多分、こんな弾き方は誰にもできないなぁ。


さて今回も私の趣味だけで選ぶフレットレスベーシスト♪
 

今日はマイケル・マンリングです。

 

その昔、私が学生の頃ウィンダム・ヒルという
レーベルがあってニューエイジミュージック
というジャンルがオシャレ系で人気がありました。

 

こんな感じの音楽です。

 

 
今、聴くとなんだかなぁ。。
という感じがしないでもないのですが
当時は流行ったもんです。
 

マイケル・マンリングもそんなウィンダム・ヒル
の中にいてソロもありましたがウィンダム・ヒル系の
バックなんかでブイブイフレットレスベースを弾いてます。

 

ソロ作品はかなり異端で音だけ聴いているとうっとりするんですが
初めてそれを弾いている姿を見た時は複雑過ぎてビックリしました。

 

ハーモニクスをヒップショットを使ってアーミングのように
変化させる技はおそらく誰も真似できないでしょう(したくない)

 

でも音だけ聴くとホント美しいです。

 

 
 
 
 

ビジネスでもしお悩みでしたら一緒に考えてみましょう!
アドバイスしますよ (^_^) 相談は無料です。
お問い合わせ/無料相談はこちらから

こんな方法があったのか!
たったの数分間で
あなたの情報を検索上位に表示する方法

を無料公開中!詳しくはこちらをご覧ください♪

coconara

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です