起業してやる気を継続させる方法


 

こんにちは。
10年後も笑顔!の起業家を育てるコンサルタント新垣覚です。
ビジネスは継続する事が大事です。
しっかりと基礎を固めながら10年続く足腰の強い本物のビジネスをしませんか?

私は「貯金ゼロ」「人脈ゼロ」「資格なし」の状態で起業して今年で10年目を迎え、全国にクライアント様をもつようになりました。まずは6か月かけて「自分の人生の大切なものを最優先して稼ぎ続ける起業家」に進化しませんか?

 

起業してビジネスを継続していくにはいくつかの段階があります。まずはサラリーマンから起業をするという段階、次にサラリーマンを辞めて起業するという段階、そして起業してビジネスを続けていくという大まかに分けて3つの段階があります。

 

まだ起業していない人のほとんどは起業することをゴールにしてしまいますが本当はその先にもいくつも困難が待っています。

 

今回は授業して10年の私の経験からビジネスを継続していくためにやる気をどのように持ち続けるかという事についてお伝えしたいと思います。

 

短期目標を積み重ねていく

サラリーマンを辞めて起業してビジネスをスタートした頃のことを今でも鮮明に覚えています。

 

今日から会社に行かなくていいんだ!タイムカード押さないでいいんだ!という事実は本当にワクワクしました。

 

今となっては会社を辞めて起業すると言うことがゴールと勘違いしていたので本当に恥ずかしい思い出です。

 

サラリーマンから会社を辞めて起業するということがもしかしたら1番エネルギーを要するところかもしれません。ですから無意識に起業すること自体がゴールになっている可能性があります。

 

しかし起業した後にも目標を立ていただければなりません。ビジネスですから売り上げの目標などはもちろんあると思いますが、もっと短期的な目標を設定していく必要があります。

 

私も目標を設定する事は得意では無いのですが、少なくても週単位で達成するための目標を設定し「続ける」ことが大切です。

 

 

もちろん週単位の目標というのはその基本に月単位の目標などがあるのですが、起業したばかりだと1年後3年後という中長期的な目標だけを立てている人が多いと思います。

 

後は日々の流れに乗った目の前のことだけに忙殺されてしまうことが多いと思います。

 

その際に短期目標を立てるのにあたって売り上げを上げると言うことを第一目標にするのはもちろんですが、それ以外の短期的な目標を立てていくことが大切になります。

 

ビジネスは単純に間考えて種類の違う4つの分野があります。この4つの分野に関しては下記動画を参照下さい。

 

 

これらの4つの分野それぞれの短期目標を立てていくことが大切になります。もちろん言うまでもなくその中で大切なのは売り上げを上げていくことですが、売り上げを上げるための準備や、顧客フォロー、経理の朝とても大切なものです。

 

それらを一つ一つ短期目標を立てていくということが必要です。短期目標を着実に積み重ねていくことでそれはあなたの実績や自信につながります。

 

短期目標を立てずに大雑把にビジネスをすることだけは避けて下さい。

 

同じく起業している人の話を聞く

起業してビジネスをすると言う事は必ずしも皆同じ方法だとは限りません。

 

ある人にとっては正解でもある人にとっては不正解と言うこともあります。起業してビジネスをスタートさせたばかりだとそのことがあまりわからないことが多いです。

 

 

私がオススメなのは同じように起業している人の話を聞くということです。以前なら異業種交流会等があったと思いますが最近ではコロナの影響でなかなかそれも難しいです。

 

少し調べてみるとウェブ上でのいろいろな交流ができるので自分と同じような起業している人と話をしながら時には比較してみたり、時に教えてみたりすることで自分の立ち位置がだんだんと見えてきます。

 

また同じように起業してる人は同じ悩みや苦しみを持っていることが多いです。もしかしたらそれらもビジネスのヒントになるかもしれません。

 

また1番のメリットはやる気をなくしているときに同じような境遇にある人と話し合うことで自分が元気になるということです。

 

起業してやる気を継続させるためにぜひ同じく起業している人と話をしてみてください。

 

少しだけビジネスから離れてみる

起業してやる気を継続させるために、行き詰まったら少しだけビジネスから離れてみるのも良い手だと思います。

 

このようなことを言うとけしからんと言う人もいると思いますが、私たちは24時間365日集中することは不可能です。

 

似たような例で子育てがあります。よく育児に集中するあまり育児ノイローゼになる親御さんがいますが、子育ても時には離れてみることも大切です。

 

ビジネスも育児も長時間離れる事は難しいですが、例えば半日ビジネスのことを忘れて趣味に没頭してみるとか、運動してみるとかまたは映画を見るなどと完全にビジネスをするということも大切です。

 

人はどんな時でもうまく切り替えながら集中力を継続していきます。

 

ですからビジネスをしていてやる気をなくしたら自己嫌悪に陥ったりするのではなく物理的に少しだけビジネスから離れてみるということも大切です。

 

そうすることで今までとは違った視点が持てたりアイデアが出てくることもあります。決してその時間は無駄な時間ではありません。

 

積極的に自分のビジネスを進化させるための時間と捉えると気持ちも楽になると思います。

 

 

このように緊急ではないが重要なことをする時間は『7つの習慣』では第二領域の時間と言ってとても重要な時間と位置づけられています。

 

ぜひあなたのビジネスとあなたの進化のためにこの時間をうまく使ってください。

 

ビジネスを見える化する

起業してやる気を継続させるためには、自分が頑張ってきたことやってきた事を見える化するということも大切です。

 

一番良いのはブログをやると言う事ですが、書くのは苦手だったり目立つのが嫌と言う方も中にはいますのでそのような事は紙の日記でもいいと思います。

 

ビジネスでの二次的効果を考えるとFacebookページなどのSNSや、自社のホームページなどで自分のやってきたことなどを見える化することも大切です。

 

ノウハウ的なお話になりますが、どんなビジネスでもお客様の嬉しい声や感想等は集客効果や売り上げを上げるには有効です。

 

売ったらそれで終わりではなく自分のやってきた状態を第三者にもわかるように表現する事はとても大切です。

 

この辺は女性の起業家が見せるのがとてもうまいので参考になります。

 

また、自分のビジネスを見える化すると言う事は名刺やパンフレット等の紙の媒体でも共通していえます。

 

これらの紙の媒体はこれからも変わらず有効です。あなたはそれらを定期的にアップデートしていますか?

 

このように紙の媒体をアップデートしていく事を見える化の1つです。

 

自分のビジネスを見える化すると言う事はお客様に対してのアピールになるだけでなく、自分のビジネスに対しての理解度を深めるということにもなりますのであなたの為にもなります。

 

日々の仕事で時間がないのはわかりますがどうやれば新しいビジネスの見える化ができるかということもぜひ意識してみてください。

 

このようにビジネスを見える化しておくとビジネスに対して少し疲れたり悩みがあるときにあなたを勇気づけたり元気付けてくれますのでその時によっては良かったと痛感するはずです。

 

まとめ

健康的なダイエットが、小さな生活習慣の積み重ねと同じように、起業してやる気を継続してビジネスを続けていくという事は、小さな習慣や仕組みの繰り返しです。

 

それを意識して構築していけば良いのですが、ほとんどの人は全くやらないかあるいはたまたま偶然にやっているかというような中途半端な状態です。

 

私の周りの起業してビジネスで結果を出している人はやる気を継続するための様々な工夫をしています。

 

そのような工夫が自分自身のご褒美になっていたりするのでますますビジネスに対してやる気が出ていくという良い循環に入っている人が多いです。

 

今回お伝えしたのは私の経験から起業してやる気を継続するための方法でしたが、ぜひあなたの方法も教えてほしいと思います!

 

今回も最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 

 

《無料》前に進みたい起業家のための個別相談受付中■
   ↓↓↓↓↓↓↓↓↓
https://blog.infowave-okinawa.com/2020

■新垣への質問、ブログの感想はこちらから■
https://ws.formzu.net/fgen/S84498067/

 

 

●ブログでは出せない秘密情報や優良案件をLINE@で提供しています。登録頂いた方に「集客方法30」という無料電子ブックプレゼントしています。下のボタンからご参加下さい♪

*必ずメッセージかスタンプを返して下さい♪

友だち追加数

 

 


ABOUTこの記事をかいた人

今年で起業して10年を迎えました。10年前に貯金ゼロ、人脈ゼロ、資格なしで起業しましたが現在全国にクライアントをもつまでになりました。流行りのノウハウに惑わされることなく基礎を固めながら10年続く足腰の強い本物のビジネスをしませんか?