すぐに結果を求めない、あきらめない!


 

こんにちは。
10年後も笑顔!の起業家を育てるコンサルタント新垣覚です。
ビジネスは継続する事が大事です。
しっかりと基礎を固めながら10年続く足腰の強い本物のビジネスをしませんか?

私は「貯金ゼロ」「人脈ゼロ」「資格なし」の状態で起業して今年で10年目を迎え、全国にクライアント様をもつようになりました。まずは6か月かけて「自分の人生の大切なものを最優先して稼ぎ続ける起業家」に進化しませんか?

 

私に寄せられる起業家からのビジネスの相談や、クライアント様のコンサルティングの中で気づくのは、近年のSNSの発展により、嘘の情報に踊らされているということです。

 

例えば「3ヶ月で月収100万円」などというキャッチフレーズの商材をよく目にしますが、本気でこの事を信じる人がいます。

 

もちろん、全く不可能と言う意味ではありません。実際、私も1ヵ月で100万円以上の収益をあげたことがあります。

 

しかし、ビジネスは1年で終わるものではありません。瞬間的に売り上げを上げるのは簡単なことですが、それを継続していかなければビジネスでは無いのです。

 

今回はすぐに結果を求めるあまり、あきらめるのが早い方に向けてのアドバイスをしたいと思います。

 

先輩起業家に言われた言葉

起業してまだ1年もたたない頃のことでした。何をやってもうまくいかない私は先輩の起業家に相談をしました。

 

ちっぽけなプライドをどうにかこうにか引っ込めて私としてはかなり無理をして相談をしました。

 

しかし、私の事を労うとばかり思っていた先輩起業家から返ってきた返事は意外なものでした。

 

 

『新垣さん、ビジネスをなめていない?1年やそこらでビジネスが結果を出すなんて事は考えないほうがいいよ。

 

経営者なら少なくとも1年後、3年後、5年後・・・というふうに考えていくものなんだよ。

 

例えば身の回りにある飲食業を見てみると良い。店舗を借りたり、必要なものを揃えたり、スタッフを雇ったりそういうことを自己資金でできる人なんてほとんどいない。

 

だから普通は銀行などから融資を受けたりする。融資を受けるという事は銀行に借金があるということ。

 

借金があるという事は利益が出てもその一部はまずは借金の返済に充填されていく。だから1年やそこらで儲かるとか、どうこうという話では全然ないんだよ。

 

だから焦るな。落ち着いて進めて!』

 

 

確かに言われてみればそうだと思いました。普通のビジネスなら経営の計画書を立てたりして銀行から融資を受けそれを回しながらビジネスを進めていき、借金を返し終わり、そこから会社の利益を蓄えていく番になります。

 

元手が少なくても起業できる現在だからこそすぐに結果を求め、稼げると考えるのは幼稚な考えだということを知りました。

 

自分の一生懸命はまだまだ

すぐに結果を求めで諦める人の特徴として「自分はもう目一杯頑張っているこれ以上はできない」と思い込んでいる人が多いです。

 

私もそのような考えを持っている時期がありました。しかし、成功している起業家や経営者と関わることが増えると自分の努力なんてそれらの人の何十分の1、何百分の1でしかないことを思い知らされました。

 

厳しい言い方のようですが、もうこれ以上はできないというところからがスタートだと思います。特に起業前・起業してまだ間もない頃はそれこそ寝る間を惜しんで頑張る必要があります。

 

冒頭で述べたように、簡単に稼げたり成功していると言うことがSNSでは氾濫していますが、本当に結果を出している人は裏でものすごい努力をしていることを知るべきです。

 

ですから巷に流れる情報を鵜呑みにするのではなく自分の限界を決めないことが大切だと思います。

 

例えば自分よりも明らかに成功している人のやっていることをしらみつぶしに調べてみればすぐにわかります。おそらくものすごい量の情報発信や、行動をしていることがわかるはずです。

 

1つの考え方としてそれよりも自分が多く動いているのに結果が出ないのであれば別の問題があると思います。

 

ほとんどの場合はそれらの成功している人の行動力には絶対に及ばないはずです。

 

結果が出ていない時こそが重要

クライアント様の中にもいたのですが、タイミング良くとてもうまい具合に結果を出していく人もいます。センスが良いという言葉で片付けたくは無いのですが、実際にセンスがあり軽々と障壁を越えていく人も中にはいます。でもそれは絶対的には少ない数です。

 

だから私も含めてほとんどの人はとにかく一生こなすことが大切です。

 

一生懸命こなしていく中で、何が良いか悪いかということが自然にわかってきます。また「自分であまり頑張らなくても出来るという事はいつでも出来る」という再現性があると考えても良いと思います。

 

昔、メジャーリーグでイチロー選手が、ヒットを打った瞬間にそのことを忘れるというようなことを話していました。常に前向きに次の課題に対して挑戦すると言う姿勢の表れだと思います。

 

そこまでストイックでないとしても、今うまくいっていないならば、その状態をしっかりと再現性をもって解決していくことが大切です。

 

ですから、適当にいろいろなことを改革するよりもまずは1つずつ丁寧に潰していくということが大切です。

 

特に結果が出ていない時は、自分の強みや弱点をしっかりとわかっていないことが多いです。その時やるべきは強みを伸ばすことだと思います。

 

 

ただし1人でいろいろなことをしなければいけない起業家にとっては弱点もある程度改善していく必要はもちろんありますが、私がクライアントさんを見ている限り、強みに集中すればもっとビジネスが良くなるはずなのに自分の弱点の補強ばかりに気をとられている人が多いと思います。

 

例えば「人の良いところ見つけを伸ばす」という強みがあるのに、そこをもっと集中的に伸ばさずにブログのカスタマイズや、自分でホームページを作るために時間を割いているような人が多いです。

 

うまくいっていない時こそ、自分の強みに時間とエネルギーを注ぐべきであり、他のものはバッサリ切り捨ててもいい位だと思います。もし、自分に足りないものは誰かに手伝ってもらう♪位の割り切った考え方がときには必要だと思います。

 

気持ちを切り替えてすぐに行動する

私自身そうなのですが、結果を求めるあまりチャレンジしたことがうまくいかないと精神的にダメージを受けることがあります。しかし、そのダメージは数秒もしくは数分位で断ち切ることが大切です。

 

人によっては1週間とか1ヵ月ぐらい引きずる人もいますがそれだとビジネスがなかなか改善されないはずです。

 

先程のイチロー選手の話では無いですが、とにかく切り替えてどんどんどんどん行動していくことが大切です。なかなか切り替えることができないという人がいますが、なぜ切り替えられないのか?考えてみるといいと思います。

 

ほとんどの場合は自分のプライドが傷つけられたりしていることに起因していることが多いです。上手くいくと考えていたけど上手くいかなかったら精神的にダメージを受けている・・・

 

そんなマインドをずっと引きずって何もできない人が多いです。これはとてももったいないことだと思います。そもそもうまくいくから失敗すると凹むのです。

 

上手くいけば儲けもん!それぐらいの軽い気持ちでどんどんどんどんチャレンジしていくことが大切です。

 

また自分なりの気持ちの切り替え方を決めておくことも大切だと思います。起業してビジネスをしていると自分で気持ちを切り替えられないと売り上げに影響します。

 

ですから自分なりの方法をしっかりと持っておくことが大切です。ちなみに私はちょっと気持ちが落ち込んだりしたらドライブしながら大声で歌を歌ったりします。周りから見たら怪しい人だと思いますが私にとっては大切な時間です。

 

また多くの人に勧めたいのが歩くことです。歩くことで脳が刺激され活性化されると言うのは多くの科学者の研究で出ています。

 

ですから落ち込んだ時こそほど体を動かし歩くということを意識するといいと思います。とにかく気持ちを切り替えてすぐに行動するということが大切です。

 

データを取る

すぐに結果を求めて落ち込む人は、気分的にやられてしまうことが多いです。私はとにかく数字を見て考えることをお勧めしています。

 

例えば、セールを出をしたのにうまくいかなかった場合、そもそもそのページが見られていたか?というところから始めてどこまで読まれていたのか?ということをアクセス数等で解析した上で数字が落ちてきた部分から修正点を考えるなどすれば、そのセールス活動の全てがダメだったということにはなりません。いくらでも改善ができます。

 

セールスをやった → 反応がなかった

 

これだけだと何を次のために修正改善していいかが分かりません。ですから数字で管理して修正を繰り返していくという事はとても大切です。

 

今は様々なデータを取る方法があります。もし、その方法がわからなければいちど自分で調べてみるといいと思います。下手に余計なことに手を出すよりこのような細かい部分を整えることが大切なことです。

 

とにかく継続することを頑張る

目先の結果に一喜一憂せず、ビジネスは継続性を持って取り組むことが大切だと思います。

 

かなり良い売り上げを上げているのに、数年後はジリ貧になってビジネスを辞めた人を多く見てきました。

 

私も起業して10年になりますが順調だったと言う事はありません(大汗)常に何かしらの不安があったり課題があったりする中で一生懸命毎日歩いてきた感じです。

 

今回お伝えしたことをすべて忘れても覚えていてほしいことがあります。それは

 

「成功するまでやれば失敗はない」

 

というマインドセットです。そもそもうまくいく事は無い♪という位ように割り切って考えれば、気持ちがアップダウンすることなく淡々と進めます。

 

ビジネスは継続することが大切であり、そのためには当たり前ですが継続力が必要になります。継続力は習慣でありマインドセットなのです。

 

「石の上にも3年」と言う言葉がありますが、どっしりと腰を落ち着けてビジネスに取り組むことが大切だと思います。

 

まとめ

一生懸命やっているのはわかるのですが、すぐに結果を求めて諦めるのはもったいないと思います。

 

まず起業してビジネスをすると言う勇気を出した時点で他の人とは頭1歩どころか100歩リードしています。

 

ですから苦しくても把握縛って前に進んでいくことでさらに結果を出す可能性が高くなります。

 

諦めるのは簡単です。しかし、諦めた後には必ず後悔が来るはずです。あなたはすでに他の人よりも高い気持ちで行動しています。だからその努力を一瞬で無駄にしないためにも、時には苦しくても作り笑いでいいので笑顔で乗り越えてほしいと思います。

 

そのように継続していける人は少ないものです。だからこそ継続すれば勝ち残る可能性がぐんと高いのです。

 

みんな、辛い思いや苦しい思いをしながら前に進んでいきます。でもそれは時々、良い結果が出たり、嬉しいことがあるからです。そのようなかけがえのない時間を得るためにも今日からまた頑張っていきましょう。

 

今回も最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 

 

 

■《無料》前に進みたい起業家のための個別相談受付中■
   ↓↓↓↓↓↓↓↓↓
https://blog.infowave-okinawa.com/2020

■新垣への質問、ブログの感想はこちらから■
https://ws.formzu.net/fgen/S84498067/

 

 

●ブログでは出せない秘密情報や優良案件をLINE@で提供しています。登録頂いた方に「集客方法30」という無料電子ブックプレゼントしています。下のボタンからご参加下さい♪

*必ずメッセージかスタンプを返して下さい♪

友だち追加数

 

 


ABOUTこの記事をかいた人

今年で起業して10年を迎えました。10年前に貯金ゼロ、人脈ゼロ、資格なしで起業しましたが現在全国にクライアントをもつまでになりました。流行りのノウハウに惑わされることなく基礎を固めながら10年続く足腰の強い本物のビジネスをしませんか?