今を変えたい気持ちを無視しない


 

こんにちは。
ラストチャンス起業家コンサルタントの新垣覚です。

もしもあなたが、家族もビジネスも大事にして稼ぎ続ける起業家になる事に興味があるのなら、今回の記事はきっと役に立つ事をお約束します。

「貯金ゼロ」「人脈ゼロ」「資格なし」の状態で起業し現在9年目を迎え、全国にクライアント様をもつようになりました。あなたも6か月で「自分の人生の大切なものを最優先して稼ぎ続ける起業家」に進化しませんか?

 

サラリーマンになっていつの頃からか、通勤ラッシュの中に入ることがとても辛くなりました。何回か転職をしたので通勤列車の中だったり、通勤のための車の中だったりとシチュエーションはいろいろありましたが、概ね1時間位通勤ラッシュの中に入ることが多かったです。

 

その時に思ったのは自分の大事な人生の時間をこんな無駄なことに使っていいのだろうか?ということでした。通勤ラッシュの同じ空間にいる人々の顔も、うつろな顔で表情もなくただその時間を浪費しているように見えました。

 

仕事に行くのだから当然の事と考える人もいるかもしれません。でも私の心の中の違和感はドンドンと大きくなる一方でした。

 

実はとても恥ずかしい話なのですが、そのような通勤ラッシュの時間に我慢ができずに会社をずる休みしたり、一度だけ突発的に会社を辞めたこともあります。

 

後先考えない行動だと今は反省していますが、思えば私の心の中の違和感が弾けてしまいそのような行き過ぎた行動につながったと思います。

 

 

 

そんな年月を過ごしてサラリーマンを経て起業した今、あの時の気持ちや心理状態を落ち着いて考えることができるようになりました。

 

今回は同じように悩んでいる方もいるかもしれないので、少しまとめてお伝えしたいと思います。

 

自分の違和感に正直になる

私は人間は自分の全ての感情や考えをきちんと言語化する事はできないと思っています。

 

しかし動物的というか直感的というか自分の心の中で化学反応のように変化する自分の心の動きを誰でも感じることができると思います。

 

頭のいい人だったらそこで深く自己分析などをするのでしょうが、私にはそんな事ができなかったのでとにかく「なぜこんな感情になるのだろう?」ということを無視せずに自分に問いかけることだけはやってきました。

 

でもその時にもう1人の自分から返ってくる返答はどれも幼稚で、こんなの大人じゃないな・・と思うものばかりでした。

 

でもこれは言語化がきちんとできていないだけで、本当はもっと深い意味で「生きづらさ」だったり、「他に望んでいるもの」があったり「人生の目標」があったりということが裏側にあることが多いはずです。

 

ですから自分の違和感を無理してはねのけたり、無視すると言う事はやめたほうがいいと思います。人生は一度きりだし、あなたの感情が訴えている何かがあるはずだからです。

 

アンテナを張る人生

自分の違和感を無視しないことのメリットに、常に自分の状態や人生に対して客観視ができることがあると思います。

 

自分の違和感を無視したり、諦めている人は常に現場に対して自分の選択肢を放棄していると思います。本人は放棄しているつもりはないのでしょうが、思考や行動そのものが放棄している状態になっていることが多いです。

 

人間の脳は本当によくできたもので、質問に対して答えを常に探し続けているという話を聞いたことがあります。

 

ですからインプットになる疑問や質問と言うことがとても大事になると思います。これが自分の違和感を無視している状態だと働きません。

 

 

もちろん無理して違和感を感じる必要もないでしょうが、本当に違和感がないのか?自分自身で押し殺していないか?というような事は時々チェックする事は大切だと思います。

 

違和感を感じていると、その違和感が何なのか?その違和感を解消するための答えを脳が探し始めます。つまりアンテナを張ることになるのです。

 

この話をクライアントさんにするときによく例え話をするのですが、アンテナが無いとどんなレビも全く映りません。ですからまずはアンテナを立てる事はテレビを見るには必要なことです。

 

人生やビジネスにおいてはこのアンテナを立てるために自分の違和感に正直になることが必要なのです。

 

アンテナを立てたら今度はチューナーの問題になります。チューナーとはつまりあなたの「心」や「考え方」になります。入ってくる情報に対してどのようにそれを処理するのか?それが問われます。

 

入ってきた情報に対してどう処理するかや、答えは人によって違うと思います。学びや経験に紐づき変わるはずです。

 

ですから答えを探す作業は自分自身の努力や意識が必要になります。このようなことを伝えすると難しい話を聞いているような気持ちになるかもしれませんが、要は、「アンテナを張って自分の感度を高めた上できちんとチューニングを合わせていきましょう」ということです。

 

いつも何も映らない真っ暗なテレビだと嫌ですよね?

 

アンテナを張ると、入ってくるのは情報だけではありません。人との出会いや、チャンスも入ってきます。

 

そしてそのようなものは常に予期しない不意のタイミングで入ってきます。その時に自分のチューニングがどうなっているかで理解できなかったり、感じ取れなかったりします。

 

少し突拍子もない話に聞こえるかもしれませんが、私たちの目の前で起きる事は全て何かしらの意味があると思います。ただし、その意味をしっかりと咀嚼している時間はないというのが現実です。

 

「チャンスの前髪は短い」と言う言葉もありますが、本当にそうだと思います。直感的に瞬時に自分に必要なものなのか?不要なものなのか?ということを判断し続けることが大切です。

 

自分の中の違和感をしっかりと意識している人はこの感度が高くなると私は思います。でも自分自身の違和感に背を向けて押ししている人はこの感度が著しく鈍かったり、もしくは働いていないことすらあると思います。

 

その意味でもアンテナを張ると言う事は、チャンスを増やすことにつながると思います。

 

チャンスは創造すること

アンテナを張ることでチャンスを感じることができると言うことをお伝えしましたが、同時にチャンスは自分で動く事で創る事も可能です。

 

もちろん目標を決めて戦略的にすることも大事ですが、私はそのようなことができないタイプです(苦笑)

 

ですから今回このような文章を書いているのですが、これはチャンスにつながるかもしれないと考えて動くのではなく、とにかくがむしゃらに自分から動くと言うことが大事だと思います。

 

その時に「これはうまくいくかな?」とか「自分に対してメリットがあるかな?」とか言う事はあまり考えずに、自分の直感を信じて「下手な鉄砲数うち当たる」位の軽い気持ちでチャレンジすることが必要だと思います。

 

なぜそのようなことを断言できるかと言うと、私のこれまでの人生がそのような感じだったからです。戦略的に考えた事は実はあまりうまくいかず、結果をあまり考えずになんとなく動いたことが大きなチャンスになったりということが何度もありました。

 

ですからあまり先読みをせずに「行動することを優先する」と言う考え方は1つの行動指針になるかもしれません。

 

こんなことをお伝えすると、「新垣さん、私にはそんな時間はないです」「私にはそんなことするお金がないです」と言う方がいますが、それこそチャンスから試されていると思います。そんな時こそ、あなたの心にしっかりと質問してほしいのです。

 

「のるか反るか?」と。

 

まとめ

ビジネスで言えばしっかりと目標を決めて、それに向かって着実に向かっていくのが大切と言うことがよく言われますが、ビジネスではなく人生というもう一つ大きなレイヤーで考えた時、そんなハッキリした目標がなくても自分の感じるままに動く事は大切だと思います。

 

外国の人と話していると、その考え方の自由さや、自分自身の可能性を信じる力に圧倒されることがあります。こうやって考えてみると、私たちは今まで「着実に」「確実に」ということばかり優先してきたように思います。

 

着実に確実にと言うことを優先してきた結果が、私の場合は通勤ラッシュ地獄でした。

 

でも、その違和感を無視しなかったからこそ、大変な事はたくさんありましたがこうやって起業して通勤ラッシュとはもう10年、無縁の生活を送っています。

 

私のようなちっぽけな成功からも、自分の違和感を無視する事はもったいないということが言えると断言できます。

 

あなたの違和感はなんですか?
そしてその違和感とどう向き合っていますか?

 

今回も最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 

【ラストチャンス起業家のための特別無料個別相談】
   ↓↓↓↓↓↓↓↓↓
https://blog.infowave-okinawa.com/2020

■新垣への質問、ブログの感想はこちらから■
https://ws.formzu.net/fgen/S84498067/

 

 

●ブログでは出せない秘密情報や優良案件をLINE@で提供しています。登録頂いた方に「集客方法30」という無料電子ブックプレゼントしています。下のボタンからご参加下さい♪

*必ずメッセージかスタンプを返して下さい♪

友だち追加数

 

 


ABOUTこの記事をかいた人

10年続く起業家を育てるコンサルタント新垣覚

今年で起業して10年を迎えました。10年前に貯金ゼロ、人脈ゼロ、資格なしで起業しましたが現在全国にクライアントをもつまでになりました。流行りのノウハウに惑わされることなく基礎を固めながら10年続く足腰の強い本物のビジネスをしませんか?