起業家はお金にとらわれすぎないようにしよう


 

こんにちは。
ラストチャンス起業家のためのコンサルタント新垣覚です。

もしもあなたが、家族もビジネスも大事にして稼ぎ続ける起業家になる事に興味があるのなら、今回の記事はきっと役に立つ事をお約束します。

「貯金ゼロ」「人脈ゼロ」「資格なし」の状態で起業し現在9年目を迎え、全国にクライアント様をもつようになりました。あなたも6か月で「自分の人生の大切なものを最優先して稼ぎ続ける起業家」に進化しませんか?

 

起業してビジネスをしているからには、稼ぐと言うことに集中しなくてはいけません。

 

それは自分の生活のためであり、ビジネスを存続させるために必要なものだからです。

 

でも、お金にとらわれすぎると、そのことに心を奪われてしまうと思います。お金に縁のない人は特徴があると思います。そのあたりも含めて起業家はお金にとらわれすぎてはいけないと言うことをお伝えしたいと思います。

 

お金はただのツール

起業してビジネスをしていると、お金に対してサラリーマンの時とは違う感覚が芽生えたことに気づきました。

 

 

サラリーマンの時は、毎月決まった日に、毎月同じ額が振り込まれていました。その中で生活を回すということを何年も続けてきました。もちろん意識の高い人はサラリーマンでもそのような収入の中から貯金をしたり、投資をしたりしてお金をさらに有効に活用にしていました。

 

しかし、私がサラリーマンの頃は給料があればあるだけ使うと言うような今、考えると本当にアホな使い方をしていたと思います。

 

起業して自分でビジネスをしている今、お金は本当にありがたいものだと感じます。それこそ10円でもありがたいです。

 

自分がお客様から評価されない限りはお金をもらうことはできません。その意味では同じ10円でもサラリーマンの時と今の私の10円は全く違うものになっています。

 

でも価値観は変わってもお金の機能は変わりません。10円で買えるものは10円でしかないし、それ以上でもそれ以下でもありません。

 

ここである意味シビアに考えていただきたいのが、お金はあくまでもツールであると言うことです。ツールと言う事は例えば身の回りの物で言えば、車や、歯ブラシ、お箸等と変わらないということです。

 

でもツールにはそれぞれ目的があります。車であれば「移動の為」、歯ブラシであれば「虫歯にならないため」、お箸なら「ご飯を食べるため」というようにそれぞれ目的があります。

 

ではお金はどうでしょうか?シンプルな問いですがこれをしっかり考えるとお金に対する付き合い方が変わってくると思います。

 

正解や不正解はありませんが、私は人生をより良くするための「ツール」だと考えています。

 

お金があればこそ、できることがあります。それは人によって違うかもしれませんが、結果として自分の人生をより良くすることにつながっていると思います。

 

ですから、お金を稼ぐだけと言うことにフォーカスするとツールの使い方を誤る可能性があるということです。

 

もちろんお金はツール以上に様々なパワーがある事は間違いありません。古今東西、お金の魔力にやられた人は数知れないです。だからこそ、お金はただのツールでありお金にとらわれすぎないと言う事は本当に大事だと思います。

 

どのように使うか?が大事

起業してビジネスを始めて最初の頃はとにかく稼がないと生活ができないので、稼ぐことに集中していました。ですから、どのように使うか?ということには全く気が回りませんでした。

 

少しでも売り上げを伸ばしたい一心で、怪しげな情報商材を購入したり、バブリーなセミナーに参加してみたりいろんなことをしてきました。でもそのような事はほとんどの役には立ちませんでした。そのような経験からもお金はどのように使うか?が大事だと感じています。

 

 

私は今、お金の使い方の大きな目的の1つに、社会貢献があります。その中でも貧困問題や、非行少年のサポート等に興味を持って取り組んでいます。

 

もちろん自分の家族や仲間、などのためにお金を使う事も大事なものですが、ライスワークではない、ライフワーク的なお金の使い方をすることでお金との関係もずいぶん変化してきたように思います。

 

誰でもこのような社会貢献にお金を使えばいいと言うことではありませんが、同じ10,000円を使うなら自分のエゴのために使うのか?または社会貢献に使うのか?で後々の自分に返ってくる果実が変わると思います。

 

果実のために仕事をしているわけではありませんが、お金を自分のためだけに使うのではなく、社会や他の人のために使うと言うことも大事なことだと感じています。

 

起業家は特に、自分のためにお金を使うのは注意が必要だと思います。よく自分へのご褒美と言うことで高価なブランド品などを買う人もいますが、個人的にはそれは終わりなき物欲を満たしているだけに過ぎないと思います。

 

やはり自分の知識や経験のために投資をすると言う事はとても良いことだと思います。学ぶ事は終わりのないことであり、そのステージごとに求められてくるものや、学ばなければならないことも変わります。ですから自分のためにお金を使うときは果たしてこの投資は本当に正しいだろうか?と客観的に考えることも忘れないでほしいと思います。

 

感謝することで変わる

なんだか怪しい自己啓発の話みたいになってきましたが、お金に感謝する事は本当に大事だと思います。

 

先ほどお金はただのツールとお伝えしましたが、例えば自分の使う道具を大切にしている人は、豊かな人生を歩んでいる人が多いです。感謝を込めて古くなった包丁を何十年も使っている職人や、祖父や祖母からもらった看板を大事に受け継いでいる人など、道具に対して感謝している人はそれができていない人と比べて特に精神的に豊かだと感じます。

 

今、なかなか売り上げが上がらずに稼げていない方は特にそうだと思いますが、十分に稼いでいるときには感じなかったお金のありがたさを感じているのではないでしょうか?

 

 

人は何でも失ってからその価値に気づくことが多いのですか、お金もまさしくそうだと思います。お金がないと本当に苦しいし、やりたいこともできないです。そんな時、手元にあるお金に感謝することを忘れてはいけないと思います。お金は道具ですが、生きていると思います。

 

あなたがお金に対して持っている気持ちはそのまま伝わるはずです。よく長財布にお札を折り曲げずに入れると金運が上がるという話がありますが、事実だと思います。

 

私自身も、長い間二つ折りの財布を使っていたのですが、ある日だまされたと思って、長財布に替えました。長財布にすることで、お金をきれいに入れたり、きれいに出したりということに気を使うようになりました。

 

以前は、二つ折りの財布をズボンのポケットに入れていましたが、長財布はポケットに入れられないので、必然的に鞄やその他のものに入れる事になります。

 

そうすることで財布もきれいな状態で長年保たれて、お金の家である財布も大事にするようになりました。私は気に入った革の財布を使っているのですが、定期的に自分でメンテナンスをしたり、補修をしたりしています。以前とは全くお金や財布に対する考え方が変わりました。

 

だからといってめちゃくちゃお金が儲かっているわけではありませんが(苦笑)お金との関係が明らかに昔と変わった事は確かです。

 

お金に感謝すると言う事は、お客様に感謝したり、社会に感謝したり、生きていることに感謝したりすることにつながると思います。特に日本人は、お金を汚いものと言う教育があり、お金をないがしろにすることが多いように感じます。

 

ですからお金に感謝すると言う事は自分の子供たちにも伝えていきたいと思います。

 

まとめ

今回は起業家とお金の関係についてお伝えしました。起業して稼ぐ事に無頓着になれ、と言う意味では決してありません。

 

あなたも気づいたことがあると思いますが、お金に対してギラギラしている人がたまにいますが近寄りたくないですよね?

 

実際そのような人はお金に困っていることが多いです。逆に「あ~、なんかこの人といると心地良いな」という人にはお金が寄ってきて、実際儲かっている人が多いものです。

 

これは本人の性格の問題ではなく、お金とうまく付き合えているか?付き合っていないか?と言うことだと思います。

 

よく成功者は「お札にアイロンかけをする」ということが聞いたことがありますが、お金に対して狡い考えではなく感謝しつつも、お金の魔力に取り込まれないように距離感を保つという事はとても大事だと思います。

 

もし、あなたがお金に対して困っているのであれば今日お伝えしたことを1つでも試してみてください。いきなり変化する事は無いですが気づくとお金との関係が全く変わっているかもしれませんよ。

 

今回も最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 

【凡人起業家のための特別無料個別相談】
   ↓↓↓↓↓↓↓↓↓
https://blog.infowave-okinawa.com/2020

■新垣への質問、ブログの感想はこちらから■
https://ws.formzu.net/fgen/S84498067/

 

 

●ブログでは出せない秘密情報や優良案件をLINE@で提供しています。登録頂いた方に「集客方法30」という無料電子ブックプレゼントしています。下のボタンからご参加下さい♪

*必ずメッセージかスタンプを返して下さい♪

友だち追加数

 

 

 


ABOUTこの記事をかいた人

10年続く起業家を育てるコンサルタント新垣覚

今年で起業して10年を迎えました。10年前に貯金ゼロ、人脈ゼロ、資格なしで起業しましたが現在全国にクライアントをもつまでになりました。流行りのノウハウに惑わされることなく基礎を固めながら10年続く足腰の強い本物のビジネスをしませんか?