起業家は感情をしっかりコントロールしよう


 

こんにちは。
サラリーマン時代よりも稼げていない起業家のためのコンサルタント新垣覚です。

 

「貯金ゼロ」「人脈ゼロ」「資格なし」の状態で起業し現在8年目を迎え、全国にクライアント様をもつようになりました。その経験と個別サポートで「ゼロスタートの起業家」を「自分の人生の大切なものを最優先して稼ぎ続ける起業家」に大変身させます!

 

起業して今年で9年目になりますが年々、「ビジネスは感情がとても大事」だと思わされています。

 

たがが自分の中のちっぽけな感情がビジネスや人生を変えていくのを私自身が体験していますし、私の周りの結果を出している人々も同じような事を口にします。

 

もし、これが良い感情のコントロールなら結果もハッピーなのですが悪い感情のコントロールだと負の連鎖になる事も多いです。

 

今回は、起業家という立場から見た感情のコントロールの大切さについてお伝えしていこうと思います。

 

 

なぜ感情が大事なのか

まず、なぜあなたの大切な時間を使って頂いてまで感情のコントロールが大切なのか?をお伝えしたいと思います。

 

起業して間もない頃、やることなす事すべて上手くいかない時期がありました。妻、子どもがいますので収入が無いと生活が出来ません。家族を路頭に迷わせてしまう恐怖も感じました。

 

「とにかくお金!」私の感情は完全に真っ黒なものでした。すると不思議な事にそんな時は同じような金の亡者が私の周りに集まってきたのです。

 

私のコンサルの無料相談を受けたいという人がいて会ってみると逆にネットワークビジネスの勧誘をしてきたり、フェイスブック経由で“会いたい”とオファーがあり行ってみると投資の話だったり、親しい知人から怪しいビジネスの勧誘を受けたり・・・

 

その当時は何でまっとうにビジネスをしたいのにお客様は集まらずに金の亡者ばっかり集まるんんだろう?と理由が分かりませんでした。

 

滑稽な事に自分の「真っ黒な感情」に全然気づいていなかったのです。自分の感情は天使みたいに真っ白♪とすら思っていました。

 

でも、その真っ黒な感情がピークに達した時に事件は起こりました。連帯保証人の債務で一夜にして大借金持ちになりました。

 

その時は自分を責め続け、誰にも相談できずにいました。自分の最期を自分で決めよう・・・という考えが頭をよぎった事もありました。

 

しかし、不思議な事にそんな私に手を差し伸べてくれる人が出てきたのです。その時、私は初めて原因は自分になるんだという事に気づきました。そこからは家の電気のスイッチをパチッと入れるように人生が良い方に変わっていったのです。

 

でも、人間なので「真っ白な感情」だけという訳にはいきません。欲もあれば憎しみや妬みなどの「黒い感情」も必ず混在します。

 

「黒い感情」を無視したり、そもそも無いと考えるのではなくコントロールする事が大事だと思います。

 

 

感情のコントロールはビジネスのコントロール

どのようにコントロールするか?ですが、これは「共存する」という事です。

 

 

今、エラそうな事をお伝えしている私もエゴや欲、見栄、嫉妬の感情はもちろんあります。聖人ではありませんので。

 

でもそんな黒い感情を無視するのではなく「そんな気持ちもあるよね。でも、そんな気持ちよりも●●●が良いよね」と包み込んでしまうのです。私は勝手に「黒い感情のコーティング」と呼んでいるのですが(笑)

 

無視せずに黒い感情にも生きる権利を認めてあげたうえで“手懐ける”イメージです。どうですか?これなら出来そうではないですか?私のような凡人でも出来たのであなたなら絶対に大丈夫だと思います!

 

「黒い感情」は前に進むためのエネルギー源になります。あの名著である神田昌典さんの書いた「非常識な成功法則」でも

 

「人に役立つことをしていれば、お金は後からついてくる」といった「善」の視点で説かれるものが多いですよね。しかし著者は、これらの常識的な成功法則は「成功者が自分に言い聞かせるためのもの」と言い切り、成功は「悪」の感情から始まると説きます。

 

 なぜなら「嫉妬」や「怒り」といった「悪」の感情は、非常に強いエネルギーを持っているため、使い方さえ誤らなければ、成功への強い原動力となり得るから
 
 
 
と記されています。

 

ですから上手くコントロールする事はビジネスにおいてはむしろ必須な事なのです。

 

起業して、雲の上のような素晴らしい成功者や、起業家と会う事で気づいたのは、みんな驚くほどに「腰が低い」という事です。どこの馬の骨か分からない私のような者にも本当にやさしく親切に接してもらいました。

 

腰が低いという事は「自分の感情をしっかりとコントロール」しているという事です。だって彼らも人間なので「黒い感情」があります。それをおくびにも出さずに優しく接してくれるのはひとえに感情をしっかりコントロールしているからです。

 

正直、真逆な人もいます。世間的には成功者と見られていても、レストランやコンビニで大声をあげたり店員さんを罵倒する人もいます。そのような人も私たちは一面しか見ていないので何ともいえない部分もありますが、私はどこかでつじつまが合い損をしていると思います。

 

良い感情はサイクルになり贈り、贈られてまた自分のところに戻ってくるからです。その意味では感情をしっかりコントロールする事は結果としてビジネスの成功に繋がると断言できます。

 

 

「あり方」につながる

感情を人にぶつける人がいます。怒りの感情や嫉妬の感情などです。

 

感情をぶつけるという事は相手の事を考えていないという事です。そんな黒い感情を相手にぶつけたら相手はどんな気持ちになるのか?一歩引いて相手の立場になり考える事が出来ない人です。

 

ビジネスにおいては「相手の理解」は超大事です。関係性の中でビジネスを構築する事が多い、私たちのような凡人起業家は尚更です。

 

相手の理解=共感力 です。

 

自分の事は横において、相手の理解に徹する。つまり共感力の高い人は間違いなく信頼されます。

 

多くのビジネスマンにも読まれている自己啓発のバイブルともいえるスティーブン・R・コヴィー博士の書いた「7つの習慣」でもこう記されています。

 

社交的なイメージの作り方など、表面的なテクニックによって成功しようとする「個性主義」の方法ではなく、誠意・謙虚・誠実・勇気・忍耐など人間の内面にある人格的な部分を磨く「人格主義」でしか真の成功は得られないと著者は説く。そのうえで、人格を磨くための具体的な習慣(行動指針・思考指針)を示すということが改めて強調されている

 

この「人格主義」を細かく見ると、誠意・謙虚・誠実・勇気・忍耐・勤勉・質素・節制・黄金律など、人間の内面にある人格的なことです。

 

これらの事は感情のコントロール抜きには達成できないものです。私のような凡人起業家が強調するまでもなく、感情をうまくコントロールする事は大切であり、コントロールする事であなた自身やビジネスの「あり方」も整えられていくと思います。

 

 

まとめ

信じられないかもしれませんが、ビジネスがイマイチ上手くいっていないのなら、「感情のコントロール」から見直す事が大事です。

 

見える部分、見えない部分もすべて数珠つなぎで関連しています。こんな事をお伝えするとニワトリが先か?卵が先か?とお思いになるかもしれませんが(苦笑)

 

具体的にどう学べばいいか?ですが、これはメンターを見つけて学ぶ、真似るのが一番です。またはマスターマインドを結ぶのも良いでしょう。

 

「マスターマインド」とは、二人以上の、統一した願望や目標を持った人間の集まりのことであり、また、それらの人々の間で行き交う、波長の合った思考のバイブレーションのことです。ここまで協調できる人はなかなかいないかもしれませんが、あなたが求める事でこれも不思議な事に出会えますのでぜひ、お試し下さい。

 

今回は抽象度が高価い話が多かったですが感情のコントロールは大事だよ!という事を私の体験もふまえてお伝えしました。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 

【凡人起業家が広告や最新ノウハウを使用ずに売上を3,7倍にする方法】
   ↓↓↓↓↓↓↓↓↓
https://blog.infowave-okinawa.com/2020

■新垣への質問、ブログの感想はこちらから■
https://ws.formzu.net/fgen/S84498067/

 

 

●ブログでは出せない秘密情報や優良案件をLINE@で提供しています。登録頂いた方に「集客方法30」という無料電子ブックプレゼントしています。下のボタンからご参加下さい♪

*必ずメッセージかスタンプを返して下さい♪

友だち追加数

 


ABOUTこの記事をかいた人

凡人起業家のための夢実現コンサルタント新垣覚

自身が「貯金ゼロ」「人脈ゼロ」「資格なし」で起業したが今は全国にクライアントをもつコンサルタントに成り上がった経験から凡人起業家を「お客様から選ばれ稼ぎ続ける起業家」に変える事がミッション。