ビジネスをして分かった信頼出来る人・できない人の見分け方


んにちは。
新垣覚です。

こうやって読んでいただき感謝しております。

あなたには信頼できる仲間はいますか?
あなたには信頼できるパートナーがいますか?
あなたには信頼できる友人がいますか?
あなたには信頼できる上司がいますか?
あなたには信頼できる部下がいますか?
あなたには信頼できるメンターがいますか?

何な大きな事を成し遂げようとする時、自分だけの力はあまりに非力です。

結果を出している人や成功者を見て分かるのは本当にうまく周りの人に力を借りている事です。

もちろん誰が誰でも良いという事ではありません。
本当に信頼できる仲間やパートナーなどが周りにいるんです。

あなたはいかがでしょう?
たくさんでなくていいです。信頼できる人が周りにいますか?

今回は信頼できる人の見分け方を私の苦い経験を元にお伝えしたいと思います。

時間を守る人

これは信頼できる人を見分ける時にシンプルで一番分かりやすい事です。

今までお付き合いやクライアント様やサラリーマンの頃のお客様など合わせると5000人以上の人に会ってきました。

その経験から言える事として時間にルーズな人で信頼できる人は一人もいませんでした。
本当にただの一人もいなかったです。

もちろん、時間の勘違いやトラブルで時間に遅れたりする人はいました。
でもその時でも信頼できる人は遅れる事が分かった時点で確実に遅延の連絡をします。

まぁ、そういう方は普段から遅刻などはしないので連絡する事はあたりまえなんでしょうね。

時間を守れない人は嘘をよくつきます。
遅れて謝る前に“いやー渋滞していてね~”というようなフレーズから入ります。

挙句の果てに“約束の時間を誤解してた”などと平気で言います。

嘘を簡単に口にする時点で信頼できないです。

残念ですが私は時間を守れない人は信頼できません。
逆に時間をしっかり守る人は信頼できると判断します。

嘘をつかない人

上記の時間を守る人で書いた事と重複しますが嘘をつかない人は信頼できます。
嘘をつく事に全く罪悪感が無い人にたまに出会いますが見事に無責任な事が多いです。

これは本気で忠告しますが嘘を日常的についている人ってお金の絡む関係になったら絶対にいけないですよ。

ビジネス、共同経営、プロジェクト・・・・
色んなお金に絡む場面がありますが関係はもたない事ですね。
絶対にあなたが損します。

だって嘘をつく事自体に罪悪感が無いわけです。
どこまでも責任をとるつもりなんて無いです。
お金なんて絡めば後はあなたが泣きをみる事になります。

嘘をつかない人は信頼できます。
裏表が無いわけですから。人間的に優れてますね。

行動がとにかく早い人

信頼できる人は考え方も行動もスピード感があります。
常日頃から行動を重視している人は自分に厳しいです。そして他人に優しいです。
行動するには常に先を読まなくてはいけません。ですから時間をムダにする事の無意味さを知っているんでしょうね。

反対に行動出来ない人は“口だけ大将”です。(苦笑)
もっともらしい事を言うだけは得意ですがまず行動しないです。
そして他人の事を評価ばっかりしています。自分は差し置いて。滑稽ですよね~。

誰にでも公平な態度の人

同僚にも先輩にも公平に接する事が出来る人は信頼できます。
特に公の場でハッキリしますね。
タクシーの運転手さんにやたら高圧的な態度をとったり、レストランのウェイトレスさんに命令口調で接する人がいます。

あれってほとんど無意識に人を見下しています。逆に自分よりも立場が上の人にはヘーコラしてきます。
誰にでも公平な態度の人は子供やお年寄りにも同じように接します。なかなか出来ない事ですよね。そこまでは。
そういう人は本当に気持ち良い空気感があります。周りの環境まで変えてしまうんですね。

人の話をきちんと聞ける人

自分の話よりも前にきちんと他人の話を聞ける人は信頼できます。
もう自分の話たい事が先走って人の話ている途中から割り込んでくる人がいるじゃないですか?
あれ、本当に残念ですよね?自分から価値を下げています。
人の話を聞けるというのは相手を尊重してあげるという人として大事な事を守れるという事です。
それだけで信頼できると思います。
あぁ、そういえばたまに話を聞いているそぶりをして全く全く聞いていない人もいるんでそんな時はその人の目を観察して下さい。
多分目が泳いでますので一発で分かります。

まとめ

以上が私の経験から信頼できる人を見分ける方法をお伝えしました。
この5つのうち一つでも該当しない人がいたら私は心の中で
“この人は信頼出来ないかも”と警戒します。

あまり人を悪く見たくはないですが結局振り回されるので判別する目をもっていても損は無いと思いますよ!


coconara

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です