どうやったらサラリーマンを辞め起業できますか?


んにちは。
新垣覚です。

こうやって読んでいただきありがとうございます。

濃度100%まったく純粋なサラリーマン的な思考をしていた10年ほど前に

神田昌典さんの
「非常識な成功法則」を読み、いきなり起業モードに切り替わった過去があります。

想いだけが高まり、どう行動していいかも分からず、仮に行動してもゴールどころかスタート地点すら見えない毎日。

すでに起業している人や経営者の方に事あるたびに質問していた事が

「どうやったらサラリーマンを辞め起業できますか?」
という、今考えたらかなりイタイ質問でした。

・まずは食っていけるスキルを身につけなさい
・副業してみたら
・資格をとりなさい
・メンターにつきなさい
・まず情報発信してみたら?

色んなアドバイスをもらいましたが
ほとんどの方が共通して言っていたのが

「決断する事だよ」
というものでした。

決断??
もう決断しているけどな・・

自分の中では全く腑に落ちないアドバイスでした。

でも今なら激しく納得する言葉です。
起業して生き延びていくためには日々、決断の連続です。

その決断のタイミングを誤ればビジネスはピンチになりますし
その決断が強くハッキリしたものならビジネスの結果につながります。

ここまで読んでもまだピンとこない方もいらっしゃるはずです。

決断の意味自体が分からないかもしれないですね。

決断とは起こる事すべてをハッキリと
“自分事”としてとらえられるか?という事です。

良い事は誰でも自分事にしますが
苦しい事や失敗も自分事に出来るか?
この姿勢の違いが決断の重さの違いです。

はじめに書いたように
あれっ?オレ決断しているけどなぁ??
程度だと間違いなく自分事になんてとらえていません。

『原因と結果の法則』
という考え方があります。

何か原因があるからこそ結果が起きるのです。

種をまいたから花が咲く
勉強しなかったから落第する
たくさん走ったからガソリンが減る
男女が愛しあったから子供が生まれる
食べすぎたから眠くなる
たくさん酒を飲んだから酔っ払う
節制したから貯金が貯まる
            etc・・・

『原因と結果の法則』とは自然の法則であり宇宙の法則であるのです。
つまり原理原則。物事の定理なのです。

すべてを自分事としてとらえられる、責任をもつという事が原因です。
これが出来てはじめて結果として起業やビジネスが成功するのです。

起業を考えていた頃に
“どうしたら起業出来ますか?”
という質問に
「決断する事だよ」
と答えてくれた先輩方の真意を今とことん味わっています。

起業してから日々、決断の連続です。

人の悩みを解決する今の仕事をしてからハッキリ分かる事はこの決断を他人に委ねたりあるいは自分の責任を回避しようとすれば必ずしっぺ返しが来るという事です。

もっとシンプルで言えば“依存する”という事。

そう!
起業前に決断できなかったのは依存していた状態だったのです。

会社だったり、メンターだったり、家族だったり、仲間に・・・

だから今、何かに、誰かに依存していないか?
自分自身を観察する事は本当に大事です。

もし、心あたりがあればそこから変えていかなきゃいけないです。

そうしなければいつまでも本当の決断は出来ませんので。

もし起業やビジネスの決断が出来なけばお声掛け下さい。

メール:mail@zen-ryoku.com


coconara

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です