苦労は買ってでもしろ!は本当??


 

こんにちは。
サラリーマン時代よりも稼げていない凡人起業家のためのコンサルタント新垣覚です。

もしもあなたが、家族もビジネスも大事にして稼ぎ続ける起業家になる事に興味があるのなら、今回の記事はきっと役に立つ事をお約束します。

「貯金ゼロ」「人脈ゼロ」「資格なし」の状態で起業し現在9年目を迎え、全国にクライアント様をもつようになりました。あなたも6か月で「自分の人生の大切なものを最優先して稼ぎ続ける起業家」に進化しませんか?

 

あなたは今、苦労していますか?それとも苦労とは無縁でしょうか?色んな状態があると思いますが、今回は昔から「苦労は買ってでもしろ!」と言われているのは本当か?ということについてお伝えしたいと思っています。

 

苦労を正しく理解してあなたのエネルギーに変えてもらえると嬉しいです!

 

子どもの頃から言われ続けている

あなたは子供の頃からよく「苦労は買ってでもしろと言われた経験はありませんか?」

 

私はしょっちゅう親から言われていました。「楽をするな」「頑張れ」「苦労を嫌うのは怠け者」「苦労しなきゃ成功しない」「苦労しなきゃ得られないことがある」そんなことを言われ続けてきました。

 

確かに苦労すれば得るものが大きいことはわかります。でもそれだと全然楽しくないと思うのです。

 

私は子どもの頃に両親が水泳が体にいいんじゃないかということで私をスイミングスクールに入れてくれました。

 

当時私は鼻があまり良くなくて中耳炎になったりで、しょっちゅう耳鼻咽喉科に通っていました。

 

ですから水泳は楽しそうだから通いだしたと言うよりは、健康のために通いだしたと言うのがスタートです。

 

最初の頃は水遊びみたいで面白かった水泳も、水泳が上手くなるに従い選手クラスに上がると、だんだんとつまらなくなってきました。

 

泳いでも楽しくないし、辛いことばかり・・・私は水泳をしているのがとても嫌でした。小学校4年生から水泳を始めたのですが、中学に上がる頃はすっかり水泳が嫌いになっていました。

 

代わって水泳に変わって興味を持ったのは音楽でした。中学に上がって友達になった子がこのお兄ちゃんがバンドをやっていて私もその子に誘われてバンドを組むようになりました。

 

本当は、ギターをやりたかったのですがその友達がギターをすると言ったので、私は何をしたらいいのか考えましたが、その子がベースというパートがあるよ!という事で地味なベースを始めました。

 

ベースを親にねだって買ってもらい、弾き始めましたが練習はギターとくらべてそれほど楽しいものではありませんでした。

 

でもバンドで合わせるという目標があるので、つまらない練習も、かなり身が入ったのを今でも覚えています。

 

その時に感じた事。それは水泳はどこか「やらされていた」ので嫌だったのだけれども、ベースは自分から始めたくて始めたので全然苦労には感じなかったということです。

 

このことは、ビジネスにも同じように言えるのではないか?と思うのです。

 

あなたのビジネスは楽しいかい?

ビジネスは最初の頃は例えばサラリーマン生活が嫌だからとか自己実現だとかいろんな理由で憧れです。

 

でも毎日大変なことや苦労ばかりだとだんだん嫌になってしまういます。

 

 

コンサルタントとしていろんなクライアントさんを見てきましたが、毎日がとても楽しいと言う人はほとんどおらず、日々のビジネスに苦労したり集客に苦労したりとみんな悩みが絶えないので楽しめないのです。

 

さらに、ほとんどの人が「失敗の耐性」が低いです。一度の失敗でくじけたり、諦めたりする人が多いです。ビジネスでは上手くいくより上手くいかない事が多いです。

 

こうなると、おそらくビジネスが上手くいってないうちは全てが苦労に感じると思います。でも逆に少しでも上手くいき出すとそれが楽しみに変わります。それまでに力尽きてしまう人も少なくはありません。

 

おそらく、私も水泳で成績優秀だったら楽しかったかもしれません。でも私は遅かったのでそんな成功体験がなかったのでますます練習が嫌になっていました。

 

不思議なことに、ビジネスも上手くいき出すとそれまで苦労だったものが急に変わります。この状態になればもう苦労を苦労と思わなくなるはずです。やっている事は同じなのになぜここまで違うのでしょうか?

 

もうお気づきになったかもしれないですがあなたが「前のめりになってため楽しめる状態」になった時、苦労は苦労でなくなります。

 

逆に後ろ向きで自分事でないうちは何をしても楽しくないはずです。

 

このようなことから、苦労は買ってでもしろと言うのは一部おかしいところがあると思います。

 

それがあなたが前のめりでチャレンジしている事なら買って買うべきですが、もしそうでないのであれば買っても意味のないものだと思います。

 

ビジネスを楽しくするために始める事

今のあなたのビジネスを少し落ち着いて考えてみてください。あなたは今ビジネスが楽しいでしょうか?それとも苦しかったりつまらなかったり感じているでしょうか?

 

もし楽しければ幸いですが、もし逆で楽しさが無いのであれば何かを変える必要があります。

 

その変えるものは何かという事ですが、私は先程お伝えしたような「小さな成功や成果をまず積めるようにする」ということです。

 

ほとんどの人がいきなり大きな成果や結果を出そうと焦ってしまいます。でもそれは逆効果で焦ってもしょうがないことなのです。

 

今あなたが、ビジネスを楽しくするために積み上げられる小さな成功や成果はどんなものでしょうか?

 

例えば「お客様に電話をしてみる」「商品サービスの企画をしてみる」「今まで買ってくれたお客さんに感謝の手紙を書いてみる」すぐに取り組める事に着手するだけでも私は小さな成果や結果だと思います。

 

副産物として、焦っているとついつい新規のお客様ばかり追いかけてしまいがちになりますが、例えばこんな小さなことを繰り返し積み上げていくことでだんだんとあなたへのお客様の評価が変わるはずです。

 

あなたの売り上げはあなたのお客様がしか実現してくれません。ですから言い換えれば小さな成功や結果と言うのは、お客様の方向を向いてお客様に寄り添うと言うことが1番です。

 

「お客様のために頑張る」という事も人によってはモチベーションになると思います。でもそれをメインにすると場合によっては逆にエネルギーを奪われるので注意も必要です。「まずは自分のために頑張る」という状態がオススメです♪

 

まとめ

「苦労は買ってでもしろと」言う言葉は古くから言われていますが特にビジネスにおいてはいらないと思います。

 

そのためにはあなた自身が楽しめる工夫をすることも大事ですが、それだと目先のことになってしまいがちです。

 

短期的長期的中期的な目標を立てていく中で着実にその目的に近づいていると言うような感覚を出たら毎日が楽しくなると思います。

 

ダイエットで今月で5キロ痩せると決めて、体重が1キロ1キロ減っていく状態を想像してみてください。

 

食べるのを少なくするのは苦しいかもしれないけれどでもむしろ体重が減っていくことの心地よさの方が上回るはずです。

 

ビジネスに楽しめるそんな状態をあなたたちに見つけてほしいと思います。このような状況になった時、「苦労は買ってでもしろ」という言葉が活きると思います!

 

今回も最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 

【凡人起業家のための特別無料個別相談】
   ↓↓↓↓↓↓↓↓↓
https://blog.infowave-okinawa.com/2020

■新垣への質問、ブログの感想はこちらから■
https://ws.formzu.net/fgen/S84498067/

 

 

●ブログでは出せない秘密情報や優良案件をLINE@で提供しています。登録頂いた方に「集客方法30」という無料電子ブックプレゼントしています。下のボタンからご参加下さい♪

*必ずメッセージかスタンプを返して下さい♪

友だち追加数

 


ABOUTこの記事をかいた人

凡人起業家のための夢実現コンサルタント新垣覚

自身が「貯金ゼロ」「人脈ゼロ」「資格なし」で起業したが今は全国にクライアントをもつコンサルタントに成り上がった経験から凡人起業家を「お客様から選ばれ稼ぎ続ける起業家」に変える事がミッション。