起業家は質より量を重視することが必要


 

こんにちは。
10年続く起業家を育てるコンサルタント新垣覚です。
ビジネスは継続する事が大事です。
しっかりと基礎を固めながら10年続く足腰の強い本物のビジネスをしませんか?

 

私は「貯金ゼロ」「人脈ゼロ」「資格なし」の状態で起業し現在10年目を迎え、全国にクライアント様をもつようになりました。あなたもまずは6か月で「自分の人生の大切なものを最優先して稼ぎ続ける起業家」に進化しませんか?

 

起業してビジネスをすると質よりも量が大事だということがよく言われます。私も先輩起業家からそのことを教えられていて常に肝に命じてきました。

 

それまでの私は量こなすと言うことが全くできない人生でした。競泳をやっていた頃は練習量が多くてイヤになり辞めたし、一念発起して挑んだ資格試験も、膨大な量の勉強することができずに途中で断念しました。

 

ですから起業するにあたっては、絶対に他の人よりも圧倒的に量をこなそう!と決めて挑みました。

 

とにかく経験もスキルもない私でしたので、圧倒的に量をこなそうと決めたのはブログや情報発信です。それがなければビジネスが10年今の私の状態はなかったです。

 

その意味ではまずは質よりも量が大事だと言うことを経験していますので、私の考えている量や質について今回は詳しくお伝えしたいと思います。

 

なぜ量が必要になるのか?

スマートに物事を運ぼうとすれば、質を重視して量は二の次が良いと考えられるでしょう。でも私はそうは思いません。質を考える状態になるまでにはかなりの量をこなす必要があると思うからです。

 

スポーツでも同じように質か?量か?という話題が常にありますが、スポーツとビジネスが間違いなく違う部分としてビジネスは失敗が許されない後戻りのできないものと言うことがあると思います。ビジネスがうまくいかなければそれは即生活ができないと言うことにつながり本当に大変なことになってしまいます。

 

もちろんそれぐらいの意気込みでスポーツに取り組んでいる方もいると思いますが、ビジネスとスポーツでは明らかに違うと思います。

 

そしてビジネスにおいては誰もが初心者である期間があり、その初心者の期間でもある程度稼ぐことが必要になります。先行しているライバルや同業者が稼いでいる中、質だけを優先しても勝てないのは明白です。そのような意味でも特にビジネスで結果が出ていないうちは量を重視すると言う事は当然のことになると思います。

 

コンサルティングの中で、「どれくらいの量をやればいいですか?」と言う質問をよくいただきます。例えば情報発信の量や、セールスの量、リストの量、ブログ記事の量、商品サービスの量…

 

いろいろな量がありますが、私は「結果を早く出したいのであれば一つでも多く量をこなしてください」と言うことをお伝えしています。すると大抵の方が面食らった顔されるのですがどれぐらいやったらいいか?と言うことに答えはないと思います。

 

スポーツなどで考えるとわかりやすいのですが、トップアスリートの練習量は半端ではないです。それらの量こなしているからこそトップであり結果を出しているのです。ですから例えばビジネスで情報発信しとして毎日ブログを1記事更新してくださいと言うようなことをお伝えしたとしたら、逆に毎日ブログを1記事あげればいいのかと安心してしまう人もいます。でも可能であれば1日に何回も情報発信やブログを書けばいいし、何回でもセールスにつながる活動することが売り上げに直結します。

 

ですからどれぐらいの量をやればいいか?と言う事は「どのような結果をどれだけの時間で出したいか?」とご自身で逆算してみることをおすすめします。

 

自分の目標を10年で達成しようとするのであればそれほどの量は必要ないかもしれません。でもすでに起業して稼ぐために少しでも早く結果を出したいと言うので上じゃない量こなさない限り結果には近づけないと言う事は理解できると思います。

 

質は量をこなしてからしか生まれない

それでも質は大事だ!と言う意見の方ももちろんいると思います。お伝えしたように量と言う基礎の上に質は成り立ちます。

 

 

これもスポーツで考えるとよくわかるのですが、トップのプロゴルファーが理想のスイングを師匠に教えてもらいそのスイングを1、2回できたとして何もしなかったら間違いなくそのスイングは身に付きません。それこそ何時間も何時間も何日も何日もそのスイングを練習して身に付けることになります。

 

先に質があったとしても結局量が必要になるのです。そして量が質よりも大事になるもう一つの考え方として「量をこなさなければ質にも気づけない」と言うことがあります。

 

武術の達人は何気ない小さな動きを何十年もかけて反復練習して身に付けていきます。素人目から見ると変わらないように見えるのですが、その中には本人しかわからない量をこなしたからわかる質と言うものがあるそうです。

 

またそこまで精神的なところまで追求しなかったとしても、量をこなさない限りは元になるデータも取れないので、どのように有効に質を上げるかと言うこともわからなくなります。

 

量こなして自分なりの感覚や世界観などをしっかりと作っていった先に、それに見合う質を考えることができるようになります。このようにお伝えするととんでもなく遠い目標を目指しているように感じるかもしれませんが、早く質を高めるためにも、尋常ではない量をこなすことが質を高めることにつながるのです。

 

量と質は自然にバランスを取れるようになる

ビジネスもスポーツも習い事もみんな同じなのですが、ゴールが存在すると考えがちです。でも本当にゴールってあるのでしょうか?私はゴールはないと思います。やめない限りは。

 

量と質は自然にバランスが取れてくる日が必ず来ます。しかしそのバランスが取れた情愛は長くは続きません。成長している限りまた次のステージに向かっているからです。量と質が一時的にバランスがとれた時はそのフェーズの完成という事になります。

 

つまりゴールがないのであなたはさらに成長を続けます。そうするとまた量が必要になり量こなしていくうちにまた質も向上するそのような繰り返しになるのです。

 

 

武術の有段者などはまさしくそうだと思います。鍛錬は継続しつつも、体力に合った質の上げ方や、精神性などが歳を大事に必要になってきます。ビジネスもまさしく同じで、ずっと自分がプレイヤーとしてバタバタしているわけにはいきません。

 

起業家も一プレイヤーではなく経営者、資本家としての成長を遂げる道があります。ですから量と質のバランスが取れた時は1つの区切りがついた時点と考えた方が良いでしょう。またすぐに新たなスタートが始まるのです。

 

このことを最初に知っておけば、自分の成長に対して楽しめる余裕が出てくると思います。

 

ただ闇雲に量をこなすのは苦しいと言う事は私も理解できます。でもその先に量と質がバランスが取れた状態である程度自分のイメージ通りの形ができるという楽しみがあるのです。

 

まとめ

質より量が大事と言うことをお伝えすると、大抵の方は表情が曇ってしまいます。誰でも楽をしたいし、面倒な事はやりたくないでしょう。

 

でも成功者や結果を出してる傾斜を見ると量をこなすことに苦痛を感じている人はいません。むしろその苦痛があると言う事は不自然とすら捉えているように見えます。

 

それは量こなすことで質も向上しバランスが取れたときに自転車の両輪のごとく自分の成長やビジネスが進むことを何度も体験してるからだと思います。

 

結果を出せていない人はは量こなす事は苦痛でしかありません。それでも自分自身が迷ったらまずは質よりも量を選択することをお勧めします。

 

どれぐらいの量をこなすか?と言う一つの考え方に「普通の3倍まずこなしてみる」ということをメンターに教えてもらったことがあります。可能であれば5倍でも10倍でもやれば良いのですが普通に言うと倍までこなせる人は多いものです。

 

でも3倍こなすなるとできる人は本当に僅かになっていきます。その状態をキープできれば間違いなく頭一つ二つ飛び抜けることが可能になります。

 

私のメンターの1人は、「粗利で一千万円稼いでいないやつは、朝から晩まで働かなければ起業家としては務まらない」とすら言っています。

 

そのことを実際にそのような経験をしたからこそ今は成功者になっているわけで、正直、耳の痛い話ではありますが、でも現実ではこのような人たちが結果を出していると言うことを覚えていて下さい。

 

今日からあなたがまず質よりも量を向上できる事は何かあるでしょうか?それが一つでも増えることで、あなたのビジネスは大きく前進します。今回も最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 

毎月先着3名様 / 起業家のための特別無料個別相談】
   ↓↓↓↓↓↓↓↓↓
https://blog.infowave-okinawa.com/2020

■新垣への質問、ブログの感想はこちらから■
https://ws.formzu.net/fgen/S84498067/

●ブログでは出せない秘密情報や優良案件をLINE@で提供しています。登録頂いた方に「集客方法30」という無料電子ブックプレゼントしています。下のボタンからご参加下さい♪

*必ずメッセージかスタンプを返して下さい♪

友だち追加数

 

 


ABOUTこの記事をかいた人

10年続起業家を育てるコンサルタント新垣覚

今年で起業して10年を迎えました。10年前に貯金ゼロ、人脈ゼロ、資格なしで起業しましたが現在全国にクライアントをもつまでになりました。流行りのノウハウに惑わされることなく基礎を固めながら10年続く足腰の強い本物のビジネスをしませんか?