起業家として自分を理解するためのヒント


 

こんにちは。
10年後も笑顔!の起業家を育てるコンサルタント新垣覚です。
ビジネスは継続する事が大事です。
しっかりと基礎を固めながら10年続く足腰の強い本物のビジネスをしませんか?

私は「貯金ゼロ」「人脈ゼロ」「資格なし」の状態で起業して今年で10年目を迎え、全国にクライアント様をもつようになりました。まずは6か月かけて「自分の人生の大切なものを最優先して稼ぎ続ける起業家」に進化しませんか?

最近、コンサルティングの中でその人の強みを発見するためのワークなどをやる事が多いのですが「自分の事は一番自分が知らない」というのは本当だと思います。

 

私から見ればとてもすごい経歴を持っているのにまるでその経歴が無意味のように取り扱っている人もいて、私としてはとてももったいないと感じています。

 

起業してビジネスをする上で一番お金を生み出すのはあなたが今まで経験したことや今、持っているスキルです。決して新しく付け加えるものでは無いのです。

 

そのベースになるのは「自分の強み」「経験」などもうすでにあなたの中に存在するものです。

 

自分を理解するという事は起業家にとってはビジネスの売り上げに直結します。

 

今回は自分を理解するためのヒントをいくつかお伝えしたいと思いますので楽しみにしてください。

 

 

自分のことを理解するのは難しいと知る

自分の強みなどを知るときに、よく今までの自分の人生の棚卸しをすることがあると思います。

 

もうすでに遠い記憶なのですが、大学を卒業して就職をする際にそのような棚卸しを嫌というほどやった記憶があります。

 

それがトラウマになりしばらくは自分の棚卸しが嫌になった時期もありました。

 

しかしコンサルタントとしていろいろなクライアント様と関わっていく中で自分を理解する事は本当にビジネスにとって大切なことであることを痛感しています。

 

 

ビジネスがうまくいっている人は自分の強みなどを自分でしっかりと理解しているのでそれを活用することが比較的簡単にできています

 

しかしそれができな人はビジネス自体がとても大変で売り上げ上げるのにも苦労しているのが見られます。

 

まず、前提として自分を理解すると言う事はとても難しいということを知っておくといいと思います。

 

そうすれば、常に自分のことを知るためのアンテナを張ります。実際、のほほんと暮らしていてもなかなか自分のことはわからないし自分を理解する事は程遠いと思います。

 

 

本当の自分を知るのは怖い

なぜ自分を理解するのがここまで難しいか?ということを考えたのですがその原因の1つとして「本当の自分を知るのが怖い」という心理があります。

 

私もそうなんですが、本当の自分は怠け者で臆病です。でもビジネスをしていく上でそれらのものは余計なものでビジネスの足を引っ張りかねません。

 

ですから自分を変えるためにブログやSNSで「勤勉で積極的であるべし」というような上から目線で情報発信をしていますがあれは全部自分に向けて書いているものです。(苦笑)

 

 

本当の自分と向き合うとこれから先やっていけないような不安や恐怖があります。しかしそのような見たくない自分を含めて自分自身と考える事はとても大切です。

 

物事には必ず二面性があります。ですから良い面もあれば悪い面もあると言うのは自然のことです。それを少しずつ改善していけばいいだけの話なので、必要以上に本当の自分を知る事に対しての今日は下ないほうがいいと思います。

 

 

自己肯定感が低い

自分を理解することが難しい原因の1つとして自己肯定感が低いことがあります。

 

日本人は総じて日本自己肯定が低いと言われていますがあなたはいかがでしょうか?

 

私も正直言って自己肯定感をそれほど高くありません。でも数年前までは自己肯定感と言うよりは自己否定感が強くて生きるのがとても苦しかったです。

 

自己肯定感を上げるという事は口で言うほど簡単ではありませんが、先程の見たくない自分を見ると言う事と共通するのですが、まるっと全てひっくるめて自分自身を愛してあげることが大切です。

 

なかなかそれができないから苦しんでいるんだよという声が聞こえそうですが、まずは自分を否定したり自分をいじめないと事はとても大切です。失敗が続いたりうまくいかないことがあるとついつい俺なんてとか私なんてとかと言うことで自分を否定しそうになりますがまずはそのように自分をいじめることを止めてみてください。

 

 

少しずつ少しずつあなたの自己肯定感が向上していくのを感じるはずです。これは私自身経験したことなのですが、自分を否定する言葉を使わない完全に封印すると言うことも効果的です。

 

人は言葉によって考え方が固定されていきます。即効性は無いのですが自分を否定するような言葉を絶対に口に出さないと決めてそれを続けてみてはいかがでしょうか?

 

自己肯定感を上げる方法は本屋さんに行けばいろいろなものが既に売っているのでそういったものを読んで学ぶことも大切かもしれません。

 

 

完璧主義

自分を理解するのが難しい原因の1つとして完璧主義が足を引っ張っていることが多いと感じています。

 

完璧主義というのはつまり自分のプライドが高いという事とほぼ同じだと思います。

 

プライドが高いのは決して悪くはないと思いますが、行き過ぎたプライドは、思考の柔軟性を邪魔しますし、何より行動力を落とします。

 

ビジネスにおいて行動力は大切な要素の一つですのでそれが機能しなくなるとビジネスが上手くなっていかなくなるのはある意味当然です。

 

完璧主義をなくすには、自分のイメージを少し下げることが必要になります。100点満点はなく30点満点を目指すと言うようなイメージです。

 

実際に、ビジネスの中で完璧主義でいくとうまくいく事はほとんどありません。

 

ビジネスモデルとして職人のようなビジネスをしている方はそれでも良いのですが、私たち起業家はほとんどの場合そのような職人のようなビジネスモデルではありません。

 

ですから30点満点でどんどんと行動しテストをして改善していくということの方が大切なのです。

 

完璧主義だと時間がかかるばかりでなくうまくいかなかったときのリバウンドがひどいことが多いです。そこから立ち直るとしてもさらに時間がかかるので本当にビジネスでは良くないといえます。

 

100点満点ではなく30点満点を目指してフットワークを軽くしていきましょう!

 

 

失敗を恐れている

自分を理解することが難しい原因の1つとして心のどこかで失敗をとても恐れているということがあります。

 

それは誰でも失敗をしたくありません。でも失敗は何をするにしても避けられないものです。

 

それを恐れていてはうまくいくものもうまくいきません。

 

 

これはあなたも知っていることだと思いますが発明王のエジソンは2万回失敗して白熱電球を発明しました。

 

ケンタッキーフライドチキンの創始者のカーネル・サンダースさんは自分のフランチャイズを売るのに1009回断られる続けたそうです。

 

もし失敗を恐れていたらエジソンもカーネル・サンダースも今、歴史に名を残していないはずです。逆に私たちは彼よりも凡人の私たちはもっと失敗を重ねていく必要があるのではないでしょうか?

 

そう考えると失敗することの怖さはほとんどないと思いませんか?失敗すればするほど成功に近づいているわけですから。

 

 

夢や目標がない

自分を理解することが難しい原因の1つに夢や目標がないもしくははっきりしていないということがあります。

 

人は夢や目標があれば自然とそこに向かうための準備や計画を始めます。

 

ぼんやりと旅行に行きたいなと考えていていても事は何も出ませんが、7月2日に東京へ行こうと計画をしだしたらそれに向かって自然といろいろなことが動き出すはずです。

 

自分を理解するということをそれに似ています。何のために自分を理解するのかと言えば、自分の夢や目標を達成するためです。

 

もし自分を理解することが苦手な人は狩りでもいいので夢や目標を設定することをお勧めします。その際にきちっと期限を決めると言う事はとても大切です。

 

もし間に合わなくてもまた期限を伸ばせばいいやという位まずは気が楽に設定をしてみるといいと思います。

 

色んな人と話してると夢や目標なんてないと言われる事が多くて驚きます。

 

夢や目標は絵空事ではなく自分の現実を動かすための原動力になるのでぜひしっかりと意識してほしいと思います。

 

 

とにかく他人の手を借りよう

これまでお伝えしてきた原因を一つ一つ克服していくと言う事は大切なのですが、時間がかかると思います。場合によっては克服できないこともあるかもしれません。

 

ですから自分を理解するためにはとにかくたくさんの人の手を借りることが大切です。

 

人は自分のことを理解できなくても他人のことを理解しています。

 

ですからいろんな人から自分の強みなどを恩恵として理解する事はスピードアップにつながります。

 

自分のことを聞くと言うのは照れると言う人もいますが自分のことを他人の目を通して理解すると言う事はとても大切なことです。

 

もし照れるのであっても、今度お返しとしてあなたがフィードバックをしてあげればその方も喜ぶと思います。

 

その際に一つオススメなのは自分よりも少し先を行っている人に協力してもらうことが効果的です。

 

特にビジネスにおいてはすでにあなたよりもビジネスの結果を出してる人に客観的に見てもらうという事はあなたの財産になります。

 

その際に自分にはこんな良い面があったのかとか自分にはこんな強みがあったのかと改めて気づくことになります。そのような気づきは自分一人ではなかなか得られないものなので積極的に他人の力を借りるようにしてください。

 

 

まとめ

自分への理解が浅いと他人への理解も中途半端になります。あくまでも自分がスタートなのです。

 

特に棚卸しや深堀はめんどくさいです。しかし何度も何度もこれらを繰り返すことで本当の自分の1部を理解することができるになります。

 

それらをしっかりとビジネスのリソースとしていけば売り上げアップに自然とつながります。

 

私たちは後付けのもので売り上げ上げるよりも既に持っているもので活用する方が売り上げが上がります。

 

ぜひ自分自身をどんどん理解していってほしいと思います。

 

今回も最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 

 

 

《無料》前に進みたい起業家のための個別相談受付中■
   ↓↓↓↓↓↓↓↓↓
https://blog.infowave-okinawa.com/2020

■新垣への質問、ブログの感想はこちらから■
https://ws.formzu.net/fgen/S84498067/

 

 

●ブログでは出せない秘密情報や優良案件をLINE@で提供しています。登録頂いた方に「集客方法30」という無料電子ブックプレゼントしています。下のボタンからご参加下さい♪

*必ずメッセージかスタンプを返して下さい♪

友だち追加数

 

 


ABOUTこの記事をかいた人

今年で起業して10年を迎えました。10年前に貯金ゼロ、人脈ゼロ、資格なしで起業しましたが現在全国にクライアントをもつまでになりました。流行りのノウハウに惑わされることなく基礎を固めながら10年続く足腰の強い本物のビジネスをしませんか?