凡人でも行動力を速攻で上げるための考え方や方法【起業家マインド】


 

こんにちは。
10年後も笑顔!の起業家を育てるコンサルタント新垣覚です。
ビジネスは継続する事が大事です。
しっかりと基礎を固めながら10年続く足腰の強い本物のビジネスをしませんか?

私は「貯金ゼロ」「人脈ゼロ」「資格なし」の状態で起業して今年で10年目を迎え、全国にクライアント様をもつようになりました。まずは6か月かけて「自分の人生の大切なものを最優先して稼ぎ続ける起業家」に進化しませんか?

 

起業してビジネスをしていると、「行動力がない」と悩んでいる方が多いです。

 

起業すると、行動力が必要だと言うことをよく言われますが、行動力と言われても曖昧な感じがします。そのために「行動力」と言う言葉自体に呪縛されているような人も多くいるように感じます。

今回は、行動力に関しては自信のある私が凡人でも行動力を速攻で上げるための考え方や方法をお伝えしたいと思います。

 

そもそも行動力って?

先ほど、行動力と言う言葉に束縛されているのではないか?と言うことをお伝えしましたが、そもそも行動力って何でしょうか?

 

私は、「自分で考えたことを実行に移せる力」だと思います。ここで大事なのは、目標や目的を達成する力ではないということです。

 

イメージとしては、思ったり考えたことを、まず一方踏み出す力だと思います。

 

 

このように解釈するとあまり難しい事のようには思えないのではないでしょうか?

 

実際に、行動力が無いと自分で思っている人のほとんどが、一歩を出すまでの時間が異常に長いか?結局、一歩を踏み出さないということが多いです。

 

その裏には「一歩を踏み出したからには完遂しなくてはいけない」という誤解があるように思います。行動しなければわからない事が多くあります。

 

起業前に、起業家の先輩から「走りながら考えなさい」と言われたのを今でも覚えています。起業やビジネスだけではないと思います。

 

サラリーマンをしていても多くの仕事を同時並行的にやらなくてはいけないです。その時に、いちいち一つ一つの完成度や実現性を考えていたら行動できないです。そう考えると、すでにみんな行動力があるはずなのです。

 

イメージすることからスタート

行動力を上げるには、イメージをすることがまず必要だと思います。具体的に言うと、先程のお話と重なる部分がありますが、目的や目標を完遂するイメージも大切なのですが、まずは第一歩を踏み出すイメージをすることが大切だと思います。

 

例えば、あなたがダイエットをしようと考えたときにイメージすることはもちろん自分の目標体重に届いて満足げな自分の状態をイメージすることかもしれませんが、その前に、ダイエットをスタートして3日後位の自分の姿をイメージすることも大切だと思います。誰でも遠くに行くことをイメージするとその中で大変さだったり困難さを感じて嫌になるはずです。

 

しかし少しだけ先の第一歩をイメージする事はそれほど心理的な負担は少ないはずです。個人的には、ちょっと先の自分の状態をイメージすることをお勧めします。

 

 

そのようにイメージすることで、プレッシャーが減り、自分にもできるかもしれないない!という気持ちが自然に湧いてきます。

 

目標や目的を明確にする

これが苦手な方が多いと思います。何か行動するという事は目的や目標があるはずです。

 

先程の例で言えばダイエットするときには具体的には体重50キロ落とすと言う目標があったり、昔着ていた服を着られるようになりたい、などがあるはずです。

 

このような目標や目的なしに行動する事はかなり難しいことです。なぜなら行動する動機がないからです。

 

これは日常生活に当てはめるとよくわかると思います。休みの日に、何もすることがない時に何も決めずに外出すると困りませんか?

 

逆にそういえばシャンプーが切れたからコンビニに行きながら本屋さんに寄ってみようという感じで小さな目標や目的があると行動がしやすくなります。

 

私たちは行動するにあたってそのように目標や目的がないと、そもそも動けないようになっていることを覚えていてください。

 

逆に言うと行動力が求められる事は目標や目的がはっきりしているはずです。その上ですぐに行動したいけれどもできないというような何らかの壁や問題があるはずです。

 

多くの人はそこで行動しないと言う選択肢を取るのですが、もしこれが人生を賭けた問題だったりビジネスの問題であると、後々に後悔を生んでしまうはずです。

 

そのような観点からも目標や目的をしっかり持つ事はとても大切です。

 

今日のお昼は何を食べよう?というような事で行動ができない人はいないはずです。なぜならそこにはお昼を食べて空腹を解消するという目標があるからです。

 

まずは、あなたが行動力を高めたいことに関しての目標や目的をしっかりと考えてみてください。その際にポイントとしてはできるだけ具体的にすることをお勧めします。そうしないとやはり行動ができなくなってしまう原因になってしまうからです。

 

例えばお金持ちになるという目標を立てたとするとその目標自体がかなり曖昧です。

 

それを毎月100万円稼げるようにするというふうに変えたらどうでしょうか?イメージしやすいだけでなくどんな行動したら良いかと言うことも思いつくはずです。

 

目標や目的をしっかりと明確にしてみてください。行動力が上がるはずです。

 

行動を客観的に見る仕組みを作る

人は誰でも自分には一番甘いものです。何かと理由をつけて行動しないことを選択しがちです。

 

そのためにも、自分の行動を客観的に見る仕組みを作ることが大切です。

 

例えばダイエットであれば、ダイエット日記をつけるとか、自分のダイエットの活動をアプリで管理するとか、SNSで毎日自分のやっていることをアップするなどするということです。

 

 

これはモチベーションともつながってくるのですが、自分で自分のやってることを客観的に見ないと、とにかく楽な方へ楽な方へと私たちは向かってしまいがちです。

 

ですから行動力を上げるためには同時にそのような客観視できる仕組みがないか?考えてみてください。

 

手前味噌ですが、私のコンサルティングではクライアントさんに毎日私に対してのレポートを書いてもらっています。レポートといってもそんなに長文では無いのですが、最初は私への報告と言うふうにクライアント様は捉えていることが多いのですが、やっていくと自分自身に対しての客観的な視点を持つためにこのようなことをしているということに気づく人が多いです。

 

実は私も報告内容は重視していません。レポートを書くために自分自身で一日を振り返ったり反省したり前提を思いついてもらうことが大切ですし、そもそも行動しているか?ということを自分の中でしっかりと把握できるようにすることが大切だと考えています。

 

その意味では、コミットメントして誰かに常に見てもらうということが行動力を上げるためには最も効果的かもしれません。

 

でもあまり、自分自身にプレッシャーをかけすぎても逆に行動にストップをかけることがあるのであなたの中で少し負荷がかかる程度の客観的に把握できる方法を是非見つけてください。

 

スパットを設定する

スパットってご存知でしょうか?ボーリングをするときにボーリングを投げ始める前に少し先に三角形の点があります。あれがスパットです。

 

 

ボーリングの上手い人はピンを見て投げるのではなく、自分の立っている少し先のスパットをめがけて投げるのです。そうすることで常に安定したボールのコースを得られるからです。

 

これは私たちが行動するときにあまり長期的な目標考えすぎると行動ができないのと同じように感じます。

 

とりあえず一番身近な目標に向かってしっかりと投げ込むことが大切です。

 

行動力の上げるためのスパットとして挙げられるのが「行動の少し先の事を予定する」ということです。

 

少しわかりにくいので例を挙げると、例えばあなたが毎週本を一冊読むという目標を立てたとします。

 

そのために毎週本を読めるような行動力をつけたいとあなたが考えるはずです。でも毎週1冊本を読むと言う目標だけではなかなか行動できないです。

 

では、本を読み、その内容をまとめ記事として週2回ブログにアップするというような「少し先」のスパットを決めるとどうでしょうか?

 

まとめ記事をブログにアップすると言うのはかなり具体的な行動目標です。そのためには必ず本を読まなくてはいけません。ですから「書く」というスパットを達成するためには絶対に本を読まなければいけないという常に安定した行動が求められることになります。

 

もし、まだイメージがわかなければ今日ボーリングをしに行ってください。

 

ピンだけ見て投げるのとスパットを利用して投げるのではどれくらいスパットを見て投げる方が安定して点が取れるか体感すると、行動においてもスパッドを設定する重要性は身をもって体験できるはずです。

 

自分はできる!と思い込む

最後に、マインドの問題になってきますが、行動力がない人の特徴として自分に自信がない人が多いです。

 

自信満々まで行かなくても、「自分はできる!」という自信は持っていてもいいと思います。

 

そうしないと、失敗したことやうまくいかないことにフォーカスが立ってしまい一歩を踏み出すことができなくなってしまいます。

 

また、必ずうまくいくとか、必ず成功させる、というようなことをあまり考え過ぎてもよくないことが多いです。

 

まずはやってみようそれでダメだったら次を考えよう♪程度でとりあえず一方踏み出すことを重視してほしいです。

 

その際、できるだけ小さな一歩であればあるほど自分に自信が持てるはずです。

 

もちろん、時には自分を追い込んで行動しなければいけないこともありますが、そのような時は心の余裕がなくなりがちです。

 

小さな一歩を踏み出すために自分ができると思い込むことを積み重ねていくといつしか結構、強固な自信になります。

 

私も、お金も資格も人脈もない中で起業したのですが、唯一「自分はできる」と信じて行動することだけは人に負けませんでした。

 

何事もそうですが、頭の中で空想しているだけでは何も事は動きません。まずは行動!しかないので腹をくくって一歩を踏み出してほしいと思います。

 

大丈夫!あなたなら絶対できます!

 

まとめ

私は、よく「新垣さんは行動力がありますね」と言われることが多いです。でも、私は何も秀でたものが無いので行動しなければ進まないということを誰よりも知っているから行動できました。

 

よく、何もない方がビジネスは成功すると言うようなことを言う人がいますが、確かに中途半端に人脈があったり中途半端に資金があったり中途半端にスキルがあるよりも、何も無いところからとりあえず行動してそれを積み重ねていく方が成功には近づくと思います。

 

もちろん、才能やセンス、運などもありますが、才能やセンスや運があるように見える人は実際には膨大な量の行動していることが多いです。

 

ですから、行動の先に必ずあなたの信じている結果があると思い頑張ってみましょう。

 

最後は、根性論になってしまいますが恐れずに前に進むしかありません。ビジネスはその連続です♪

 

今回を最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 

 

 

■《無料》前に進みたい起業家のための個別相談受付中■
   ↓↓↓↓↓↓↓↓↓
https://blog.infowave-okinawa.com/2020

■新垣への質問、ブログの感想はこちらから■
https://ws.formzu.net/fgen/S84498067/

 

 

●ブログでは出せない秘密情報や優良案件をLINE@で提供しています。登録頂いた方に「集客方法30」という無料電子ブックプレゼントしています。下のボタンからご参加下さい♪

*必ずメッセージかスタンプを返して下さい♪

友だち追加数

 

 

 


ABOUTこの記事をかいた人

今年で起業して10年を迎えました。10年前に貯金ゼロ、人脈ゼロ、資格なしで起業しましたが現在全国にクライアントをもつまでになりました。流行りのノウハウに惑わされることなく基礎を固めながら10年続く足腰の強い本物のビジネスをしませんか?