る事があります。相手はそうでもなさそうなのですが。これはあなたが過剰にその人に気に入られようとしていたり、もしくは好かれるためにエネルギーを使っている事が多いです。

 

このような状態になるとあたりまえですがビジネスとしては上手くいく事はありません。嫌われてもいい!と割り切る事はあなたのビジネスの存続に関係する事も多いのです。

 

 

それでもあなたを大好きになる人がいる

でも不思議な事に、あなたが嫌われても構わない人をしっかりと言語化できると、今度はあなたを好きになる人が必ず出てきます。これが適切な例か分かりませんが、たまにやたら作法に厳しいラーメン屋さんたたまにあるじゃないですか?

 

店の作法に従わない客は来るな!と息巻いていますが、それが気に食わないお客様はSNSなどで批判したりしますが一方で熱烈なファンがいる事も確かです。それはその店の考え方や想いに共感しているからです。

 

有名人でも例えば、メンタリストDaiGoさんやGACKTさんはファンも多いですがアンチも多いですよね?そしてファンの方は相当に熱烈です。彼らはけっして八方美人ではないし、むしろアンチに対してはさらに嫌われようとしているフシもあります。

 

玉ねぎの皮をむくように、あなたのビジネスに不要なお客様を選り分けると残りはあなたのファンになる可能性が大なのです。

 

 

まとめ

少し前にアドラーの「嫌われる勇気」という本がベストセラーになりました。私も読んだのですが素晴らしい本だと思いました。

 

でも面白いのはこの本は個人主義が浸透している欧米諸国よりも、人間関係に重きを置く東アジア圏での反響が大きいという事です。とくに韓国でもこの本はミリオンセラーになっていますし、台湾でも数十万部単位で売れています。

 

おそらく私たち(特にアジア人)の中には、そもそも関係性を重視するというDNAみたいなものがあるのかもしれません。でもビジネスで嫌われるという事は結局、お互いのためになる事ですし、人間性などを嫌っている訳ではないので自分の中でしっかりとメリハリをつけて、自分の相手のしたいお客様に100%全力でお付き合いするという事だと理解すればいいと思います。

 

やはりエネルギーの交換みたいなものが起きるので、良い御縁や引き寄せも起きやすくなります。

 

あなたの嫌われてもいいお客様は誰でしょうか?

 

今回も最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 

 

【凡人起業家が広告や最新ノウハウを使用ずに売上を3,7倍にする方法】
   ↓↓↓↓↓↓↓↓↓
https://blog.infowave-okinawa.com/2020

■新垣への質問、ブログの感想はこちらから■
https://ws.formzu.net/fgen/S84498067/

 

 

●ブログでは出せない秘密情報や優良案件をLINE@で提供しています。登録頂いた方に「集客方法30」という無料電子ブックプレゼントしています。下のボタンからご参加下さい♪

*必ずメッセージかスタンプを返して下さい♪

友だち追加数

 

 

 

Last Updated on


ABOUTこの記事をかいた人

自身が「貯金ゼロ」「人脈ゼロ」「資格なし」で起業したが今は全国にクライアントをもつコンサルタントに成り上がった経験から凡人起業家を「お客様から選ばれ稼ぎ続ける起業家」に変える事がミッション。