上手くいっていない集客方法はすぐに捨てるべき!


 

こんにちは。
10年後も笑顔!の起業家を育てるコンサルタント新垣覚です。
ビジネスは継続する事が大事です。
しっかりと基礎を固めながら10年続く足腰の強い本物のビジネスをしませんか?

私は「貯金ゼロ」「人脈ゼロ」「資格なし」の状態で起業して今年で10年目を迎え、全国にクライアント様をもつようになりました。まずは6か月かけて「自分の人生の大切なものを最優先して稼ぎ続ける起業家」に進化しませんか?

 

今回は上手くいっていない客方法は捨てるべきという少し矛盾したような内容をお伝えします。

 

コンサルティングをしていると、どう考えてもその人にフィットしていない方法を延々と何年も繰り返している事によく遭遇します。

 

得意な事でさらに実績が出ているのであれば継続する方がいいのですがそうでない事が圧倒的に多いです。

 

今回はどのような考え方でブラッシュアップしていくか?お伝えしたいと思います。

 

 

ある英会話教室の集客方法

私がよく歩いている通りに、一件の古ぼけた英会話教室があります。かなり年配の男性がやっている教室なのですが、残念ながら生徒さんがいる気配はしません。

 

なぜ私がその英語教室に興味を持ったかと言うと、その英語教室の前にはその塾の男性の方のものと思われる、これまた古い軽自動車が停められています。

 

そしてその軽自動車には、おもむろに「自由にお取り下さい」とセロハンテープでアルファベットの単語が書かれたレジュメが貼られています。車の内側に貼られているのはならまだ良いのですが外側から貼ってあるので雨が降るとたちまち上がぐちゃぐちゃになりインクが字が見えなくなります。

 

しかし、不思議なことにその塾の男性はこの方法を飽きもせずに何度も何度も繰り返しているのです。おそらく、過去にこのレジュメを貼ることで少ない数ですが生徒さんが集まったのだと思います。

 

しかし、今現在そのレジメで生徒さんが来たような気配はありません。何せ、入るのが恐くなるほど真っ暗な教室なので。

 

この話が一体何につながるのだろうか?と疑問に思っているかもしれません。しかし、私たちは結構これに近いことをやっているのです。

 

この塾のレジュメみたいな事をあなたも延々とやってはいませんか?上手く行かないのに意地で続けている事はありませんか?

 

 

上手くいった時点で次を目指す

上手くいった集客方法は、何度も繰り返した方が良いというのはビジネスの鉄則です。しかし、ほとんどの人が、次の事まで考えていません。

 

上手くいった集客方法を、半ば自動的に繰り返しながら次の方法を探さなくてはあっという間にお客様がいなくなってしまうことがよくあります。

 

以前、新聞の無料広告欄に告知を出すと面白いようにお客さんが集まったことがありました。しかし今ではそのような方法をとっても前のような反応は得られません。

 

私も、この方法で随分と集客しましたがだんだんと反応が下がっていったのでこの方法に見切りをつけて次の方法をどんどん試していきました。もし、あの時あの方法に固執していたら今頃どうなっていただろうかと心配になることがあります。

 

特に集客において、上手くいった事は繰り返しつつ、次の方法を模索するという柔軟な姿勢はとても大切なことです。

 

もちろん、集客においては自分自身の「鉄板の方法」というものがある方が良いのですが、自分では「鉄板の方法」だと思っていてもそうでないことがよくあります。

 

ある例なのですがコンサルティングの中で、セミナーから集客するのが得意だと言う方がいました。参考までにこれまでどのような形で何セミナーから集客したのかということを確認していくと、3年間やったセミナーで集客できたのはたった2人ということでした。

 

本人にとっては、成功体験なのでこれを大切にして自分の「鉄板の集客方法」と勘違いしていたようです。

 

客観的に見れば全然集客できていないし、鉄板の方法とは思えません。私たちはこのような勘違いを本当によくしています。

 

ですから、マインドセットとして上手くいった時点で次のことを考えて次の集客方法を探す事はとても大切です。

 

 

成長曲線で考える

そうは言っても上手くいったことを捨てるという事はなかなか勇気が必要なのは私もわかります。しかしどんなものでも必ず成長曲線という概念が当てはまります。

 

導入期→成長期→成熟期→衰退期

 

この4つのフェーズで成長は進んでいきます。1つの考え方として、上手くいった方法がどのフェーズにあてはまるか?確認することも大切です。

 

もしまだ導入期の段階であればもう少し力を入れても良いはずですが、これが成長期を過ぎ。成熟期に入っているとすればそれはもう終わりが近いということです。

 

後ろ髪を引っ張られる思いがあると思いますが早く捨て去り、次の方法を考えるべきです。

 

もし自分がやろうとしている方法が成長どの部分に当たるかわからないときは、自分以外の多くの人がやっていることに注目すると良いと思います。

 

しかし難しいのは例外的な事もあるからです。数年前、猫も杓子もプロダクトローンチをしている頃がありました。今ではプロダクトローンチはそれほど以前のように目にすることはありません。

 

しかし、面白いのは今プロダクトローンチ成果を上げている人たちもいます。プロダクトローンチをやってる人が減ってしまったからです。

 

このように業界によっても違いはあると思いますが他の人がどのような方法をとっているか観察することですることで成長曲線とトレンドを理解することで集客方法を変えるタイミングを考える事ができます。

画像引用:成長哲学

 

ですから先程の例のように衰退期であっても、時にはうまくいくこともあります。しかしその場合は斬新なアイデアや切り口とプロモーションのためのお金が必要になることがほとんどです。

 

あなたらしく上手く集客できる方法を早く見つけることが大切になります。

 

 

次の集客チャンスを探すには

集客において次のチャンスを探すのはとても難しく感じている人が多いと思います。しかし意外と身近に参考になることがたくさんあります。

 

まず異業種を観察する事は絶対に必要です。異業種では、あなたの中ではあたりまえのものがまだ導入が遅れているものがたくさんあります。

 

未だに、FAXがフル活躍している業界もあれば、先端のネットテクノロジーを使う業界もあります。

 

私はそれらをサンプルするために、チラシを集めたり、街に出て異業種の集客方法を色々と観察したりしているのですが、本当に興味深いものばかりです。

 

さて、今あなたに「集客方法は何がありますか?」と問われれば一体いくつ答えられるでしょうか。

 

固くなった思考を捨てて街に出るとヒントがたくさんあります。

 

また他にも、日本だけではなく海外の方法を見ることも参考になります。よくアメリカで流行ったものが5年後10年後に日本に定着すると言われています。

 

実際に海外のサイトなどを見ているとまだ日本では見たこともないような方法で集客しているものをよく見かけます。

 

それと、これは少しハードルが高いかもしれませんが、アダルト業界も集客方法においてはかなり進んだ業界になります。

 

少し話は逸れますが、NTTが大きな利益を得ているのはどんなものからか?分かりますか。それはインターネットのサーバーです。

 

そしてサーバーでもアダルト業界へのサーバー提供が大きな利益になっているのを知らない人も多いです。それ位、先端の技術の入った業界なのです。

 

今普通に行われているカード決済等は10年以上前からアダルト業界では普通でしたし今でもまだ普通のビジネスではやっていない集客方法や、その他の新しいテクノロジーがてんこ盛りで入っています。

 

このようなものを見ているといかに自分の中だけで小さな枠で物事を捉えている事がいかに危険か?ということがよくわかります。

 

 

まとめ

上手くいった集客方法を捨てるというのはなかなか勇気が必要です。

 

だからといって、時代の先端ばかり追っていても効果を出す事は正直難しいです。矛盾しているようですが、すべてはあなたのお客様が鍵を握っています。

 

あなたのお客様がどのような形で提供すれば受けるか、喜ばれるか、買いやすいかと言うことを常に考えておくとどの方法がベストであるか?分かりやすいはずです。

 

繰り返しになりますが、街に出ればいろいろの集客方法がたくさんヒントとして目に入ります。ぜひ、マーケッター目線で観察してみて下さい。

 

今回も最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 

 

《無料》前に進みたい起業家のための個別相談受付中■
   ↓↓↓↓↓↓↓↓↓
https://blog.infowave-okinawa.com/2020

■新垣への質問、ブログの感想はこちらから■
https://ws.formzu.net/fgen/S84498067/

 

 

●ブログでは出せない秘密情報や優良案件をLINE@で提供しています。登録頂いた方に「集客方法30」という無料電子ブックプレゼントしています。下のボタンからご参加下さい♪

*必ずメッセージかスタンプを返して下さい♪

友だち追加数

 

 


ABOUTこの記事をかいた人

今年で起業して10年を迎えました。10年前に貯金ゼロ、人脈ゼロ、資格なしで起業しましたが現在全国にクライアントをもつまでになりました。流行りのノウハウに惑わされることなく基礎を固めながら10年続く足腰の強い本物のビジネスをしませんか?