【ひとり起業家必読】ビジネスで落ち込んだ時に効果がある方法


 

こんにちは。
10年続く起業家を育てるコンサルタント新垣覚です。
ビジネスは継続する事が大事です。
しっかりと基礎を固めながら10年続く足腰の強い本物のビジネスをしませんか?

私は「貯金ゼロ」「人脈ゼロ」「資格なし」の状態で起業して今年で10年目を迎え、全国にクライアント様をもつようになりました。まずは6か月かけて「自分の人生の大切なものを最優先して稼ぎ続ける起業家」に進化しませんか?

 

 

起業してビジネスをしていると、うまくいかないことが圧倒的に多いです。そんな時は正直、落ち込むこともあります。

 

今でも結構あるのですが、思いっきり思いを込めて開発した商品サービスが売れなかったり、予想よりもいまいち評判が悪いと「自分はまだお客さんの事を理解していないなぁ」と落ち込むことも多いです。以前ならその落ち込んだ時間がとても長かったのですが、最近は落ち込んだとしても1分位のものです。

 

別に私が打たれ強いとかそういうわけではありません。私なりに落ち込んだときの対処法を持ってると言うだけのことです。

 

あなたも自分なりの落ち込んだときの解消方法があると思いますが、今回は私の経験やクライアントさんの事例から覚えていて欲しいことをいくつか採り上げたいと思います。

 

あなたは悪くない

一番最初に、一番効果があることをまずお伝えしたいと思います。(笑)実はこれは最近知った概念なのですが、とても効果があり誰でも再現性があります。

 

 

それは「分人」と言う考え方です。これは、今学んでいる経営者のコミュニティーで教えてもらったことなのですが、最初は文字からして少しスピリチュアルなものなのかなと思っていました。でも実際は全然違うものでした。

 

これは芥川賞作家の平野啓一郎さんが書いた本に由来しています。その本は「私とは何か?個人から分人へ」という本です。

 

内容はと言うと、自分の中には様々な人格や考え方を持っているあなたの分身がいると言うことです。これだけ読むと多重人格者と同じ?と考えがちですが、そんなに難しいことではありません。

 

例えば田舎の中学の同級生と会っているときのあなたと、会社で仕事をしているときのあなたは同じあなたですが言葉も変わるし考え方も変わっているはずです。

 

また嫌なお客様と話をしているあなたと、恋人と甘い時を過ごしているあなたも考え方も言葉遣いも違いますが別人ではなく同じあなたのはずです。

 

平野啓一郎さんはそれを「分人」と捉えてどれも嘘でないそれぞれの本当の自分がいると言うような考え方で整理をしたのです。

 

私自身この考え方がとてもしっくりきて、例えばうまくいかなかった時に自分を責めたりがなくなりました。

 

人は失敗したりうまくいかないと自分自身全体を否定したりします。でもそれは自分の中のできなかった自分というもう一人の分人がいて、同時にその失敗を客観的に見ていて「次はどうしよう?」と修整を考えている自分もいるはずです。

 

ですから自身を全否定するのではなく分人として考えて理性的に処理できるというのがこの考え方の良いところです。

 

個人的ば経験から言うと私は保護司もしているので、やんちゃをしている子供たちにこの方法が使えるのでいいなと考えています。彼らはやりたいことをやって人に迷惑をかけていることもありますが、実際に話してみるとシャイだったり素直だったりする子が多いです。

 

ワルい奴とか、やんちゃで手がつけられない奴とひとくくりに見てしまいがちになりますが、分人と言う考え方で捉えるとそういうやんちゃをしている彼らとまた違う彼らが同時にいると考えればやんちゃをしている彼らの分人を少しずつ小さくしてあげることで、彼らを否定することなくサポートを考えることができるようになると思います。

 

少し話がそれましたがこの分人と言う考え方を持つと落ち込んだり悩んだりすることがほとんどなくなります。お勧めの方法です。

 

気分転換は逃げじゃない

クライアントさんと話していると時々ストイックな方に出会います。そのような方は例えば気分転換をしたりすることを悪と考えている人もいます。

 

でも、人間は24時間集中することなんてできません。ですからどうしても気分転換は必要になると思います。気分転換をできれば仕事もかなり効率的に進むことがわかっています。

 

 

ですから気分が乗らなかったり落ち込んだりふさぎ込んでいるときは、むしろ積極的に気分転換をすることをお勧めします。ただし私も経験があるのですが気分転換が過ぎると時間やお金を浪費する事もあるので注意が必要です。

 

私がオススメなのは体を動かすことです。自分の好きな体の動かし方で良いのですが、誰でもすぐにできるものとしてはやはり歩くことがお勧めです。

 

10分ぐらい歩くだけでも頭がすっきりしますし、それだけで落ち込んでいた気分も晴れやかになったりしますし、何より歩くことで血行が良くなり歩く前よりもスムーズに物事が考えられるようになります。

 

気分転換をする事は逃げではないと言うことを覚えていてほしいと思います。

 

自分なりのガス抜きの方法をもつ

先ほど気分転換で歩くことをお勧めしましたが、私は気分転換もある程度ルーティン化することをおすすめします。

 

特にひとり型の起業家は時間を有効に活用しなくてはいけません。ですから効率的に気分転換をすることで仕事に集中できるようになったりアイディアが出るようになったりするので戦略的に採り入れる方が良いと思います。

 

あなたなりの、いつどこでもできる気分転換方法をいくつかと言うことをおすすめします。そうすれば実際に気分転換が必要になった時にすぐに動けるようになります。私の例で行けば、気分が落ち込んだり頭がごちゃごちゃになったりしたらコーヒーを飲むようにしています。

 

コーヒーを飲むためにお湯を沸かしたりコーヒーを蒸したりするだけで10分ぐらいはかかるのですが、その間はコーヒーを入れることだけに集中できるのでかなり気分転換ができますし、コーヒーを飲むことで頭もちゃっきりします。ただコーヒーは1日2杯程度位で抑えないとお腹が痛くなるので、最近はコーヒーかルイボスティーでを飲むようにしています(笑)

 

他にははタイマーを10分に設定してYouTubeの動画を見たり、音楽を聴いたりして気分転換をするようにしています。あなたなりのガス抜きの方法をぜひ決めておいてください。

 

どうしても解消できない時は?

今までお伝えしてきたことでもどうしても落ち込んだり悩んだりしている気持ちを払拭できないこともあると思います。

 

その時は、思い切って2,3時間を気分転換の時間に充てると言うことも効果的です。例えば、映画を見たり、本を1冊読むなどしてガッツリと仕事から離れることをお勧めします。

 

 

大切なのは時間を無駄に使っているとか遊んでいるとは考えずに気分転換のために「時間を有効活用している」という意識を持つことが大切です。罪の意識があると折角の気分転換ができないばかりか、自分自身を責めることにもつながってしまうので思い切って時間を当てることが大事です。

 

いつの間にか惰性で映画を見ていたり本を読んでいるのとは違うので、しっかりと気分転換ができます。映画を見たり読書と言うのは私のオススメですが、2時間なり3時間なりと時間を決めて外出することもいいかもしれません。

 

とにかく無理に仕事を続けようと意固地になるとかえって非効率的になるのでしっかりと切り替えをすることが大事だと思います。

 

まとめ

今回は落ち込んだ時に思い出してほしい事ということで、気分転換の仕方や、考え方のコツをお伝えしました。

 

ますが繰り返しになりますが、「分人」と言う考え方はすぐにでも取り入れられる考え方ですので本当にオススメです。できれば一度本を買って読んでみることをおすすめします。新書なのであまり長くもないですしKindle版もあります。

 

落ち込んだりする時間をできるだけどんどんとビジネスを進めていきたいですね。

 

今回も最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 

【ラストチャンス起業家が広告や最新ノウハウを使用ずに売上を3,7倍にする方法】
   ↓↓↓↓↓↓↓↓↓
https://blog.infowave-okinawa.com/2020

■新垣への質問、ブログの感想はこちらから■
https://ws.formzu.net/fgen/S84498067/

 

 

●ブログでは出せない秘密情報や優良案件をLINE@で提供しています。登録頂いた方に「集客方法30」という無料電子ブックプレゼントしています。下のボタンからご参加下さい♪

*必ずメッセージかスタンプを返して下さい♪

友だち追加数

 

 

 


ABOUTこの記事をかいた人

10年続く起業家を育てるコンサルタント新垣覚

今年で起業して10年を迎えました。10年前に貯金ゼロ、人脈ゼロ、資格なしで起業しましたが現在全国にクライアントをもつまでになりました。流行りのノウハウに惑わされることなく基礎を固めながら10年続く足腰の強い本物のビジネスをしませんか?