謙虚さを忘れたらビジネスは崩壊する


 

こんにちは。
10年後も笑顔!の起業家を育てるコンサルタント新垣覚です。
ビジネスは継続する事が大事です。
しっかりと基礎を固めながら10年続く足腰の強い本物のビジネスをしませんか?

私は「貯金ゼロ」「人脈ゼロ」「資格なし」の状態で起業して今年で10年目を迎え、全国にクライアント様をもつようになりました。まずは6か月かけて「自分の人生の大切なものを最優先して稼ぎ続ける起業家」に進化しませんか?

 

起業してビジネスを続けていくにあたって注意することがいくつかあります。その中でも特に気をつけなくてはいけないのは「謙虚さを忘れてはいけない」ということです。

 

謙虚さを忘れるという事はおごり高ぶることです。おごり高ぶる人を支持する人はいません。

 

しかし謙虚さを忘れおごり高ぶるのは自分では気づけないことが多いです。

 

実際に、私も最近自分では全く意識していないのに謙虚さを忘れてしまい大変なことになった事件がありました。

 

その意味で謙虚さを忘れたらビジネスの存続に関わるので注意点などを今回は取り上げていきますので最後まで読んでください。

 

おごり高ぶる状態は最悪の状態だ

おごり高ぶっている状態は簡単に言えば「相手を見下している状態」です。相手を見下しているという事は自分の方が上だと考えていると言い換えられます。

 

お客様に対して自分の方が上だと考えれば、それはどんなビジネスにおいても間違いだといえます。

 

特に、相手の悩みを解消するための仕事をしている人は自分が上から目線でビジネスをする事は絶対に避けなくてはいけません。

 

また、ビジネスパートナーにおいても相手を見下すと言う事は絶対にやってはいけないことです。見下した方が気づかなくても見下された方は敏感に感じるものです。

 

また、おごり高ぶっている状態は相手に対する礼節を完全に忘れているともいえます。ビジネスはお客様でもビジネスパートナーでも礼節を持ってすることが大切ですし、そうでない人は自然淘汰されてしまうのがビジネスという世界です。

 

感謝の気持ちを忘れている状態

謙虚さを忘れているのは「感謝の気持ちを忘れている状態」ともいえます。何をされても当たり前と考えているといえます。

 

そんな時、私は起業してビジネスをスタートさせたときの初めてのお客様のことを思い出します。

 

一通のメールが入り注文が入ったときのことを私は今でも忘れません。

 

車で移動中だったのですが、車を止めて何度もガッツポーズをしたのを今でも覚えています。その時の気持ちとしてお客様のことを本当にありがたいと思ったし、感謝しても感謝しきれないと思っていました。

 

今、その時の新鮮な気持ちを維持しているかといえば少々怪しいところがあるなと反省しています。そんな時が心の隙ができる時です。

 

私は最近謙虚さを教えてミスを犯してしまいました。やはり「当たり前」という気持ちが大きくて感謝の気持ちを完全に忘れている状態だったと今では反省しています。

 

 

感謝の気持ちは、極々自然に自分の内側から出てくるものです。それが自然に出てこないという事は大きく反省したり見直すべき点があると思います。

 

ですから、意識して感謝の気持ちを伝えるように日ごろから行動を変えていくことで矯正をしていくことが可能だと思います。

 

初心を忘れずに私も、今日から感謝の気持ちを自然に言えるように口に出していきたいと思います。

 

自分の周りから人がいなくなるとヤバい状態

よく、謙虚でない人やおごり高ぶっている人の周りには似たような人がいると言われています。そして本当にいて欲しい人はどんどんと去っていく状態になります。

 

ずいぶん前ですが、私は金の亡者みたいになってる時期がありましたが、その時不思議なことにこれまで全く縁のなかったネットワークビジネスの人や、詐欺商材を売る人が私のもとに近づいてきました。

 

今考えると完全に私が引き寄せていたんだなぁと思います。

 

同じように謙虚さを忘れておごり高ぶっているとあなたの周りからどんどん人が去っていきます。喧嘩をして去っていくのはまだいいと思います。ほとんどの人は何も言わずにあなたの元から去っていきます。

 

人間関係としてはそのような状態が一番最悪です。このようなことを避けるためにも、常に自分の周りにいる人ってどんな人たちだろうと検証することも大切だと思います。

 

もしも、目の上のたんこぶ的な人がいたり、あまり合わない人が多くいる場合あなたは謙虚さを忘れている可能性があると思います。

 

よく自分の周りの人はあなたの鏡と言うような表現がされますが、これは本当だと思います。ぜひ、あなたの周りの人がどんな人なのか観察してみてください。

 

プライドとエゴを捨てよう

私は謙虚さを忘れて行動したためにいろんな失敗をしてきました。そんな経験から一つ言えるのは謙虚さを忘れる時はプライドとエゴが肥大化していると断言できます。

 

結果を出している起業家や、素晴らしい経営者と話す機会が多いのですが驚くほどみんな謙虚です。

 

JALの国際線でVIPのお客様を担当するキャビンアテンダントさんの話を読んだ事があります。そのようなVIPの客様はとても謙虚で物静かな人ばかりだそうです。

 

「思いやりや気配りをキャビンアテンダントさんよりもしている」というようなことが書いてありました。もしプライドやエコが大きければこのような行動はとれないはずです。

 

何か見返りを求めての行動ではないので本当にその状態が謙虚だと言えると思います。

 

そのような方と比べれば本当に自分はプライドとエゴの塊だなとがっかりすることもあります。

 

しかし、意識していくことでプライドとエゴを捨てる事はできると思います。

 

特にこの新型コロナの世界の中で、自分自身の価値観も大きく変わってきました。本当に必要なことや本当に必要なものだけを自分のものとして近くに置いておきたいしエゴやプライドは本当に不要だなと実感をしました。

 

少し話がそれますが、断捨離でものを整理しているときに自分のプライドやエゴに気づくことが多いです。なんでこんなものを買ったのだろうか?そう感じるものが意外に多くあります。

 

それを紐解くと自分のエゴやプライドのために購入していたということに気づかされます。

 

エゴやプライドの力は本当に大きいもので、いとも簡単に人はその魔力にやられてしまいます。だからこそ日常生活の中で自分のエゴやプライドを直視して捨て去るようにしていくことが大切です。(自戒をこめて)

 

まとめ

今回は自分の謙虚さを書いた行動から相手に嫌な思いをさせたミスから、この記事を書こうと思いました。

 

相手は本当に嫌な気持ちだったと思います。それを考えるとビジネスをして10年になるのにまだこれくらいの成長しかしていないのかと自分自身にがっかりしました。

 

しかしこれを糧にさらにお客様のことを考えて謙虚にビジネスをしていこうと決心しました。

 

その意味では今回、気づかせてくれた方に心から感謝してたいと思います。

 

あなたは謙虚さを持ってビジネスをしていますか?私のような失敗をして欲しくないのでぜひ今回の記事が少しでもあなたに役に立つことを祈っています。

 

今回も最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 

 

《無料》前に進みたい起業家のための個別相談受付中■
   ↓↓↓↓↓↓↓↓↓
https://blog.infowave-okinawa.com/2020

■新垣への質問、ブログの感想はこちらから■
https://ws.formzu.net/fgen/S84498067/

 

 

●ブログでは出せない秘密情報や優良案件をLINE@で提供しています。登録頂いた方に「集客方法30」という無料電子ブックプレゼントしています。下のボタンからご参加下さい♪

*必ずメッセージかスタンプを返して下さい♪

友だち追加数

 

 


ABOUTこの記事をかいた人

今年で起業して10年を迎えました。10年前に貯金ゼロ、人脈ゼロ、資格なしで起業しましたが現在全国にクライアントをもつまでになりました。流行りのノウハウに惑わされることなく基礎を固めながら10年続く足腰の強い本物のビジネスをしませんか?