自己流ビジネスのメリットとデメリット


 

こんにちは。
10年後も笑顔!の起業家を育てるコンサルタント新垣覚です。
ビジネスは継続する事が大事です。
しっかりと基礎を固めながら10年続く足腰の強い本物のビジネスをしませんか?

私は「貯金ゼロ」「人脈ゼロ」「資格なし」の状態で起業して今年で10年目を迎え、全国にクライアント様をもつようになりました。まずは6か月かけて「自分の人生の大切なものを最優先して稼ぎ続ける起業家」に進化しませんか?

 

私は起業して10年が過ぎましたが、その前半部分は自己流のビジネスをやってきました。

 

その結果としてなかなか上手くいかず、かなり苦労した時期もありました。

 

やはり状況が変わったのは自己流のビジネスをメンターに強制修正してもらった時からでした(苦笑)

 

それまでは教えてもらうことにお金を払うことをとても避けていた部分があります。もったいないと・・・

 

そして、これは多くの起業家が感じている事かもしれませんが、サラリーマンが嫌で起業したので、人から指図を受けたくないと言う傲慢な部分があったと思います。

 

しかし、自己流のビジネスは今となってはメリットとデメリットが混在するものだといえます。今回は今、自己流でビジネスをしている人に向けて自己流のビジネスのメリットとデメリットをお伝えしたいと思います。

 

誤解して欲しくないのは、これは私のコンサルを受けませんか?というポジショントークではないということです。

 

私の経験を包み隠さず話すことで何かしらあなたの参考になればと思います!

 

メリットその1:勢いを活かせる

自己流のビジネスのメリットとして、誰かの指図を受けるわけではないので勢いを活用することができるということがあります。

 

私はサラリーマン時代、起業しようとして会社に何度か辞表を出すタイミングをうかがっていましたた。

 

しかし、結果として私は辞表を出すことができないまま何年も過ごしていたと言う経験があります。

 

自己流のビジネスをしている場合すべてのベースは自分自身が作ります。ですから自分の勢いをそのままに生かすことができるというメリットがあると思います。

 

 

それはともすれば無謀だとか、チャレンジだとか言う人もいるかもしれません。

 

しかし、特にサラリーマンから起業するときは絶対に「決断」をする必要があります。その決断はなかなかできないものです。

 

考えに考えを重ねたあげくパチンと自分の中で弾ける瞬間があります。その時に自分1人でビジネスを行っていると自分の中でゴーサインが出たときにすぐに行動ができるというのもメリットだと思います。

 

いちいち人に相談したりアドバイスを仰いでいるうちにチャンスが逃げてしまうこともあるからです。

 

メリットその2:オリジナルのメソッドができる可能性がある

起業してビジネスをしていると、上手くいく事と、上手くいかないことがでてきます。上手くいったことを積み重ねることで大きな自信に変わります。

 

そして、時にはそれが思ってもいないオリジナルのメソッドになってることもあります。

 

 

私のクライアント様の中にもかなり自己流のビジネスをしているけれども上手くいっている方がいました。

 

この方はご自身で再現性を見出してメソッドに変換することが可能でした。それは本当に素晴らしい事だったと思います。

 

しかし、このようにメソッド化するにはきちんと自分のやってきたことを記録しなければいけません。すべてを記録した上でマニュアル化して再現性を上げる工夫をすることが大切です。

 

逆にきちんとメンターについている場合はトップダウン的で自分でメソッドとして考える事がないのでメソッド化は難しいです。

 

自己流でも上手くいくとオリジナルメソッドができる可能性が高くなります。(リスクはともないますが)

 

メリットその3:自分力が身に付く

これはあくまでも自己流でビジネスをして結果を出している人の話ですが、自己流でビジネスをしていても結果が出たという事はある意味自己管理能力や、目標設定能力があるといえます。

 

私はそれを「自分力」と呼んでいるのですが、先輩やコンサルタントに相談することなく、自分を信じて凝りを突き詰めていくと相当強い人間力が身に付きます。

 

私の尊敬する起業家の一人にも、メンターらしいメンターをつけていないのに大活躍している方がいらっしゃいます。

 

その方とお話をする機会があったのですが、本当に「自分力の塊」のような人でした。

 

とにかく人一倍、実践を重ねていました。このような事はなかなか1人ではできることではありませんが自問自答していく中で自分力を高めていったそうです。ただ、このようにはなかなかできるものではありません。

 

やはり自己流のビジネスで「自分力」を身に付けるには、確固たる目標設定は絶対に必要です。

 

デメリットその1:マイペースから抜けられない

これまでは、自己流のビジネスのメリットをお伝えしてきましたが今度はデメリットになります。

 

私の経験から、1番最初のデメリットに挙げられるのは「マイペースから抜けられない)ということです。

 

 

自己流だからこそマイペースなのですが、マイペースというのは自分軸で仕事をしていると言えます。しかし、ビジネスはお客様軸に寄せて考えないといけません。

 

マイペースにビジネスをしていると、その1番大切なお客様に寄り添った考え方や行動がなかなかできなくなることがあります。

 

そして良くないのは上手くいかないと今度は無理をしてでもお客様を得ようとするので自分の意図していないお客様に出会ったり、騙されたりということが起きます。時には無理売りをしてトラブルになる事もあります。

 

マイペースというのは結果が出てこそのマイペースです。しかし、1人では決してこのマイペースから抜け出せないということを多くの起業家を見てきて感じたことです。

 

私も何年も経ってメンターに教えてもらうことでやっとマイペースから抜け出し自分なりのペースというものをしっかりと保てるようになりました。

 

自己流のビジネスのマイペースは、自分軸での考えになりやすいということを覚えていて下さい。

 

デメリットその2:成長スピードが遅い

これも、自己流でビジネスをしている人にいえることなのですが、1人でビジネスをしていると圧倒的に成長が遅いです。

 

一番顕著に見られるのが「ビジネスにおける行動量の少なさ」です。少ない行動量の中で自分のできる事や得意な事から進めがちになります。

 

ビジネスはきちんとした数字の目標設定をしてその目的に向かいペースを作らなければ結果は出ません。

 

例えば、1か月で100万円を得ようとしたらそれを逆算していき、日々やることを明らかにする必要がありますす。

そして進捗具合をチェックしさらにペースを上げるという必要性が出てくるはずです。

 

しかしマイペースでビジネスをしているとこのようなチェック機能が働きません。「いつでもいいや」という気持ちが先行して結果として大きな遅れをとってしまいビジネスにダメージを与えます。

 

起業してビジネスをスタートさせたからには少しでも早く結果を出したいはずです。これが自己流でやっている場合スピードが上がらず失速してしまう事も考えられます。

 

スピードが速くければ良いということではありませんが、まずは成長していかない限りお客様を得ることも難しいですし、ビジネスが追いついていないはずです。

 

もし、自分のビジネスを振り返って成長のスピードが例えば同業者やライバルよりも遅いと感じてきたときは、マイペースに現状を変えるようにしてください。1日の遅れは1か月の送れになり、1ヵ月の遅れは1年の遅れになります。

 

デメリットその3:修正ができなくなる

自己流でビジネスをしているとまるで、クセのように自分の中で定着してしまい、本来なら修正しなければいけない部分を修正できなくなってしまうことがあります。

 

これもコンサルティングの中でよくあることなのですが、どう考えてもノルマを達成するためには時間が足りないので、例えば早朝の1時間をビジネスにあてたりとか、すきま時間をビジネスに当てたりとかするための工夫や提案をすることが多いのですが自己流のクセが固まってしまうとそのような小さな親切が好きなること聞くなることが多いです。

 

 

もちろん、私も成果をあげてほしい一心で、厳しいことを言ったり、まだやっていない新しいアイディアをアドバイスしたりするのですが、そのような人は何よりも自分のマイペースを崩すことを一番恐れています。

 

場合によってはビジネスの収益を上げるよりも自分のマイペースを優先しているのでは?と思ってしまう方も多くいます。

 

ビジネスは常により良いものにしていくことが大切です。何が良いのか何が悪いのかもわからないまま進んでも何の意味もありません。

 

ですから、修正をしていくという事は本当に大切な作業なのです。これがうまくできないという事はビジネスの存続に関わることだとすら思います。

 

私も上手くいっていない時にセミナーや講座を受けても、なかなか頭ではわかっていても行動を修正することができずにいました。

 

これは自分の結果に対してコミットメントしていなかったりと、いろいろな理由はあるのですが結論として修正ができなかったということに尽きます。

 

修正をする場合自分のやってきたことが間違っていたりとか、否定されてるように感じて嫌がる人も多いですが、私は修正ができないのは危険なことだと思います。

 

まとめ

今回は私自身の経験を振り返って書いていました。

 

起業して最初の頃は憧れの(笑)完全週休二日制の生活を楽しんでいる時もありました。目標の利益は出ていないのに休みはしっかりとる・・今考えると恥ずかしい限りです。

 

しかし、今私は年間で丸一日中休む事はなく働くようにしています。今ではそれが当たり前となり何の抵抗もないのですが、自己流のデメリットを自分事として理解できた時からできるようになりました。

 

起業して最初の頃の自己流の何年間かを今は後悔しています。

 

あなたにはそのような後悔をして欲しくないと言う一心で書きました。

 

今回も最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 

 

 

《無料》前に進みたい起業家のための個別相談受付中■
   ↓↓↓↓↓↓↓↓↓
https://blog.infowave-okinawa.com/2020

■新垣への質問、ブログの感想はこちらから■
https://ws.formzu.net/fgen/S84498067/

 

 

●ブログでは出せない秘密情報や優良案件をLINE@で提供しています。登録頂いた方に「集客方法30」という無料電子ブックプレゼントしています。下のボタンからご参加下さい♪

*必ずメッセージかスタンプを返して下さい♪

友だち追加数

 

 

 


ABOUTこの記事をかいた人

今年で起業して10年を迎えました。10年前に貯金ゼロ、人脈ゼロ、資格なしで起業しましたが現在全国にクライアントをもつまでになりました。流行りのノウハウに惑わされることなく基礎を固めながら10年続く足腰の強い本物のビジネスをしませんか?