起業家向け「お金を出せば入るの法則」は本当なのか?


 

こんにちは。
サラリーマン時代よりも稼げていない凡人起業家のためのコンサルタント新垣覚です。

もしもあなたが、家族もビジネスも大事にして稼ぎ続ける起業家になる事に興味があるのなら、今回の記事はきっと役に立つ事をお約束します。

「貯金ゼロ」「人脈ゼロ」「資格なし」の状態で起業し現在9年目を迎え、全国にクライアント様をもつようになりました。あなたも6か月で「自分の人生の大切なものを最優先して稼ぎ続ける起業家」に進化しませんか?

 

あなたは「お金が入ってくるにはそれ以上に出さなくてはいけない」という話を聞いた事はありますでしょうか?

 

サラリーマン時代には知らなかったことなのですが、起業するとこの言葉を本当によく聞くようになります。起業してビジネスを始めると自分の収入は自分で決めることになります。サラリーマンの昇給はとても大変ですが、起業してビジネスをすると売り上げを上げて自分の取り分を多くするという事はそれほど難しいことではありません。

 

ですから、もっと多くお金を稼ぐにはどうしたら良いだろうか?と考えたときにこのような法則に出会うのだと思います。起業してはじめの頃はこの言葉の意味が全く理解できませんでした。とにかくお金を使わずに食べることばかり考えていたからです。

 

起業当初はビジネスがうまくいかずに生活に困窮していたのでそれはしょうがなかったかもしれません。しかしビジネスが軌道に乗り始めてもっとビジネスを良くしようとしたときに、この「お金を出したら入ってくる」の法則はとても大きな意味を持つことがわかりました。

 

今回は起業家向けに「お金を出せば入る」の法則は本当か?と言うことを私の経験や周り結果からお伝えしたいと思います。

 

本当に出すだけでいいのか?

まず最初に、あなたはお金を出せば入ると言うことを実践した事はありますでしょうか?

 

 

特に起業してビジネスをしている方ならば、一度はこのことを考えたことがあると思います。例えば自分のビジネスをさらにブラッシュアップするために高額なセミナーに出たり、コンサルタントに依頼するにかなり勇気が必要な金額を出すときにこの言葉を考えると思います。

 

そして、踏ん切りがつかない時にこの「お金を出せば入ってくる」という言葉を思い出し、決断したという経験を持つ方も多いと思います。

 

実際どうだったでしょうか?私自身の経験から言うと、このようにブラッシュアップのために捻出した出したお金は後で計算すると確かにそれ以上の形で入ってきました。私の場合はほとんどが自分への投資で学びだったために、直接ビジネスに関係するのが原因だったかもしれません。

 

正直、かなりの額のお金を今まで出してきました。でもそのお金を出さなければ今頃私はビジネスが続いていなかったと思います。その意味では「お金を出せば入ってくる」法則は間違いなく本当だと思います。

 

でも、一方でそれを実感できない人もいると思います。それはお金を出すところが間違っていたのだと思います。例えば、ビジネス関係の高額の塾やセミナー、コンサルタントに依頼したときに自分が出した以上にお金が入ってきたという経験がある人と全く逆の人がいます。そういう場合は、お金を出す相手を間違えていたのです。

 

実際に私の周りでとても有名な起業家の方の光学塾に入ったにもかかわらずお金だけ使って何も残らず借金だけを抱えている人もいます。しかし一方で結果を出している人もいます。この違いは何なのでしょうか?単純にそれは「その時の自分に合っていたか?合っていなかったか?」ということになると思います。

 

例えばすごくわかりやすい例で言うと、お金をとにかく儲けたいという一心で、ある高額塾に参加したとします。自分自身のビジネスの準備や、マインドセットなどまだその塾のレベルに追いついていない時にそのような塾に入っても結果を出せるのは一部の人だけです。

 

おそらく1割から2割の人が結果を出せるかもしれませんが8割は結果を出す事は絶対にないと思います。

 

ですから、お金を出す時にも「本当に今、出していいのか?」「自分にとって今これが本当に必要なのか?」ということを考えなくてはいけないと思います。

 

その際に、自分自身の心の状況やビジネスの状況を整理する必要があります。見直しが必要で、商品サービスが曖昧な時には、まずそこの整理をするのが先決です。会計面で、お金がだだ漏れの場合はまずはそれを止めるのが先決です。

 

このように自分のビジネスに本当に今必要なのは何か?この順番が狂ったときにお金を出しても結果が出ず入ってこないと言う状況になります。

 

他にも「お金を出せば入ってくる」という法則を信じて、自分の楽しみを買う人もいます。旅行に行ったり、高級なものを買ったりということで自分の心の穴を埋めようとする時です。

 

確かにお金を使っていますが、それは自分自身への投資ではなくモノへの投資です。確かに旅行などは自分の心が潤うかもしれませんが、やはり自分への投資と比べると劣ると思います。

 

ですから全く入ってこないとは言いませんが、自分への投資のように結果が出るとは考えにくいです。モノに投資するのではなく、自分自身に投資することが1番効率的だと言うことを覚えていて下さい。

 

人間関係と似ている

私がお金を出せば入ってくる法則を信じたのは理由があります。それは人間関係でも全く同じだったからです。

 

サラリーマン時代私は人間関係に苦しみました。どうにかしてその状況を変えたくてもがき苦しみましたが、結果として自分以外の相手を変える事は不可能でした。

 

そこで自分自身が変わるしかないということに気づき、それを実践したところどんどん現実が変わっていったのを体験しました。

 

 

このブログでもよく書くのですが、お金がなくて私が金の亡者になっていた頃、私は共同経営者に裏切られ多額の借金を背負うことになりました。

 

借金を背負うことが確定した瞬間に、これは自分が招いたものだと気づきました。それまで薄々感じてはいたのですが、心の中で踏ん切りがつきませんでした。でも現実に大きな借金が目の前に来たときにはっきりとこれは自分が原因だということがわかったのです。

 

そしてそれを受け入れた瞬間から、違う意味での現実がどんどんと変化しました。本来なら私から借金取る立場の人が、私の味方になってくれたりメンターを含めていろんな協力者が次々と出てきてくれました。

 

おかげで私は今でもこうしてビジネスを続けられています。もし、あの時この借金は〇〇さんが悪い!と言うように相手のせいにしていたら事態はどんどん悪化していったと思います。

 

下手したら自分の命もなかったかもしれません。相手を変えるにはまず自分を変える。今ではこれは宇宙の法則というか疑う余地のないものと考えています。

 

お金を出したら入ると言うこともこれに似ていると思います。いくらお金が欲しくてもお金が欲しい!お金が欲しいと!自分が動かなければ入ってくる事はないでしょう。

 

周りの人を見ていても、お金をため込んで使っていない人はビジネスがうまく回っていないように見えます。もちろんビジネスにも攻めと守りがあるのでお金を貯めることは大事ですが、たまったお金の何%かを自分への投資に当てないと、ビジネスはうまく回りません。

 

社会が変動しているように、自分自身の成長も常に必要な時代です。家の中で閉じこもっている人はなかなか自分の求めている動きを出せないのと同じように、ビジネスでもお金を出すことがビジネスの変化をつけるきっかけになる事は間違いないと思います。

 

じっとしているのはだめ

先ほどもお伝えしましたが、とにかく「お金を出さないこと」に集中してじっとしてるだけではビジネスはうまく回りません。

 

なぜなら、その状態は常にその状態は常に相手のアクションを待っている状態だからです。大起業なら話は別かもしれませんが私たちのような1人型の個人事業起業家は、自分からアクションすることが不可欠です。そうしなければ見つけてもらうこともできないし、そもそも存在を知ってもらうことができません。

 

 

よく「お金とお金の交換はエネルギーの交換と同じ」と言われる事があります。たしかに一理あるなと思います。じっとしておくという事は「動きがない」ということでそこでエネルギーの動きも無いと言うことです。

 

乾電池を思い出すと良いのですが、新品の乾電池も使わずにずっと置いておくとどんどんどんどん電気が減っていきます。どんなに優れた人でも、じっとしているだけでは乾電池の電池のようにエネルギーがどんどん下がってくるはずです。

 

ときには引きこもってエネルギーを貯めたい時期もありますが、私たち起業家は常にエネルギーを出していなくてはいけないと思います。

 

それが相手に影響与えることになり認知につながるからです。このような視点で考えるとエネルギーの交換をする必要があると思います。

 

もちろんビジネスで商品サービスを得ることでお金を交換しエネルギーを交換するということも大前提ですが、今回お伝えしているようにお客様ではなく自分に投資する意味でお金を出すと言う事はエネルギーをチャージするにはとても必要なことになります。

 

出す額はどんどん増えるから

今まで決断してお金を出したことを思い出してみると、だんだんその額が増えていることがわかりました。もちろんビジネスがうまくいっていってきてそのような投資するのにも余裕が若干出てきたこともあると思いますが、その都度その都度ベストのタイミングでお金を投資しなければいけない状況が目の前に現れます。

 

そして、その目の前に現れたものに対して決断してお金を払ったときやはり大きくステップアップできました。いつまでこのような自分への投資が続くのだろうか?思う方もいるかもしれません。でも今お伝えしたようにどんどんどんどん自分への投資額が私は増えていますが、周りのめちゃくちゃ成功している起業家を見ると、さらにその何倍何十倍も自分に投資していることがわかります。

 

このことから言えるのはこのような自分への投資に終わりはないと言うことです。お金を出すのは怖いし、本当に効果があるのか?見返りはあるのか?などと疑心暗鬼になることもあると思います。でも、原理原則でお金は出すからこそさらに入ってくるという循環を信じて決断するしかないと思います。

 

ここで私が今までの経験で気づいたことなのですが「お金は出すとなくなる」と思っている人が多いです。でも今回お伝えしたように違う形で帰ってきます。ですからお金を出すとどんどんゼロに近づくのではなく出すごとにどんどん増えていると言うようなイメージが大事だと思います。

 

まとめ

今回はお金を出すことでさらに入ってくると言う事について半信半疑の人も多いと思います。

 

先ほど、お金を出せば入るの法則は人間関係にも似ているとお伝えしましたが、断捨離にも非常によく似ていると思います。断捨離は逆に捨てることから始めるのですが、捨てるという事は自分から積極的に行動することに他なりません。

 

捨てて余分なスペースができるところにまた違う有益なものが入ってきます。これとお金を出せば入るという法則はかなり似ていると思います。

 

お金を出すことでスペースができそのスペースを埋めるためにさらなる価値のあるものが返ってくるのです。

 

お金を出すのは怖いですが、安心してドーンと構えて、返ってくるものを楽しんで待てばいいと思います。

 

この法則をうまく自分で使えるようになると、ビジネスの結果を出すスピードがかなり変わると思いますので、今お金を使うことに迷いがある人は、ぜひ思い切って決断してみるといいと思います。

 

くれぐれも今回お伝えしたようにそのお金を出すことが本当に今自分にという事はしっかり考えて行動してください。

 

あなたのビジネスがさらなる成長を遂げることをお祈りしています。今回も最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 

【凡人起業家のための特別無料個別相談】
   ↓↓↓↓↓↓↓↓↓
https://blog.infowave-okinawa.com/2020

■新垣への質問、ブログの感想はこちらから■
https://ws.formzu.net/fgen/S84498067/

 

 

●ブログでは出せない秘密情報や優良案件をLINE@で提供しています。登録頂いた方に「集客方法30」という無料電子ブックプレゼントしています。下のボタンからご参加下さい♪

*必ずメッセージかスタンプを返して下さい♪

友だち追加数

 


ABOUTこの記事をかいた人

凡人起業家のための夢実現コンサルタント新垣覚

自身が「貯金ゼロ」「人脈ゼロ」「資格なし」で起業したが今は全国にクライアントをもつコンサルタントに成り上がった経験から凡人起業家を「お客様から選ばれ稼ぎ続ける起業家」に変える事がミッション。