目が覚めたら全てが好転していたなんて絶対にない


 

こんにちは。
10年後も笑顔!の起業家を育てるコンサルタント新垣覚です。
ビジネスは継続する事が大事です。
しっかりと基礎を固めながら10年続く足腰の強い本物のビジネスをしませんか?

私は「貯金ゼロ」「人脈ゼロ」「資格なし」の状態で起業して今年で10年目を迎え、全国にクライアント様をもつようになりました。まずは6か月かけて「自分の人生の大切なものを最優先して稼ぎ続ける起業家」に進化しませんか?

 

起業してビジネスをしていると良いことばかりではありません。むしろ大変なことや苦しいことの方が多いかもしれません。そしてその時にどのように問題に向き合うかで起業家として経営者としての結果が変わってきます。

 

起業するのは誰にでもできますが、それを継続するのは本当に大変です。継続していくという事は問題解決をしていく日々です。

 

しかしあまりにも苦しいことや困難が続くと、現実を直視するのを忘れてしまいます。忘れてしまうというよりは意識的・無意識に無視をするようになってしまいます。

 

そして目が覚めたら全てが好転していたらいいのにと妄想を抱くようになります。

 

今回は私自身への戒めもこめて、目が覚めたら全てが好転していたなんて言う虫の良い話がないと言うことをお伝えしたいと思います。

 

見て見ぬふりは罪だ

先ほども少しお伝えしましたが、ビジネスがうまくいっていないと言う事は、何かしらの問題があると言うことです。

 

少しずつでもそれに取り組まなければ自然に良くなっていたという事は絶対にありません。

 

しかしあまりにも取り組むことが多かったり改善点が多いと私たちはそれを見て見ぬふりをしてしまうことがあります。

 

 

でもこれは根性がないとかそういう話ではありません。人間はそもそも脳への過剰な負担を減らすために自分では意図しなくても情報を遮断するようになっているからです。

 

でも起業家であり経営者であるならば、その人間の自然の脳の働きすら逆行する必要があります。常に問題意識を持って取り組まなければならないのです。

 

かなりマッチョな話に聞こえると思いますがこれは私自身の反省でもあります。

 

起業してビジネスを続けて10年続けてきましたが、セールスやマーケティングを一生懸命やってきましたが、本気で会計の事はやってきませんでした。

 

今新たなビジネスを起こそうとしているのですが、この10年会計をしっかりやってこなかったことを本当に悔いています。

 

だからこそ私が言えるのは、起業家や経営者としての課題を見て見ぬふりをするのは罪だということです。

 

かなり厳しい言葉に聞こえるかもしれませんが、これは本当に実感です。今、過大な宿題を一生懸命こなしている状態です。

 

全てはあなたに決定権がある

まだサラリーマンの家や、人に使われている時は良いのですが、あなたのやる事は全てあなたに決定権があります。誰かがあなたの代わりに決めてくれる事はありません。

 

ですから、問題を先延ばししてもそれが解決する事は絶対に無いのです。

 

特に困難な問題を解決しよう!と決定した時そこに必ず大変さやリスクなどもともに発生します。

 

それを踏まえて全て引き受けて前に進むと言う勇気が必要になります。逆にそれができないからどうだと見て見ぬふりをしているのかもしれませんが、何か迷ったときに、自分には自分のすべての決定権があると言うことを思い出してほしいと思います。

 

その中で、あえて行動しないと言う決定をすることももちろん可能そのような決断をせずにダラダラと見て見ぬふりをする事はあまりよくないことだといえます。

 

大きな決定をしたときには良いことばかりではなく必ずあなたの決定を試すかのように困難や別の問題が必ず出てくると言うことを覚えていて下さい。

 

 

そう考えれば、少々の困難があっても「あ~来たか!」と少しは気楽に考えられるかもしれません。特に今までの自分のステージを飛び越えてビジネスを始めようとしたり、新しい環境にビジネスを置いたりするときは絶対に決断が必要だと思います。その時には同時に必ずこのような引き戻しのようなことが起きますので、心の準備だけはしていて下さい。

 

いつかは真正面から取り組む必要が出る

今あなたがどんな悩みや、困難の中にあるか私には分かりません。しかし、あなたが行動することを、決断することを躊躇するという事はそれなりにとても大変なことだろうと思います。

 

1つの方法として、いきなり全てを解決するのではなく、少しずつ解決していくと言う方法もあります。

 

例えば、新しいプロジェクトを立てるとした場合、お金も人もない場合まずは最小限のエネルギーで行けるような方法はないかということを情報収集すると言うことも小さな一方かもしれません。

 

そのようなプロジェクトを既に立ち上げた人の話を聞きに行くことも良いでしょう。

 

このような小さな1歩もやらないよりは大きな成果があります。しかし結局、根本的な解決につながる事はないです。

 

ですから必ずある地点でその問題に真正面から向き合わなければいけない時が必ず来ますそれをしっかりと意識して先延ばしするのもありですし、期限を決めてトライすることもありだと思います。

 

いずれにしても決定権は全てあなたが持っているのです。

 

しかし、物事には必ずタイミングと言うものがあります。早く決断をすればいいと言うものではありませんが、決断をずるずると先延ばしすると必ずその弊害が起きやすいです。

 

「チャンスの前髪は一瞬で過ぎる」と言う言葉がありますが、文字通り物事にはズバリ!のタイミングがあるのです。

 

おそらくそのタイミングというのをあなたも心の中では感じ取っているかもしれません。でも色々と理由をつけて先延ばししているのではないでしょうか?

 

その意味では私は少々の困難があっても下手に先延ばしってタイミングをしなうよりは勇気を持って回家に住んだ方が良いと考えています。

 

決断すると景色が変わる

問題解決や、新しい一歩のために本気で決断を下すと同時に一気にあなたの周りの景色が変わります。

 

これ以上ないタイミングでキーマンとなるような人にであったり、

今までいくら探しても出てこなかった情報が出てきたり、

あなたに協力してくれる人が現れたり、

いきなりあなたにお金が入ったりと様々な出来事が起きやすくなります。

 

 

私自身もこれまで色々と体験してきました。決断するときにおそらく自分自身のチャンネルが変わるのだと思います。チャンネルに合わせて景色も強制的に変わっていく…そんな感触を持ちました。

 

しかし、決断が中途半端だったりタイミングが早かったり遅かったりすると、このようなミラクルのようなことが起きません。これは本当に不思議なものでどのような法則が働いているのかわからないのですが、結論としてはやはりでタイミングを見極めて決断することが大切です。

 

そして少しずつ自分の目の前の景色が変わってきたらあなたはチャンスをつかみつつあると感じても良いのかもしれません。

 

少し説教じみたことをお伝えしますが、このように良い意味で自分の景色を変えるにはたった1つのことが必要です。それは「素直」になると言うことです。

 

素直に取り組み、素直に現状を把握して、素直に困難を受け止める・・・どうしても難しい問題にチャレンジするときには楽をしたいとか自分のエゴが出て来やすいのですが、できるだけそのような要素を排除して素直になるということがとても大事だと思います。

 

そして一朝一夕でできるものではありません。他人の振り見て我が振り直せでは無いですが、とにかくいつも素直であることを意識しながら生活することは必要だと思います。

 

まとめ

最後はかなり精神論的なものが中心になってしまいましたが、結局勇気を持って一方踏み出さない限り目が覚めたら全てが好転していたなんて夢のような話は絶対にありません。でも私たちはどこかでそのようなことをいつも期待しています。

 

しかし私の周りの結果を出している人を見ればそのような妄想に打ち勝ち勇気を持って毎日1ミリでも前進しようとする人だけに勝利の女神が微笑んでいます。

 

苦しいし長い道のりかもしれませんが必ず報われる日が来ます。一緒に乗り越えていきましょう。

 

今回も最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 

 

■《無料》個別相談受付中■
   ↓↓↓↓↓↓↓↓↓
https://blog.infowave-okinawa.com/2020

■新垣への質問、ブログの感想はこちらから■
https://ws.formzu.net/fgen/S84498067/

 

 

●ブログでは出せない秘密情報や優良案件をLINE@で提供しています。登録頂いた方に「集客方法30」という無料電子ブックプレゼントしています。下のボタンからご参加下さい♪

*必ずメッセージかスタンプを返して下さい♪

友だち追加数

 


ABOUTこの記事をかいた人

今年で起業して10年を迎えました。10年前に貯金ゼロ、人脈ゼロ、資格なしで起業しましたが現在全国にクライアントをもつまでになりました。流行りのノウハウに惑わされることなく基礎を固めながら10年続く足腰の強い本物のビジネスをしませんか?