真面目にビジネスをしている人こそ成功する社会にしたい!


 

こんにちは。
地方にいても10年後も笑顔!の起業家を育てるコンサルタント新垣覚です。
ビジネスは継続する事が大事です。
しっかりと基礎を固めながら10年続く足腰の強い本物のビジネスをしませんか?

私は「貯金ゼロ」「人脈ゼロ」「資格なし」の状態で起業して今年で10年目を迎え、全国にクライアント様をもつようになりました。まずは6か月かけて「自分の人生の大切なものを最優先して稼ぎ続ける起業家」に進化しませんか?

 

起業して10年、ビジネスの世界にいてわかったのはビジネスの世界は決して綺麗なところではないということです。

表から見えない汚い部分もあるし、何よりも自分も含めて人間のドロドロした部分が垣間見える世界でもあります。

 

しかしそんな一面があってもビジネスは誰かの役に立ったり誰かを助けたり誰かを喜ばすことにつながります。

 

だからこそビジネスは止められも止められないものだし素晴らしいものだと思います。

 

しかしビジネスの世界では真面目な人はあまり得をしているとは思えません。

 

どちらかと言うとずる賢いクレバーな人が生き残れる世界という側面があります。

 

今回は真面目にビジネスをしている人こそ成功する社会にしたい!という思いを込めてお伝えしたいと思います。

 

私の中の悪

どんな人でも必ず自分の中にドロドロした黒い部分を持っています。ほとんどの場合それを押し殺したり無視しても生活できるのですが、ビジネスの場合はそう上手くいかないことも多いです。

 

つまりビジネスはボランティアではなく儲けを出さないという命題があるからです。

 

儲けるにあたって誰かを犠牲にしてでも儲ける方法もあれば、win winで儲けていく方法もあります。

 

しかしいざお金が絡むと人は自分の利益を優先しがちです。そしてそのようなエゴに理由をつけて自分自身で騙すことも多いです。

 

よく「詐欺師は善人の顔をして近寄ってくる」という表現もありますが本人は悪気がないと思います。

 

そこがビジネスの難しいところでありまた注意しなければいけないところでもあります。

 

自分自身のことで言えば私は自分の中の悪を放し飼いにしていた頃がありました。

 

あまりにもお金がなかったためにとにかく儲かることを優先させて仕事をしたことがあります。その時には人を傷つけたり信頼を失ったこともありました。

 

自分の中の悪に薄々気づいていたのですがそれでも何かと理由をつけて自分の中の悪を押し殺していました。

 

もしもあなたがそのような経験がなければ幸いですが、もし自分の中の悪をビジネスの中で見つけたときその悪の芽は早く摘むようにしてください。

 

私のように辛い思いはして欲しくないと思います。

 

自分の儲けしか考えない人

自分の中の悪を放し飼いにしたとき私は自分の儲けしか考えていませんでした。

 

でも、ビジネスではそのように考えている人は私以外にもたくさんいます。むしろビジネスではそれが大多数を占めているかもしれません。

 

私が自分の儲けだけにこだわってビジネスをしていた頃、不思議なことに同じように自分のことだけしか考えていない人が私の周りには次々と集まってきました。

 

今考えると恐ろしいほどですがその時は偶然だろうとか大して気にも留めなかったです。

 

しかし同じような自分さえ良ければいいという悪の波動がある人は次々と同じような人を集めます。

 

体験から言うと良い波動の人を集めるよりも悪い波動が人が集まるのはスピードが速いと思います。

 

それだけ悪のエネルギーはパワーがあるのだと思います。

 

自分の儲けしか考えないような状態になるとそれまで自分の周りにいた良い人もどんどんと離れていってしまいます。

 

そしてそのように一度失なった信用と言うものは二度と元には戻れないので本当に注意が必要です。

 

私も自分勝手なビジネスをしていた時に失った人間関係は今でも戻っていません。悔やんでも悔やみ切れないことの1つです。

 

そのような自分のエゴに気づいたときそして痛い思いをして私は真面目にビジネスをしていこうと決心しました。

 

三歩進んで二歩下がる

人を騙したり嘘をつけばビジネスのスピードは確かに速くなります。しかし、真面目にビジネスをしていればそのような事はありません。

 

歌にあるように「三歩進んで二歩下がる」そのような感じでゆっくりゆっくりと成長していきます。

 

 

そして真面目にビジネスをしているとある日、加速度的に成長のスピードが上がります。逆に人を騙したり嘘をついたり真面目にビジネスをしていない人は最初はスピード感があるのですがドンドンとスピードが鈍くなり最後は墜落してしまいます。

 

一時の利益に目を奪われてはいけないという事を意味していると同時に真面目にしっかりビジネスをするという事はとても価値のある事といえます。

 

「三歩進んで二歩下がる」という事は必ず失敗や壁にぶち当たると言うことです。それでもめげずに真面目にビジネスを取り組んでしっかりと成長を続けていくからこそ10年20年とビジネスが続けられると思います。

 

よく人を騙してビジネスをする人が報道される事はありますが同じようなことを手を変え品を変え飽きもせずそのような事を続けていきます。

 

私はそのような人間には決してなりたくないと思うし、あなたもきっとそう考えるでしょう。

 

でもやはり失敗したり壁に当たるとがっかりしてしまいます。でもそんな時こそ今日お伝えしたことを思い出してほしいのです。

 

3歩進んで2歩下がっている状態と言う事は自分は真面目にビジネスができているという一つの証だといえます。

 

ですから少し大げさに言えば失敗や壁にぶち当たったときには喜んでもいいと思います。

 

あなたにしかできないことがある

真面目にビジネスをしている人の特徴として他人を大切にしていることがあると思います。他人を大切にしているからこそ傷つけたくないとか迷惑をかけたくないという理由が先走り自分のビジネスの成長をストップをかけることもあります。

 

“だからスピードを上げろ”とか“そのようなマインドブロックを外せ”とは私は言いません。そのような人でもしっかりと稼ぎ成長していくような社会であって欲しいと思います。

 

でもそれは決して夢物語ではないと思います。新型コロナの流行から私たちはあらためて人の心の大切さや人と人の関係の大切さを再認識しました。

そして時代は「土の時代」から「風の時代」になったとも言われています。私たちの意識しないところで地球に住む人たちの意識が変化していることを感じます。

 

その中で私たち一人ひとりに課せられた使命があると思います。その使命を真面目にしっかりと少しずつこなしていけば社会もどんどん良い方向に変わると確信しています。

 

逆にあなたにしかできないことをあなたが避けたり、無視をするとビジネスがうまくいかないだけでなく何となく生きづらい状態になってしまうと思います。ですから心をいつも自分向きにして自分の考えていることや思いを大切にしてほしいと思います。

 

一緒に進みませんか?

私には心が悪の時代もありましたがその反省から私は真面目なビジネスをしている人こそが成功する社会にしたいと思います。

 

でもそれは一人の力でできるものではありません。同じ思いを持つ人たちが協力し合い影響しあうことで可能になると思います。

 

実際、今私の周りのビジネスの仲間は本当に志が高く心が清らかな人ばかりです。

 

そんな人たちが周りにいるからこそ私も、もっと成長しようと自分の生き方を正すことができています。

 

もしあなたが今日お伝えしたような内容に賛同してくれるならぜひ一緒に進んでみませんか?

 

お互い協力したり励ましたりすることができると思います。

 

コミュニティーを作ろうとか大きなことを考えていません。一人より二人。二人より三人の方が楽しいしやりがいもあると感じているのです。

 

一緒に進んでみませんか?

 

まとめ

今回このような自分の想いの記事を書いたのには理由があります。

 

本当に真面目にビジネスをしていた私の知り合いがあるきっかけからどん底に落ちてしまいました。

 

その話を聞いたとき私は絶対に信じられませんでした。そして真面目に一生懸命にビジネスをしている人がこそ成功する社会にしたいと強く思いました。

 

まるで「戦争のない世界を想像してごらん」といったジョン レノンのようですが私は戦争のない世界よりも実現が可能だと本気で考えています。

 

あなたはどう思いますか?もし感想や意見があればぜひお聞かせください。

 

今回も最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 

 

《無料》前に進みたい起業家のための個別相談受付中■
   ↓↓↓↓↓↓↓↓↓
https://ws.formzu.net/fgen/S81878295/

■新垣への質問、ブログの感想はこちらから■
https://ws.formzu.net/fgen/S84498067/

 

 

●ブログでは出せない秘密情報や優良案件をLINE@で提供しています。登録頂いた方に「集客方法30」という無料電子ブックプレゼントしています。下のボタンからご参加下さい♪

*必ずメッセージかスタンプを返して下さい♪

友だち追加数

 

 


ABOUTこの記事をかいた人

今年で起業して10年を迎えました。10年前に貯金ゼロ、人脈ゼロ、資格なしで起業しましたが現在全国にクライアントをもつまでになりました。流行りのノウハウに惑わされることなく基礎を固めながら10年続く足腰の強い本物のビジネスをしませんか?