リモートワークテレワークで気をつけること【ひとり起業家向け】


 

こんにちは。
10年後も笑顔!の起業家を育てるコンサルタント新垣覚です。
ビジネスは継続する事が大事です。
しっかりと基礎を固めながら10年続く足腰の強い本物のビジネスをしませんか?

私は「貯金ゼロ」「人脈ゼロ」「資格なし」の状態で起業して今年で10年目を迎え、全国にクライアント様をもつようになりました。まずは6か月かけて「自分の人生の大切なものを最優先して稼ぎ続ける起業家」に進化しませんか?

 

新型コロナの流行によりこれまでと違うビジネススタイルを余儀なくされている人も多いと思います。私の周りにも、集客に関しては実際に会っていろいろ話をしてクロージングをした上で商品サービスを販売する人が多くいました。

 

しかし、そのようにある種、対面を想定しているビジネスモデルの人は今までとは同じような形でビジネスを進めることができなくて悩んでいる方も多いと思います。

 

しかし新型コロナの流行から1年が過ぎオンラインやその他の方法で事態を打開する人も増えてきました。特にオンラインでビジネスを構築している人は多いのではないでしょうか?

 

しかし自分のオフィスを持たずに自宅で仕事をしている人はこのような仕事の形態になるといろいろ気をつけないといけないことが多いです。

 

私は起業して10年になりますが当初から、自宅をオフィスにしていてさらにオンラインでビジネスを構築してきました。

 

ですから、現在のコロナ禍に先駆けて色んな失敗を繰り返しました。しかし今はその失敗が全て新型コロナの時代に対応できるものになっているのでそのポイントを今回をお伝えしたいと思います。

 

リアルと同じ時間で働く

どうしても自宅では家族がいるので仕事ができないなどの理由によりレンタルオフィスなどを借りている人もいるかもしれません。しかしほとんどの人が自宅で仕事をしているのではないでしょうか?

新型コロナの流行になってから私の周りの起業家も、今まで借りていたオフィスを手放して自宅で仕事をするようになったり、それこそ賃料の安い田舎に引っ越してオフィスを構えた人もいました。

 

 

特に自宅で仕事をするには注意が必要だと思います。それは時間です。オフィスで仕事をするときは少なくても、いつ出勤するとか移動するとかと言う時間の決まりが多少なりともあったと思います。

 

しかし自宅で仕事をするとなるとそれらが無い事が多いです。少し状況は違いますが、私がサラリーマンから起業して起業家としてのスタートを始めた頃、出勤時間がないことに本当に感動しました(笑)

 

目覚めたらすぐにデスクに向かい仕事ができる!と信じられない位感動したのを今でも覚えています。

 

しかしこのような便利さは諸刃の剣でもあります。いつしか、仕事を自分のペースやタイミングでしがちになるのです。ですから、今自宅で仕事をスタートしている人は、オフィスにいた時よりも時間の管理をしっかりしないといけないです。自分のタイミングではなく「時間で動く」これは絶対にはずしてはいけない大切なポイントですので覚えていて下さい。

 

休憩時間をしっかり取る

先ほどお伝えした自分のタイミングではなく時間で働くことにも共通するのですが、自宅以外で仕事をしているときは、意識をしなくてもある種一定の緊張状態が続いています。

 

しかし自宅ではそのような緊張感があまりないように感じることがあります。しかし、私の経験から言うと自宅で仕事をしていると、ついつい仕事をしすぎてしまうと言う傾向が多いことに気づきました。

 

仕事に集中出来るならそれはいいじゃないかと言う人もいるかもしれませんが、人間が集中できる時間というのは限られています。ダラダラと仕事をしていると、仕事はしてるのだけど効率がかなり悪かったり、良い仕事になっていないことも多いです。

 

 

そんな状態を避けるには、しっかりと休憩時間を決めて取り組むすることが大事です。自分の集中できる時間と言うものは人によって違うと思いますが、仕事時間を50分から60分程度にして10分休みあるいは5分休みと言う感じで効率的だと思います。

 

またきっちり時間ちょうどにスタートしてタイミングを狂わせないと言うことも有効かもしれません。

 

私の場合は、あまり頭を使わなくても良い作業的な仕事の場合は時刻を見て例えば9時ちょうどから9時50分までと言うような形で仕事をしたりします。もし創作的な仕事をするときはできるだけ早く集中することが必要になるので、ポモドーロタイマーを使ったりしています。

 

ポモドーロテクニックについては『起業家はもはや「集中出来ません」は禁句です』という記事で詳しく書いているのでぜひ読んでみてください。これは急速に集中力を高めたい時や、早蔵的な仕事をする際には有効です。

 

しっかりと意識して休憩を取る事を覚えていて下さい。

 

スケジュールをきっちりと決める

今、お伝えした休憩時間を確保することにつながるのですが、しっかりと仕事のスケジュールを決めておかないと、自宅でリモートワークやテレワークをしていると思いついた仕事ばかりやってしまうと言うことにつながりやすいです。

 

そもそも起業してビジネスをしているのでスケジュールを決めていると言う事は当たり前かもしれませんが、意外にも大雑把にしかスケジュールを決めていない人が多いです。

 

そのためには、1つの仕事の所要時間も把握しておくことが大切です。スケジュールを立てるときに自分がやるべきことを決めると同時に時間見積もりをしていれば、仕事は足りているいるのか?足りていないのか?と言うこともすぐにわかります。

 

 

このスケジュール立てる上での時間の把握と言うのはきっちりやっていくとボディーブローのように効いてきますので、ぜひ自分の一つ一つの時間を把握してみてください。そして時間の把握をしたら、仕事に偏りがないかということもチェックしてみると良いでしょう。

 

スケジュールを立てる上で、セールス的な仕事をしてるのつながらないバックヤード的な仕事をしてるのか?と言うことを意識して足りてないところを増やすと言うだけでも売り上げに随分と影響があります。

 

この辺も詳しくは『【期間限定公開動画】コロナ時代に売上を上げるセルフチェック方法』という記事に書きましたのでぜひ読んでみてください。あなたの生産性や売り上げが一変すると思います。

 

スケジュールの把握はパソコンやスマホを使う人もいれば手帳で管理すると言う人もいますが、個人的には上手することをお勧めします。

 

私は手帳とオンライン上のソフトで把握していますが、基本的なものは手帳ですることがメインになっています。

 

紙に書くことで記憶の定着もできますし、文字を書いているときにいろいろな判断をすることができるので、やはりパソコンやスマホなどでやるよりは効果があると感じています。

 

しかしこの辺はそれぞれ好みがあると思いますので自分に合うものですすめてください。

 

プライベートをごっちゃにしない

リモートワークやテレワークで自宅で仕事をしているとプライベートなことがごちゃごちゃになることがよくあります。

 

私の場合だと、家で汚れているところがあったら掃除がしたくなったり、洗濯をしたくなったりしますが、先ほどお伝えしたようにきちんと時間を決めてやる気にこのようなプライベートはごっちゃにしないように気をつけています。

 

個人的には、眠気やダラダラすることもプライベートを持ち込んでいることに入ると思います。人前で居眠りしたりダラダラする起業家はいないと思います。

 

しかしながら自宅でテレワークやリモートワークをしているとついつい緊張感が緩んで居眠りしたりしてしまいます。

 

仕事の時間は仕事の時間ときっちりと線引きをしてごっちゃにしないと言う事はとても大切なことだと思います。

 

家事をする時間は別にきちんと加工してしっかりと仕事に集中するということが必要です。

 

これは私の経験からなのですが、ついついテレビを見たりYouTubeを見たりそういうこともプライベートごっちゃにしてる自宅で仕事をしているときはそのような娯楽的な誘惑は絶対にしないと決めてください。

 

私はYouTubeやテレビをつけるのは自分の中ではすべての仕事が終わった後かもしくは夜7時以降と決めています。

 

そうまでしないと人間は楽な方に流されてしまうので結局ものすごい時間を浪費していたと言うことにもつながりかねませんので注意が必要です。

 

仕事の結果を見える化しよう

これもちょっとしたことなのですが、リモートワークやテレワークで自宅で仕事をしている場合は、特に1日でやった仕事を見える化することが大切です。

 

私はスケジュール管理でやるべき仕事を全て、ひとつひとつ付箋に落としています。そしてその終わった仕事の付箋を全て仕事済みのファイルに保管しています。

 

 

先ほどお伝えしたように1つの仕事に時間見積もりをしてあるのでそれを合計すれば仕事をした時間も把握できますし、後で反省したり分析することができるので便利です。

 

そこまで細かくできないと言う人は、少なくても1日のタスクをにチェックボックスをつけて1個1個チェックをするなどすることも良いと思います。

 

とにかく1日でやった仕事の結果を見える化することで、反省点を自分で探し出せるのでお勧めです。

 

まとめ

今回は起業して10年、自宅で仕事をしてテレワークリモートワークを続け行ってきた私の経験から大切だと思うことをお伝えしました。

 

新型コロナがある程度収束しても、このようなリモートワークやテレワークの流れは大幅には変わらないと思います。

 

結局最終的には時間管理や仕事管理と言う仕事術的なところに行き着くのですが、今回の新型コロナの影響で初めて、リモートワークテレワークで自宅で仕事をしている人も多いと思います。

 

そのような人のために少しでも参考になれば嬉しいです。

 

今回も最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 

 

 

■《無料》個別相談受付中■
   ↓↓↓↓↓↓↓↓↓
https://blog.infowave-okinawa.com/2020

■新垣への質問、ブログの感想はこちらから■
https://ws.formzu.net/fgen/S84498067/

 

 

●ブログでは出せない秘密情報や優良案件をLINE@で提供しています。登録頂いた方に「集客方法30」という無料電子ブックプレゼントしています。下のボタンからご参加下さい♪

*必ずメッセージかスタンプを返して下さい♪

友だち追加数

 

 

 


ABOUTこの記事をかいた人

10年続く起業家を育てるコンサルタント新垣覚

今年で起業して10年を迎えました。10年前に貯金ゼロ、人脈ゼロ、資格なしで起業しましたが現在全国にクライアントをもつまでになりました。流行りのノウハウに惑わされることなく基礎を固めながら10年続く足腰の強い本物のビジネスをしませんか?