落ち込んだ時こそチャンス!


 

こんにちは。
10年後も笑顔!の起業家を育てるコンサルタント新垣覚です。
ビジネスは継続する事が大事です。
しっかりと基礎を固めながら10年続く足腰の強い本物のビジネスをしませんか?

私は「貯金ゼロ」「人脈ゼロ」「資格なし」の状態で起業して今年で10年目を迎え、全国にクライアント様をもつようになりました。まずは6か月かけて「自分の人生の大切なものを最優先して稼ぎ続ける起業家」に進化しませんか?

 

 

起業してビジネスをしていると何かと上手くいかないことの方が多いです。特に成功している人や結果を出している人は途方もないほどの失敗を繰り返しています。

 

よく成功している起業家が「運がいいだけですよ」と謙遜する事がありますが、そのような人と話をしてみると分かるのが裏ではものすごい量の行動をしているということです。

 

もし、少しの行動で上手くいっているのであればそれほどの量をこなす必要は無いはずです。しかし、実際はそのような大量行動でも結果が出なかったりすることが多いということです。

 

私たち凡人はそんな時に、気分的に落ち込んでしまいます。でも、私も多くの経験があるのですが落ち込んでいる時こそが実はチャンスだったりします。

 

 

今日は私の経験やクライアント様のコンサルティングの中で得たことをあなたにもシェアしたいと思います。

 

誰でも落ちる時がある

先ほどお伝えしたように、ビジネスをしていると上手くいくことばかりではありません。上手くいかない事の方が多いです。

 

そんな時にほとんどの人が自己嫌悪に陥ってしまいます。「私には無理だ」「所詮無謀なチャレンジだった」「お客様が理解してくれない」などネガティブな感情にとらわれてしまいます。

 

もちろん私も同じような気持ちになることがあります。ですからあなたの気持ちもよく分かるのですが、実はこんな感情が出ている時こそ勝負です。

 

誰でも必ず落ちることがあります。ですからその時に少しでも行動したら前に進むことができるのです。ほとんどの人はそれができません。だから、落ち込んだ時こそチャンスと言えるのです。

 

誰でも必ず落ちるからその機会を自分のために有効に使うことが大切です。

 

「落ちる」という事はどういうこと?

落ち込んだ時、私たちは自己嫌悪に落ちたり、自分の力のなさを確認することになります。でも、見方を変えると修正点や改善点が見えているということです。

 

ほとんどの人がそんな時にやることの多さや先が見えないことに力を奪われてしまいます。

 

でも考えてみれば、こんなチャンスは無いはずです。後は自分の改善点や修正点を一つ一つ丁寧に潰していくだけですから。

 

 

ですから落ち込んだ時こそ、自分自身をしっかりと観察してそれを一つ一つピックアップしていくことが大切です。ほとんどの人がネガティブな感情に溺れてしまうのですがそれはあまりにももったいないことです。

 

落ち込んだ時は、ほとんどの人が自分のこれからとるべき行動を実は理解しています。あえてそれを見ないようにしていることの方が多いのです。

 

ですから落ち込んだ時は逆に喜ぶ位がちょうどいいと思います。

 

実際に、私のクライアント様でも、落ち込んでしまい長いトンネルに入ってしまう人もいますが、自力でくぐり抜けて大きな成果を得た人が多いです。

 

冷たいように聞こえるかもしれませんが、ここは自分自身で突破しなければいけないところです。他人が代行することができないのです。ですから、あなたも落ち込んだ時は気持ちを新たにするきっかけだと思ってください。

 

突破するのはあなたですが周りのサポートも大切です。あなたはけっして孤独ではありません。だから勇気をもって進んで下さい!

 

逃げたら倍返しが来る

ほとんどの場合落ち込んでしまったらその先に進めなくなり課題から逃げてしまう人が多いです。私も、逃げまくってた経験があります。

 

しかし、ビジネスを続けていくからには、課題に正面から取り組まない限り、決して次のステップは訪れません。逆に、逃げれば逃げるほど傷口が広がりどうにもできなくなることが多いです。

 

私はこの言葉が大好きです。

 

1日の遅れは1週間の遅れになり、1週間の遅れは1ヵ月の遅れになる。1ヵ月遅れは1年の遅れになる。

 

ちょっと怖い言葉ですが、実際にこれは本当だと実感しています。自分の取り組まなければいけないことを先送りする事は後々に倍返しとどころか3倍にも4倍にもなって大きな負担になります。

 

だから落ち込んだ時は、気持ちを新たに、真正面から取り組むしかないと覚悟して下さい。

 

あなたは正面からぶち当たっていますか?それとも逃げていますか?

 

素直に受け入れる

落ち込んだ時はその状況を素直に受け入れることがとても大切だと思います。よくあるのが、他の人や環境のせいにするということです。

 

ひどい場合、お客様のせいにする人もいますが、これはとんだお門違いだと思います。目の前で起きることの原因は全て自分自身にあります。特にビジネスにおいては結果は全て自分にあると思った方がいいです。

 

実際に、ビジネスで結果を出している人は常に起きることを自分事として捉えています。決して人のせいにはしません。私も経験があるのですが、自分の失敗やミスを受け入れる事はとてもきついことです。

 

 

特に落ち込んでしまった時は途方に暮れてしまい正常な判断ができなくなることもあります。しかし、その状況を素直に受け入れることで次に進む勇気も出てきます。

 

名著「道は開ける」デール・カーネギー著の中にこんなエピソードがあります。カーネギーがエアコンの発明者ウィルス・キャリア氏から聞いたという「最悪の状態を受け入れる」というものです。

 

キャリア氏は、若い時に仕事で2万ドルの損失を招いてしまったが、悩まずに問題に対処する方法を考えたそうです。

 

そのときに使ったテクニックが以下の3ステップです。

 

《ステップ1》 起こりうる最悪のことを考える
→刑務所に入ったり、銃で撃たれたりすることはないだろう。自らの解任、導入するはずだった装置の回収、投資した2万ドルの損失、という可能性がある程度。まずはこうして最悪のことを考える。

《ステップ2》 最悪のことを受け入れる
→この失敗は自分の経歴にとって大打撃で、失業の可能性もある。だが、そうなったとしても違う仕事はある。会社としてもこの損失を研究費として処理すればいい。最悪のことを想定し、受け入れれば、気持ちが楽になって安らぎを感じることができる。

《ステップ3》 最悪のことを改善する
→2万ドルの損失を減らす方法を考えたところ、さらに5千ドルかけて設備を追加すれば問題が解決できそうだった。その結果、1万ドルの損失を回避して1万5千ドルの利益を得ることができた。

 

 

不安なままでいたら何もできなかっただろう、とキャリア氏は振り返ります。不安でいることの最も悪い一面は、集中力が削がれてしまうことだ。最悪のことさえ受け入れてしまえば、もはや失うものは何もなく、問題に集中できる状態になります。

 

不安を素直に受け入れる事はとても難しいことですがこの3ステップを知っていれば必ずあなたの次のステップが見えてきます。(私もこの3ステップでいくつも乗り越えました)

 

まとめ

幸せなことに、私のクライアントさんは落ち込んでも自分の力でどうにか前に進もうとする勇気のある人たちばかりです。

 

時には私が勇気と力をもらうこともあります。あなたが神様がいるか信じているか分かりませんが、私はそのような頑張る人を神様は見捨てないと思います。

 

落ち込んだ時、逃げに逃げてなんとなく乗り越えたような気持ちになり実は乗り越えていなかったりすることも多いのですが、正面からぶつかり、乗り越えたときそれは自分自身の勇気になります。

 

そのような勇気を一つ一つ積み重ねていくことで起業家としての成長があるのだと思います。結局、スポ根的になりますが落ち込んだ時は歯をくいしばって次の行動するしかありません。

 

あなたはどう思いますか?

 

今回も最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 

 

■《無料》前に進みたい起業家のための個別相談受付中■
   ↓↓↓↓↓↓↓↓↓
https://blog.infowave-okinawa.com/2020

■新垣への質問、ブログの感想はこちらから■
https://ws.formzu.net/fgen/S84498067/

 

 

●ブログでは出せない秘密情報や優良案件をLINE@で提供しています。登録頂いた方に「集客方法30」という無料電子ブックプレゼントしています。下のボタンからご参加下さい♪

*必ずメッセージかスタンプを返して下さい♪

友だち追加数

 

 


ABOUTこの記事をかいた人

今年で起業して10年を迎えました。10年前に貯金ゼロ、人脈ゼロ、資格なしで起業しましたが現在全国にクライアントをもつまでになりました。流行りのノウハウに惑わされることなく基礎を固めながら10年続く足腰の強い本物のビジネスをしませんか?