今年はミュージャンの訃報が多い気がします


んにちは。
新垣覚です。

こうやって読んでいただき感謝いたします。

2016年は多くのミュージシャンが亡くなったように思います。

1月にデビッド・ボウイが亡くなったのは超驚きでしたが
今となっては悲しい年のスタートでした。

同じ1月にイーグルスのグレン・フライが亡くなり

3月にはELPのキーズエマーソンが亡くなり

極めつけは4月にプリンスが亡くなりました。

そして先日はELPのグレッグレイクが亡くなりました。

個人的に好きなミュージャンだという事もありますが
こんなに多くのミュージャンが亡くなる年ってあるのかな?
と思っているとこんな記事がありました。

2016年、もうたくさんだ」。あるいはもっと下品な表現で、人々は繰り返し、しかも定期的に、2016年を罵倒している。では、有名人の訃報がこうして続く現象は、今後普通のことになっていくのだろうか。

こうしたことに詳しいはずのBBC訃報担当編集長ニック・サーペルによると、答えは「イエス」だ。

有名人の訃報の数は今年に入って、「とてつもなく」増えているとニックは言う。

基本的な数字を見ると、はっきりと上昇傾向にあるのが分かる。有名人の死亡が確認されるとBBCのテレビ、ラジオ、オンラインに流れる訃報を用意するのが、ニックの仕事だ。

ニックが用意してBBCの各媒体が使う訃報の数は、近年かなり増えてきた。

参照英語記事 Why so many celebrities have died in 2016

やはり多いんですね。
今年は・・・・。

SNSなどが普通になり今までは雑誌や新聞などでしか
その訃報を知れなかったのが今はリアルタイムで情報が
世界を駆け巡るので余計にセンセーショナルに感じるのかも。

光り輝く作品と共に彼らの功績は永遠に語り続がれるでしょう。
ご冥福をお祈りしたいと思います。


coconara

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です