ひとり起業家にとっての人脈とは?


 

こんにちは。
地方にいても10年後も笑顔!の起業家を育てるコンサルタント新垣覚です。
ビジネスは継続する事が大事です。
しっかりと基礎を固めながら10年続く足腰の強い本物のビジネスをしませんか?

私は「貯金ゼロ」「人脈ゼロ」「資格なし」の状態で起業して今年で10年目を迎え、全国にクライアント様をもつようになりました。まずは6か月かけて「自分の人生の大切なものを最優先して稼ぎ続ける起業家」に進化しませんか?

 

 

起業してビジネスを継続していくのは1人では困難です。必ずあなた以外の他の人の協力が必要になります。

 

そのような人と人とのつながりを人脈と呼ぶことが多いのですが、あなたの人脈は今どのようになっていますか?

 

人脈のある・なしでビジネスの成長が変わってきます。今回は起業家にとっての人脈について考えていきたいと思います。

 

今のあなたの人脈はどんなもの?

 

起業当初は一人でビジネスをやりくりしていく人が多いですが、ある程度ビジネスの年数が経つとそれなりに自然と人脈ができてきます。

 

まずは一度、あなたの人脈を図式化してみることをおすすめします。

 

やり方は簡単です。あなたの人脈と思われる人をそれぞれ1枚の付箋紙に書いていきます。

 

とにかく人脈と思われる人を出せるところまで出してみます。

 

 

その上であなたにとってどのような人脈なのかをグループ分けします。例えばお客様を紹介してくれるグループだったり、あなたのビジネスの足りない部分を助けてくれるサポーターだったり、あるいは顔が広いインフルエンサー的な人だったりと人脈の中でもそれぞれいろいろな役割があるはずです。

 

それらを一旦アウトプットしてみることで自分の人脈はどのあたりが強くてどのあたりが弱いかということが客観的に分かります。

 

どのような人でも人脈の分布には若干の偏りがあるのでその偏りを今後の課題として修正してみたり、自分にはまだない人脈を開拓してみたりということも計画的にできるようになります。

 

いずれにしても一旦は自分の人脈はどんな人たちがいるだろうか?ということを把握しておく事はかなり重要なことになります。

 

人脈は意図としては作れない

 

しかし、人脈を作るのは難しい面がありますす。意図してこのような人脈を作りたいと思ってもなかなかできるものじゃないからです。

 

よく人脈を作るために異業種交流会などに積極的に参加する人がいますが自分の希望した人脈を構築できている人は少ないと思います。

 

名刺交換だけでは人脈はもちろんできませんし、深く関わることでお互いを理解しその中で人脈というものが熟成されていきます。

 

ですから、自分が意図した人脈を作るのは大変だということをまずは意識してほしいです。

 

人当たりが良くとにかく顔が広い人がいますが、そのような人でも人脈と言うのはきちんと構築できていないことがあります。ですから知り合いが多いと言う事だけでも人脈にはなり得ないということです。

 

しかしそれでもある程度の人脈が必要なのがビジネスの難しいところです。

 

私もそれほど大きな人脈あるわけでは無いのですが、まずは幅広くいろんな人と付き合っていく中で少しずつ交流を重ねてお互いの理解を深めて何かあったときに頼んだり頼まれたりする関係になることが人脈を作るにあたっての最短距離だと感じています。

 

あなたはどのようにして人脈を構築していますか?

 

人脈をどう捉えるか?

 

個人的には人脈と言う言葉はあまり好きではないです。

 

何か上から目線だし、都合の良い道具のように捉えている節があるからです。

 

私はお互いがお願いしたりお願いされたりすることができるきちんとした関係性があるのが人脈だと思っています。

 

あなたが困ったときに何も言わず手を差し伸べてくれる人いませんか?何も言わずに協力してくれる人はいませんか?また、そのような人にあなたは何かお返しができていますか?

 

こうやって考えると人脈の素は意外と身近にたくさん今ます。しかし、関係性をうまく作れてないが故に人脈まで育っていないことが多いはずです。

 

よく自分だけが独り勝ちするような人間関係を構築してそれを人脈と言う人がいますがそれは誤解だと思います。お互いがwin winである状態こそが人脈と呼べるものです。

 

真の人脈になる時

 

私は、出不精ですし人見知りするのであまりいろんな人と関わる事は得意ではありません。

 

しかし、親しくなった方にはとことん自分の持てるものは提供してあげたいという気持ちがあります。

 

言い方を変えると私はある意味おせっかいなのかもしれません。

 

しかしおせっかいをすることで時々嫌に感じる人もいますが多くの場合、何かしらの役に立っていることが多いです。

 

特にビジネスをしていると経営者は孤独なものです。

 

そこで、金儲けではないお互い友人としての助け合いは本当にありがたいし心地よいものです。

 

もちろん中には善人のふりをして騙しに来る人もいますが、私は真の人脈を作るにはまず自分から動かなくてはいけないと思います。

 

 

自分から何かを提供することで、初めて相手もあなたのことを大切に思いそして反応してくれるはずです。

 

その意味では真の人脈を作るにはまず自分から動く事は必須だといえます。

 

今私の周りの人脈と呼べる人たちはそのような形で深く長く付き合ってきた方が多いです。

 

また、同じ志を持っている人や考え方が近い人は関係性が作りやすく同士というか仲間というか人脈になることが多いように感じています。

 

その意味ではあなたがどのようなことを考えているか普段からきちんと情報発信していくことも大切なことだと思います。

 

良い人脈は必ずまた次の良い人脈を生んでくれます。

 

ですからマイペースでいいのでしっかりした人脈をイメージして構築していく事はビジネスの成長にとって不可欠なものだといえます。

 

まとめ

 

起業して10年経ちましたがこれまでの自分の歩みを考えたときに私を助けてくれたり援助してくれた人たちのことを思うと今でも涙が出そうになります。

 

それらの人を上から目線で人脈と言うのは気が引けますが私はそのように自分に対してよくしてきた方には見返りを求めずお返しをしようと決めて行動しています。

 

お互いがそのようにギブ&テイクの気持ちで付き合えるならば本当に素晴らしいことですしそれが真の人脈と呼べるものだと思います。

 

よく名刺をたくさん持ってる人は人脈があると誤解されますがそれは大きな間違いです。

 

信頼してもらう中で少しずつ成長していくのが人脈なのであまりあせらずきちんと新しい人脈を構築してみてください。

 

今回も最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 

 

《無料》前に進みたい起業家のための個別相談受付中■
   ↓↓↓↓↓↓↓↓↓
https://ws.formzu.net/fgen/S81878295/

■新垣への質問、ブログの感想はこちらから■
https://ws.formzu.net/fgen/S84498067/

 

 

●ブログでは出せない秘密情報や優良案件をLINE@で提供しています。登録頂いた方に「集客方法30」という無料電子ブックプレゼントしています。下のボタンからご参加下さい♪

*必ずメッセージかスタンプを返して下さい♪

友だち追加数

 

 


ABOUTこの記事をかいた人

今年で起業して10年を迎えました。10年前に貯金ゼロ、人脈ゼロ、資格なしで起業しましたが現在全国にクライアントをもつまでになりました。流行りのノウハウに惑わされることなく基礎を固めながら10年続く足腰の強い本物のビジネスをしませんか?