ストイックより緩い方がビジネスの結果を出しやすい!


こんにちは。
地方にいても月収60万円実現コンサルタントの新垣覚です。

ビジネスで成功している人ってどんなイメージですか?

自分に厳しくストイックでToDoリストをきっちり毎日こなしている・・・

そんなイメージではありませんか?

 

ストイックでなければ成功できないのか?

たしかに私が親交のある成功している起業家の中には、まさしくそのような方もいます。

仕事もストイックだし、プライベートもストイック、いつもビシッ!としています。

実際に、そのような方の毎日の仕事ぶりを教えてもらう機会が何回もありましたが、分単位、時間単位でやるべき事が決まっていました。

その凄まじい量の仕事を淡々とこなしていました。涼しい顔をして。まるでターミネーターのように。

でも、一方で「この人、ずいぶん緩いなぁ」という成功している起業家の方も中にはいます。

何が緩いか?というとスケジュール管理もそんなに厳しくないし、着ているものもラフだし、金遣いも結構ラフ(苦笑)

でも、ビジネスでの結果はバッチリ出しているし、お付き合いしていても人間味があります。

両極端なこのような成功している起業家を見ているとどれが正解か?正直わからなくなる事もあります。

 

ある研究から

米・コロンビア大学の心理学者Heidi Grant Halvorson博士による、科学的に効果が証明されたストレス対処法の中にこのような話があります。

『自分の失敗を受け入れる研究によれば、「失敗を許さない、自分に厳しい姿勢の人」よりも「失敗を受け入れて、そこから学ぶ姿勢の人」のほうがパフォーマンスが上がって成功しやすいのだそうです。「ストイックな人ほど成功する」という一般的なイメージとは逆です』

これって一見、関係のない話に見えますがそうではないです。

ストイックな方の中には自信過剰な自信家と、自信が無いからストイックに自分を追い込む「自信無し家」がいます。

問題なのは自信過剰な自信家の方です。それはビジネスに必要な謙虚さが欠けている可能性が高い事をこの研究は語っていると思います。

見方の違いと言われればそれまでですが、謙虚に自分を追い込むストイックな人がビジネスの結果を出していると言えると思います。

この謙虚というのがまた難しいのですが(苦笑)

緩くても成功している起業家とは?

緩くても成功している起業家を見ていて私が感じた事があります。

それは緩くても成功している起業家は自己肯定感が高いという事です。

ダメな自分も良い自分もすべて受け入れたうえで焦らずに「成長」する事に彼らは長けていました。

これらの事から言えるのはストイックだから成功するのではなく、謙虚で自己肯定感が高いから成功すると言えるのではないでしょうか?

緩さとは自分を甘やかしたり怠けている訳ではなく等身大で「認めている」事だと思います。

「それでも自分自身を信じて前に進むよ」という姿勢の現れだと思います。

だから、あなたも自分はストイックになれないと諦めなくていいんです。

要は謙虚に自分を信じ続けていけばいいからです。

そのために必要なのは、「継続力」だと思います。よくスポーツで「練習はけっして裏切らない」という言葉があります。

それと同じなんじゃないかな?

謙虚に自分を信じて行動し続ける!

これが成功する起業家だと思うのです。

あなたはどう思いますか? (^_^)

 

毎月先着3名様 / 特別無料個別相談】
   ↓↓↓↓↓↓↓↓↓
https://blog.infowave-okinawa.com/cob2

■新垣への質問、ブログの感想はこちらから■
https://ws.formzu.net/fgen/S84498067/

 

 

 

●ブログでは出せない秘密情報や優良案件をLINE@で提供しています。登録頂いた方に「集客方法30」という無料電子ブックプレゼントしています。下のボタンからご参加下さい♪

*必ずメッセージかスタンプを返して下さい♪

友だち追加数