「自分らしさ」という誤解でビジネスを損していませんか?


んにちは。
新垣覚です。

「自分らしく」ビジネスをしたい!
だれしもが願う事だと思います。

しかし、クライアント様や
相談に来られる人を見ていると

「自分らしさ」とは程遠いところで
悪戦苦闘している事があまりにも多いです。

具体的に言うと
誤解した「自分らしさ」を貫こうとするあまりに
どんどん底なし沼にはまっているのです。

「自分らしさ」とは

他人と自分との区別する要素だったり
行動や考え方の一貫性の事です。

「自分らしさ」をひとことで言い換えるなら
「軸」だと思います。

コマの軸、地球の軸、コンパスの軸、
あなたの中心に位置して
よりどころになるものです。

軸が移動すればその移動する場所で
またよりどころとなります。

誤解した「自分らしさ」で苦しんでいる人は
軸を移動する事を拒んでいます。
それは軸を失ったり、自分らしくないと
考えているのです。

そのような人は変化を嫌います。
チャレンジも嫌います。
言いにくいですが努力も嫌います。

なぜなら、それが自分らしさを
損ねていると考えているからです。

「自分らしさ」を考える時に
必ず浮かぶ言葉があります。

それは『君子は豹変す』という言葉です。

この言葉の意味は
徳の高い立派な人物は、過ちに気づけば即座にそれを改め正しい道に戻るものだということ。また、状況によって態度や考えを急に変えるものだというたとえ。です。
この言葉は最近では悪い例として用いられがちですが本来の意味はこのように良いものなのです。

君子というとわかりにくいので、君子を成功者と言い換えると分かりやすいです。
『成功者は豹変す』

変わる事を恐れず、
また万が一誤っていたらすぐに
それを改める姿勢です。

この姿勢の基本になるのは“躊躇せずにすぐに、素直に行動する”という事です。

ビジネスで結果を出せない人は、
言い訳が多過ぎます(苦笑)

言い訳するくらいなら
そのエネルギーで行動して下さい!

と言いたくなるくらいです。

私も偉大なメンターがいますが
メンターに言い訳なんてしません。
“YES”か“NO”しかありません。

メンターは行動し続けているからこそ
結果を出しているので私から
“No”という事はありません(汗)

このあたりまえの事すら出来ないのに
「自分らしさ」と誤解して
行動せず、反省せずを繰り返します。

あなたが「自分らしさ」と考えているのは
本当に合っていますか?
面倒な事を避けるための口実になっていませんか?

意固地になっていませんか?
意固地とは意地を張ってつまらぬ事に頑固な事です。

意地と「自分らしさ」は
イコールではないですよね?

厳しい事を言えばビジネスの結果を
しっかり出してから「自分らしさ」に
再び拘るのもアリです。

変わる事を恐れず、
また万が一誤っていたらすぐに
それを改めればそれでいいんです。

あなたは、怒るかもしれませんが
つまらないプライドは捨ててもいいんじゃないかな?

あなたのビジネスの「自分らしさ」を
再定義して売上を上げる基礎を
再構築します。

「自分活かしビジネスコンサルティング」体験
8月も2者(社)募集します。
https://goo.gl/oRuUXL

【無料相談、ご質問フォーム】
新垣へのご意見・ご感想はコチラから

https://ws.formzu.net/dist/S84498067/

●ブログでは出せない秘密情報や優良案件をLINE@で提供しています。登録頂いた方に「集客方法30」という無料電子ブックプレゼントしています。下のボタンからご参加下さい♪

*必ずメッセージかスタンプを返して下さい♪

友だち追加数


coconara

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です