起業家は何を優先事項にするべきか?


こんにちは。
地方にいても月収60万円実現コンサルタントの新垣覚です。

目の前の仕事に追われて大事な仕事がなかなか出来ないという相談をよくいただきます。

人間には誰しも同じ1日24時間が与えられていますが、実際にはその24時間は使う人により全く異なると思います。

ですから、24時間というのは圧縮するように効率的にも使えるし、どこまでも無駄に使う事も出来るのです。

 

起業家の真実

色んな人がいますが、起業家は何を優先するべきか?あなたはご存知ですか?

今井 孝さんが書いた「誰でも無理なく継続的にお客様が集まる 起業1年目の集客の教科書」という本があります。

この本は大変素晴らしい本なので機会があれば是非、一度は読んでほしいのですがこの本で著者の今井さんは「起業家は集客が一番大事」と書いています。

いくら良い商品サービスでもお客様がいなければビジネスとして成り立たないからです。

ですから、いきなり結論を言えば、集客を優先事項にするというのは起業家にとって必要不可欠な事です。

でも、ほとんどの人が「集客」という言葉だけで怖気づいてしまいます。

 

集客=セールス=断られたり嫌がられる

 

という経験が根本にはあります。元々サラリーマン時代には営業をしていた起業家ですら集客に苦手意識をもっている事があります。

ですから営業経験のない人から見れば集客は苦行だと感じても不思議ではありません。

 

「集客=セールス=断られたり嫌がられる」なのか?

でも、ここで考えて欲しいのがそもそも「集客=セールス=断られたり嫌がられる」という定義で良いでしょうか?

私はそうは考えていません。特に私たちのような有名人でも何でも無い人からすれば断られたりするのは当然です。

ですから集客はセールスではなく、「自分を理解してもらうチャンス」だと考えてみてはどうでしょうか?

人が商品やサービスを購入するには3つの段階があります。

認知→関心→購入 です。

分けようと思えばもっと細かく分けられるのですがシンプルに考えられるようにこの3ステップで考えてみましょう。

あなたは集客をいきなり「購入」と考えていないでしょうか?

実際に「今すぐ客」なんてそんなに多くありません。私のクライアント様の中にも知り合って3年、4年経ってから私のサービスを購入した方が何人かいます。

ですから、考えてみれば集客は、あなたをいかに「認知」してもらう活動と言い換えられるかもしれません。

ですから起業家はこの集客を優先事項として日々、取り組まなければならないのです。

 

あまり難しく考えない

この観点からいけば、あなたは1日のうちどれくらい集客の活動をしていますか?

知り合いのセミナーに出る事も、インスタをする事も、お茶会を開く事も、ブログを書く事も、youtubeをするのもすべて集客なのです。

でも、ただ慢然とこれらの事をやっても効果も出なければ意味もありません。

お客様が「自分の徳になる事がある!」と日々、感じさせなくてはいけません。戦略的にしなくてはいけないという事です!

実はそのためには、場当たり的にやっても無理です。しっかりと考える事が大事です。

1日は24時間ですがそれは人によってずいぶんと違うという事は冒頭でお伝えしました。

まず一番に優先しなくてはならない事は集客の前に私は●●だと思います。

3分間の動画にしましたので是非、ご覧下さい。

 

 

 

毎月先着3名様 / 特別無料個別相談】
   ↓↓↓↓↓↓↓↓↓
https://blog.infowave-okinawa.com/cob2

■新垣への質問、ブログの感想はこちらから■
https://ws.formzu.net/fgen/S84498067/

 

 

 

●ブログでは出せない秘密情報や優良案件をLINE@で提供しています。登録頂いた方に「集客方法30」という無料電子ブックプレゼントしています。下のボタンからご参加下さい♪

*必ずメッセージかスタンプを返して下さい♪

友だち追加数

ABOUTこの記事をかいた人

凡人起業家のための夢実現コンサルタント新垣覚

自身が「貯金ゼロ」「人脈ゼロ」「資格なし」で起業したが今は全国にクライアントをもつコンサルタントに成り上がった経験から凡人起業家を「お客様から選ばれ稼ぎ続ける起業家」に変える事がミッション。