売上を上げる起業家になるために見直すべき4つのポイント【必読】


 

こんにちは。
10年続く起業家を育てるコンサルタント新垣覚です。
ビジネスは継続する事が大事です。
しっかりと基礎を固めながら10年続く足腰の強い本物のビジネスをしませんか?

私は「貯金ゼロ」「人脈ゼロ」「資格なし」の状態で起業して今年で10年目を迎え、全国にクライアント様をもつようになりました。まずは6か月かけて「自分の人生の大切なものを最優先して稼ぎ続ける起業家」に進化しませんか?

 

今回は稼げる起業家になるためにすぐに見直した方が良い4つのポイントについてお伝えします。

 

はじめに申し上げておくと今回挙げた4つのポイント全て私ができているわけではありません。しかし、幸せなことに私の周りには私よりもはるかに優れた経営者や起業家が多くいます。

 

その人の考え方や習慣を観察することで、反面教師として私に足りているものや足りていることに気づくことができました。

 

今回はそのような気づきや経験からお伝えできればいいなと思っています。けっして上から目線ではないので予めご了承ください。

 

時間を守る

時間を守るという事はあたりまえに思う人もいるかもしれませんがとても大事なことだと思います。小学生の子供に諭しているようにも見えますが、稼いでいる起業家は時間に対してとてもシビアです。

 

自分の時間に対してシビアなだけでなく、他人の時間に対しても同じくシビアです。ですから例えば打ち合わせの時間や、セミナーの時間などきちんと時間を守ることを徹底しています。

 

これは時間の大切さを知っているからこそ、自分の時間も他人の時間も同じように大切に扱うと言う考え方が根底にあります。

 

逆に時間を大切にできない人は、ビジネスでもそれほどの結果は出していないことが多いです。特に約束の時間を破ると言う事は、他人の時間を奪う事に等しく、他人からお金を奪い取っているのと同じことをしてると思います。

 

 

自分のことしか考えない人はそういう基本的なことにすら気づけず、平気で他人から時間もお金も奪うことをしてしまいます。

 

以前に数億円規模の売り上げの会社の経営者とお会いする機会をいただいたことがありますが、当たり前ですが時間に対してすごいシビアですし、他人の時間も尊重していると言う事が伝わりました。1日は24時間と等しいと言う事は誰でも知っていますが、それを実際に行動で表せる人はなかなか多くありません。

 

そのような意味でも時間を守ると言う事はとても重要な事と断言できます。ビジネスにおいては納期を守ると言うことにもつながります。

 

今までいろんな人と仕事をしてきましたが、納期を守れない人はやはりずぼらな方が多く、中には連絡が全く取れなくなる人もいました。こちらが困っていてもお構いなしでマイペースで一方的に連絡をしてくるという感じで仕事が本当にやりにくかったことを覚えています。

 

お互いビジネスとしてやっているので即レスポンスとまではいかなくても、遅れるなら事前に連絡をしてくれれば、こちらも調整できますしお互い嫌な気持ちもなく仕事ができると思うのですが・・

 

時間を守れない人は。そのような感覚がない人が多いです。ですから考え方として「納期は絶対に守る!もし守れないようだったら事前に連絡をして調整する」などと言う基本的なことからしっかりと守れるようになればおのずと時間も大切にできるし結果として約束を守ることになると思います。

 

先延ばしの癖を止める

これは先程の時間を守ると言うことにも通じますが、稼げていない起業家の多くが、いろんなことを先延ばしする癖があります。

 

そういう私もいろいろなことからを先延ばししてきました(恥)その中でも一番先延ばししてきたのは経理です。私はサラリーマンの時に全く経理や数字の事について学びませんでした。

 

給料が出ればある分を使うというようにちゃらんぽらんでした。そこから起業して形を始めるとお金の知識がないことや経理ができないことにとても悩みました。

 

予算もなかったのでまずは税理士に頼まず自分自身で記帳したり確定申告をすることから始めました。この辺はもう普通にできるようになったのですが、優れた起業家はきちんとお金の流れを管理してさらに無駄なところを削ると言うことを常にやっています。

 

 

私の周りの稼いでる起業家は月次で決算をしている人が多いです。それらをやってる方曰く、前月にやったことを反省せずに今月戦略や戦術を考えるなんてありえないと言うことでした。

 

確かに、確定申告と言う年に1回の決算だけでは数字の流れが見えないばかりではなく、下手をすれば大きな無駄にも気づけません。その価値を理解はしていましたが私は今まで月次の決算ができずにいました。

 

しかしご縁があって今、経営者のコミュニティーに入り、月次の決算ができるように色々と準備を始めています。以前は年が明けると確定申告の準備で大忙しでしたが、今では普通にその月で会計処理を終わっているので、全く慌てる事はありません。

 

後はしっかりと月次の決算を書類にすることを今は目標にしています。

 

先延ばしをすると結果的に1日の遅れは1ヶ月の遅れに匹敵する位損をすると思います。以前私がメンターからもらったこのような言葉をもらいました。

 

一日の遅れは一週間の遅れとなり
一週間の遅れは一ヵ月遅れとなり
一ヵ月遅れは一年の暮れになり
一年の遅れは一生の遅れになる

 

結局、物事を先延ばしすると言う事は自分自身のコントロールができていないということです。

 

いきなり全て自分のことをコントロールするのは難しいのですが、少しずつでいいので自分自身をコントロールすることで先延ばしする事は減ってくると思いますそのためには、しっかりとしたスケジュール管理やタスク管理が必要になると思います。

 

私の場合はメンターの西田光弘先生から教えてもらった「最強仕事術」のおかげでかなりの精度でできるようになりました。これは付箋を用いてタスク管理をする方法なのですが、そこまでは普通によくある方法ですが、西田先生の方法はさらにそこにいろいろな要素が入っているのでとても素晴らしいものです。機会があればあなたもぜひ触れてほしいと思います。

 

とにかく自分自身に先延ばしの癖があると思っている人は、まずは自分のすべきことを全て紙に書き出してそれを一つ一つ丹念にこなしていってみてください。

 

シンプルですがそれが一番良い方法と断言できます。

 

学ぶことを意識する

起業してビジネスをすると、サラリーマンの時以上に勉強することが必要になります。

 

勉強する事は自分自身への投資になり、自分自身にお金をかけないと言う事はだんだんとビジネスのスピードが落ちていくだけでなく、そのうちに全く動けなくなることもあります。

 

その意味でも学ぶことを常に意識する必要があると思います。今はインターネットが発達しているのでその気になればいろんなことをインターネット上や、YouTubeの動画で学ぶこともできます。

 

 

しかし、本を読むと言うことが最大の学びになるということは昔から変わらないと思います。逆に言うと本を読んでいないと言う事は学んでいないと言うことになるといえます。

 

私の周りの稼いでる起業家の全てがものすごい読書量ですし、またジャンルも本当に幅広いです。

 

先輩の起業家によく言われるのは「ビジネス書だけ読んでいてもだめだよ」と言うことです。ビジネスは考え方を総動員してやるものなんだよと言ってくれました。

 

確かに全くその通りだと思います。ビジネス書なんてほんとに限られたジャンルの中のさらに狭い一部分です。それを同じくビジネスをしている人が読んでいるわけですからだんだんと同じような考え方や、変化のないものになるのは明らかです。

 

私は先輩起業家から、歴史の本や科学の本を読むことをよく進められます。これもいまだにできずに先延ばししている私の悩みなのですが、今この記事を書きながらどの本を読むか紙に書いてしっかりとこなそうと考えています。

 

学ぶことを常に意識し、他人の話を聞いたり本を読んだり、セミナーに出て自身に投資することでどんどんと稼げる起業家になっていきます。

 

自分を信じる

稼げない起業家の多くが、自分に自信がありません。結果が出ていないから自信がないのかもしれませんが、そのような「卵が先か?鶏が先か?」と言うような議論は置いておいて、ときには根拠のない自信も絶対に必要だと思います。

 

「自分にはできる」と信じることでフットワークも軽くなりますし、失敗してもめげる事はありません。

 

あなたも感じたことがあると思いますが、自信を持っている人と話すだけで勇気やエネルギーがもらえますし、「この人にお願いしたい」と言う印象を与えます。

 

これはビジネスにおいてとても大事な要素だと思います。反対にいつもおどおどして自分に自信がなさそうな人には仮に良い実績があっても仕事を頼む気にはなかなか、なれないはずです。

 

必要性は感じていても、「どうしたら自分を信じることができるだろうか?」あなたはそのように感じるかもしれません。

 

私もどちらかと言うと自分に自信が持てないタイプの人間でした。でも小さなことをコツコツと積み上げる事でそれを克服することができました。

 

自信がない人の特徴としていきなり大きな成果を自分自身に期待していることがあります。まずは小さな成功体験を少しずつ積み重ねると言う意識がとても大事だと思います。

 

例えば、今月で30万円の売り上げを作らなければいけない時に、まずはセールスする人をリストアップできたこれだけでも行動しない人からすれば大きな成果だと思います。それを自分自身で「出来た事」と認めてあげて、同じように小さな小さなステップを積み重ねていけば、いずれそれはあなたにとっての当たり前になります。それがいつしか自信になるのです。

 

自己啓発などでいろいろ自分を信じるための方法論が溢れていますが、ビジネスにおいては「実践する事」が何よりの自信につながると思います。ですから小さな事でもいいのでとにかくあなたができたことを付箋に書いて貯めていってみてください。振り返れば数多くの付箋が貯まることであなたの自信を視覚化できます!お勧めの方法です。

 

まとめ

今回は稼ぐ起業家になるためにすぐに見直すべき4つのポイントと言うことでお伝えしました。

 

もちろんこれ以外にもいろいろな要素はありますが、「貯金ゼロ」「人脈ゼロ」「資格なし」の状態で起業した私から見るとこの4つのポイントが稼ぐためには必ず抑えなければいけないものだと思います。

 

私は40歳代に起業しました。起業家のスタートとしてはとても遅い方だと思います。だからこそあなたには絶対にできることだと確信を持って言えます。

 

今回はあなたの稼げる起業家になるためのきっかけになればとてもうれしいです。ぜひ一つでも多く実践してください!

 

今回も最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 

【ラストチャンス起業家が広告や最新ノウハウを使用ずに売上を3,7倍にする方法】
   ↓↓↓↓↓↓↓↓↓
https://blog.infowave-okinawa.com/2020

■新垣への質問、ブログの感想はこちらから■
https://ws.formzu.net/fgen/S84498067/

 

 

●ブログでは出せない秘密情報や優良案件をLINE@で提供しています。登録頂いた方に「集客方法30」という無料電子ブックプレゼントしています。下のボタンからご参加下さい♪

*必ずメッセージかスタンプを返して下さい♪

友だち追加数

 

 

 

 


ABOUTこの記事をかいた人

今年で起業して10年を迎えました。10年前に貯金ゼロ、人脈ゼロ、資格なしで起業しましたが現在全国にクライアントをもつまでになりました。流行りのノウハウに惑わされることなく基礎を固めながら10年続く足腰の強い本物のビジネスをしませんか?