お客様は搾取の対象ではない!


 

んにちは。
新垣覚です。

 

起業を目指して、もがいていた頃に
私のメンターが書いた本に書いてあった事です。

 

 

「商賣(しょうばい)は賣の文字通り買ったものに
十パーセントを加算して売り利益を得る事だ」

 

私は起業当初から

 

・在庫をもたない
・粗利率が8割以上
・経費をあまり必要としない
・仕入れが必要ない

スタイルのビジネスを目指していたので

 

 

「商賣(しょうばい)は賣の文字通り買ったものに
十パーセントを加算して売り利益を得る事だ」
という事は無視していたというかほとんど考えていませんでした。

 

 

 

でも最近この言葉が身にしみて感じるようになりました。

 

 

お客様の支払った10分の1しか利益は無いのです。

 

abstract-1342498_640

帳簿上の話ではないですよ。
マインド的なものです。

 

 

お客様からすれば本当に価値のあるものを提供して
満足していただきその中の10%が本当に利益の価値なんです。

 

 

そう考えればお客様から価値以上のものを受け取る事は
出来ない事が分かります。

 

 

10000円の商品・サービスがあればお客様が
少なく見ても10000円の価値を感じてもらえなければ
失格という事なんですね。

 

 

どうすれ粗利を向上できるか?
みたいな視点で商品・サービスを開発していた時期もありました。

 

 

そういう場合はまず値段ありきの考えなんですね。
そうするとお客様の意識と差が出てきます。

 

 

 

どの位の価値をお客様に提供できるだろう?

 

 

という位置からスタートして考えれば
誤った考えをしなくて済みます。

 

 

 

利益はお客様からしかいただけません。
搾取の対象ではなく慈しむべきです。
そんな初心に返る事が出来てとても幸せな気持ちです。

 

あなたはいかがですか?

 

 

 

 

もしお悩みでしたら一緒に考えてみましょう!
アドバイスしますよ (^_^) 相談は無料です。
お問い合わせ/集客無料相談はこちらから

 

 

●ラインでも無料相談承っています。下のボタンから追加下さい♪

友だち追加数

ABOUTこの記事をかいた人

凡人起業家のための夢実現コンサルタント新垣覚

自身が「貯金ゼロ」「人脈ゼロ」「資格なし」で起業したが今は全国にクライアントをもつコンサルタントに成り上がった経験から凡人起業家を「お客様から選ばれ稼ぎ続ける起業家」に変える事がミッション。