貧乏起業家を辞める方法


 

こんにちは。
サラリーマン時代よりも稼げていない凡人起業家のためのコンサルタント新垣覚です。

もしもあなたが、家族もビジネスも大事にして稼ぎ続ける起業家になる事に興味があるのなら、今回の記事はきっと役に立つ事をお約束します。

「貯金ゼロ」「人脈ゼロ」「資格なし」の状態で起業し現在9年目を迎え、全国にクライアント様をもつようになりました。あなたも6か月で「自分の人生の大切なものを最優先して稼ぎ続ける起業家」に進化しませんか?

 

自分が望まなくても貧乏起業家になっている人はとても多いです。貧乏起業家といっても2種類あると思います。1つは「考え方が浅い」という貧乏と、「儲かっていない」という貧乏この2つがあると思います。一見この2つは別々の貧乏に見えますが根っこではつながっています。

 

私自身大成功しているわけではありませんが、今では不自由なく自分の仕事で暮らせるようになりました。私はゼロと言うよりはマイナスから起業したので、ここまで来るのは人の何倍も時間がかかりました。

 

そのうえで貧乏起業家を辞めるための方法は確実にありますので今回はそれをお伝えしたいと思います。

 

ビジネスで稼ぐ

貧乏起業家を止めるには、ビジネスで稼ぐというのが1番です。それが出来ないから悩んでいるんだよ!と言いたい人も多いと思いますが、今まで見てきた人の中には、本当にお金がなくて困っているはずなのに、自分のビジネスを顧みずに周りの不平ばかり言っている人がいました。

 

挙句の果てに自分には才能がない!と言い出す始末で、これだとどんなに周りがサポートしてもなかなかビジネスの結果は出ません。ビジネスで稼ぐというのは本当に難しいものですが、ここで考え方の転換をしてほしいと思います。

 

少なくてもサラリーマンを辞めて起業して自分でお金を稼いでるのならば、日本中で働いている人の中ではお金を稼ぐのが上手い集団の中にあなたはいるはずです。

 

自分はまだまだですよと言う方もいますが、あなたがやっている事は決して簡単なことではありません。自分の力だけでどれだけの人がお金を稼ぐことができるでしょうか?あなたは曲がりなりともそれができているのです。ただその稼いでる金額が少ないだけで稼ぐ才能はあるのです。

 

ですからビジネスで稼ぐにはまずセルフイメージを「稼ぐのが上手い」に変えてほしいと思います。そうしないといくら良い方法や、良いアドバイスがあっても役に立ちません。

 

ではビジネスでどのように稼いでいけばいいのか?

 

実はとてもシンプルです。ビジネスは「売る人」と「買う人」この2種類しかいません。あなたは買う人つまりお客様のことを最優先に考えてお客様を満足させるものを売ればいいのです。

 

 

そんな事は分かっている!と言う人がいますが、商品サービスを和太太が自分発信のことが多いです。お客様の希望やと少しずれていたり、全く合わなかったりと言うことが必ず起きています。

 

実際にビジネスで稼いでいる人は、お客様のニーズにガッチリ合ったサービスを提供しています。ですからビジネスがうまくいっていない人はぜひこのお客様との関係をチェックしてください。必ずそこに落とし穴があります。

 

しかし、頭でわかっていても自分のビジネスを客観視できるのはなかなか難しいことです。そのような時は他の人の力を借りることが、スピードアップにつながると思います。

 

貧乏起業家を辞めるにはまずしっかりとビジネスで稼ぐ!と言うことを決して忘れないでください。

 

無駄遣いをなくす

いくらビジネスで稼いでも、出ていくお金が多いと結局貧乏になります。

 

私たちは知らず知らずのうちに、無駄な支払いをしていることが多いものです。例えば一番分かりやすい例がクレジットカードでを買うことでしょう。カード決済を否定しているわけではありません。

 

収入以上にカードで購入するということが悪いと言うことです。ですからまずは自分の収入に見合ったお金の使い方をしないと、いつまでたっても改善される事はありません。

 

また、無駄遣いは意外にもトータルすると額が大きいはずです。本来なら不必要なサブスクなど無いでしょうか?

 

新型コロナの影響で、映画などを楽しむためにサブスクを利用している人は多いですが、本当に元は取れているでしょうか?

 

このような小さな出費も年間で見ると非常に大きなものになっています。他にも、ほとんど必要のない、ものを購入したり、自分のエゴで購入したものなどは無いでしょうか?自分では気づかない無駄遣いを減らすことでも、結果としてお金が残るようになるので、無駄遣いを見直すことも貧乏起業家を辞める方法の1つになります。

 

会計をしっかりする

曲がりなりにも起業してビジネスをしているのですが、会計をしっかりとしていない人が多いです。

 

かく言う私も油断をすると、会計業務が後回しになり慌てることがあります。確定申告の季節になると慌てる人がたくさんいますが、それは恥ずかしいことだと思います。それは日ごろから会計を管理していないということに他ならないからです。

 

 

しっかりと会計をすることで自分のビジネスを見直すきっかけになります。前述したように会計をしっかりしていると無駄遣いもはっきりとわかります。

 

私もそうでしたが、1人型の起業家はお金の動きが少ないので、会計をしっかりしなくてもどこに反省点や欠点があるというのはわかる!と誤解しがちですが実際に数字をきちんと管理した上で比較をしていくことを続けないと経営は決して良くなりません。

 

ビジネスがうまくいっていない人は会計をしっかりやっていない!と言い切れます。ですから自分のビジネスの会計をしっかりするとだけでも手元に残るお金が増えて貧乏起業家を辞めるための方法になります。

 

第三者に客観的に見てもらう

個人的にはこれが1番貧乏起業家を辞めるためには早い方法だと思います。私も常に、複数のメンターにビジネスを見てもらっていますが、指摘される事は間違いなく自分だけだと気づかないことばかりです。

 

これが気づけたらから改善できるのですがもし気づかなければこれを何年何十年もし続けて負のスパイラルに陥る事は間違いないです。

 

よく第三者から客観的な意見をもらうと、大変なことをしなければいけないとか、難儀をしなきゃいけないとか、自己否定になってしまうとか言い訳をする方もいますが、そういうものは私から見ると「一時的な恥」みたいなものです。一時的な恥でビジネスが改善して貧乏起業家を辞めることができるならそれはありがたいことだと思います。

 

私も起業して最初の頃は、ほとんど維持で1人で自分のビジネスをしていましたが、メンターについてもらうことでビジネス自体がガラッと変わりました。

 

もしも、あなたが未知の場所に探検に行くのとするなら、絶対に有能なガイドをお願いすると思います。そうしなきゃ命を落としてしまう可能性もあります。ビジネスもこれと同じはずなのに、なぜかみんな自分だけでうまくいくと妄想しているのが、私はとても危ない状態だと思います。

 

 

とにかく客観的な意見をもらい自分のビジネスを修正し続けると言うことが本当に大切です。うまくいっている起業家や、経営者の側にはアドバイザーやコンサルタントなと、客観的な意見を伝える専門家が必ずいます。

 

そのような客観的な見方をする人の意見を100%受け入れろと言うわけではありません。そのような意見も参考にしながら自分の道を探るのが正しい経営だと思います。

 

まとめ

今回は貧乏起業家を辞める方法ということでお伝えしましたが、本当は「貧乏」という言葉がNGワードです。

 

自分は貧乏と言うセルフイメージを自分自身に植え付け続けることになります。ですから今回はあえて貧乏と言うフレーズを記事の中で使いましたが、

 

貧乏 → お金が足りない

 

というふうに言葉を言い換えて使ってほしいと思います。このような小さな言葉の使い方1つで変わってしまいます。潜在意識と深く関わっているのでこれはまた別の機会にお伝えしたいと思います。

 

とにかくこれからは「貧乏」と言う言葉はNGワードで使わないようにしてほしいと思います。

 

「お金が足りない」起業家を辞める事は必ずできます!

 

今回も最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 

【凡人起業家のための特別無料個別相談】
   ↓↓↓↓↓↓↓↓↓
https://blog.infowave-okinawa.com/2020

■新垣への質問、ブログの感想はこちらから■
https://ws.formzu.net/fgen/S84498067/

 

 

●ブログでは出せない秘密情報や優良案件をLINE@で提供しています。登録頂いた方に「集客方法30」という無料電子ブックプレゼントしています。下のボタンからご参加下さい♪

*必ずメッセージかスタンプを返して下さい♪

友だち追加数

 

 

 


ABOUTこの記事をかいた人

今年で起業して10年を迎えました。10年前に貯金ゼロ、人脈ゼロ、資格なしで起業しましたが現在全国にクライアントをもつまでになりました。流行りのノウハウに惑わされることなく基礎を固めながら10年続く足腰の強い本物のビジネスをしませんか?