ビジネスで迷ったら放っておかない


 

こんにちは。
10年後も笑顔!の起業家を育てるコンサルタント新垣覚です。
ビジネスは継続する事が大事です。
しっかりと基礎を固めながら10年続く足腰の強い本物のビジネスをしませんか?

私は「貯金ゼロ」「人脈ゼロ」「資格なし」の状態で起業して今年で10年目を迎え、全国にクライアント様をもつようになりました。まずは6か月かけて「自分の人生の大切なものを最優先して稼ぎ続ける起業家」に進化しませんか?

 

起業してビジネスをしていると迷うことが多いです(汗)

 

経営する事は瞬間瞬間での判断が求められます。思考停止しては先に進めないという厳しい現実があります。

 

しかし、どうしても決断ができなかったり判断を迷うことがあります。

 

そんな時にやってしまいがちなのが決断や判断をせずにうやむやにしてしまうということです。

 

趣味ならそれでも良いのですが、起業してビジネスをしているとそのような事は命取りになりかねません。

 

今回は迷ったら放っておかないことの重要性をお伝えしたいと思います。

 

後回しの癖を止める

ビジネスにおいて決断や判断に迷ってしまったときに決断や判断を先送りするということがあります。

 

後回しにするという事は、一見安全策のようにも見えますが、後回しにしてもほとんどの場合もう一度検討したり考えるということをしません。

 

 

決断や判断を迷うという事は、簡単に決められないことが多く、ほとんどの場合重要なことが多いです。

 

何を後回しにしたのか?を把握しているならまだ良いですが、ほとんどの場合は後回しした事にその上からどんどん積み重なってしまいます。

 

そうすると本来ならとても大切なことのはずなのに後回しが積み重なってしまったがために再度取り組むと言うことができなくなってしまうことがあります。それが後回しの恐ろしい点です。

 

後ろ向きな考えですが、もし後回しにするならばきちんと再度検討する日時を決めておくなどして後回ししないと自分の記憶をあてにして「いつか思い出すだろう」という曖昧な後回しの仕方をすると必ず忘れてしまいます。

 

私がそこまで言い切れるのは、自分自身がそのように意味のない後回しを続けてきたために、いざ必要になったときにその後回ししたことに気づかず重大な遅れを生じたり、取り返しのつかない状態になっているということが今まであったからです(恥)

 

ですからあなたには絶対に意味のない後回しはしてほしくないと思うのです。

 

なぜ迷っているのか?分析する癖をつける

ただ決断できないとか、判断できないとかいうことで迷っている・・・というところで終わらせるのではなく、迷っているとすれば「どんなところに迷っているのか?」深掘りしていく癖をつけることが重要です。

 

例えばビジネスにおいてあるプロジェクトを進めようとした時に迷っている時、自分のスキルが足りないことに迷っているのか?資金のことで迷っているのか?一緒に進めてくれるパートナーのことで迷っているのか?家族に反対されそうだから迷っているのか?など「なぜ迷っているか?」ということをしっかりと分析することが大切です。

 

その上で分析した問題点をどのように解決していくか?というところまで考えておけば場合によってはすぐに解決することもあります。しかしながら、迷っている…で止めてしまうとそれを先にいかないことが多いです。

 

ですからなぜ迷っているのか?考える事が大切です。

 

解決策はないか?考える

先ほど、なぜ迷っているのか?考えることが重要だと言うことをお伝えしました。

 

その次のステップとしてどうにかして解決できる方法はないか?ということを考えていくことが大切です。

 

それができないから悩んでいるんじゃないか!というあなたのぼやきが聞こえそうですが、ここで考えることを仕組み化することでかなり改善されます。

 

私がオススメなのはマインドマップを使って考えるということです。

 

 

マインドマップについては検索すればいろいろな情報が出ているので調べて欲しいのですが、あなたが悩んでいることをセンターサークルに記入し、考えられる解決策を放射状に描いていきます。

 

その時、大切なのはできるか?できないか?と言う現実性はあまり考えずにブレインストーミング的にどんどん頭の中身を出していくということが大切です。

 

それに加えて私がオススメなのは、マインドマップを日頃、仕事をしているシチュエーションでやらないという事です。

 

お気に入りのカフェでやってみたり、景色のきれいな自然の中でやってみたりホテルのラウンジでやってみたり・・・といつもとは違うシチュエーションでやるということです。

 

 

これで何が変わるのか?と疑問に思う方もいるかもしれませんが、かなり効果があります!

 

私が普段だったらしないようなアイディアが出てくるという時はほとんどの場合このようにシチュエーションを変えた時でした。

 

ですから解決策を考える時にマインドマップを書く場所はいつもと違う場所でやることを強くお勧めします。

 

解決策がこれ以上出ないと言うところまで出していくと、ある時点で考えることをやめてもいいと思います。しかし、頭の中では考え続けているので、ふとした瞬間に新しいアイデアや解決策が出てくることがあります。

 

これも私のオススメですがアイデアが浮かんだときに忘れないようにメモをしたり、声で録音したりすることをお勧めします。

 

私の場合運転しているときにアイディアが思い浮かぶことが多いので、その時は近くに止めて録音をするようにしています。後で思い出すだろうという考え方はやめたほうがいいと思います。なかなか思い出せないというのがほとんどの場合です。

 

いちど手放すことをしてみる

先ほど「ある程度考えが煮詰まったら考えることをやめてみることをお勧めします」とお伝えしましたが、手放してみることも実は、新たなアイデアや解決策を考えるには必要なことです。

 

本当に解決しなければいけないことであれば、実は頭の中では常にその答えを求めています。

 

 

そのような自分の状況をよく理解した上であえて手放すと言うことをやってみることをおすすめします。

 

手放すといっても諦めてあきらめると言うことではありませんよ!

 

抽象的な表現で申し訳ないのですが、私が手放すときは、自分だけの小さな思考ではなく自然や神様の力を借りてさらにブラッシュアップするために違う空間にいったん預けるというイメージでやっています。

 

これは人によってイメージの仕方が異なると思いますが、一旦、自分の体の中から外に出すと言うようなイメージが大切だと思います。

 

迷っている時間は無駄だと知る

厳しい言い方になりますが、迷っていると言う事は判断や決断を先送りしている状態です。

 

その時は前進しているわけではなくほとんどの場合が後ろ向きに進んでいると考えた方がいいです。

 

何故かと言うとビジネスでは必ずライバルや同業者がいます。ライバルや同業者とはある意味生存競争しているようなものです。

 

その場で足踏みしていると言う事は遅れをとっていると言うことに等しいです。ですから、迷っている時間は無駄と考えていいと思います。

 

また、まず自分で考えて、それでだめな場合はどんどん他の人の手を借りることもときには必要です。

 

ビジネスでうまく結果が出せない人の特徴として、人の力を借りることが下手だということが挙げられます。

 

他力本願になるのではなく、自分の足りない部分をどんどん人の手を借りると言う事はとても大切な要素です。

 

とにかく重要視して欲しいのは迷っている時間は本当に無駄だということです。

 

まとめ

今回は迷ったら放って置かずにまず解決することを目指す大切さをお伝えしました。

 

私は、迷ったらとりあえず考えることをやめて違うことに時間を使ったり頭を使うことが多かったです。そのために、結果を出すのが遅くなったり、時には大きな損をすることもありました。

 

ですから、あなたは迷ったら必ず深掘りして問題点をできるだけ早く解決して前に進んで欲しいと思います。

 

もし私のアドバイスが参考になるのであればぜひ無料相談などでお話をしましょう。

 

見方を変えれば迷っているときは大きく成長するタイミングでもあります。どのようにそこを乗り越えるか?で、その後の結果が変わります。

 

今回も最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 

 

■《無料》前に進みたい起業家のための個別相談受付中■
   ↓↓↓↓↓↓↓↓↓
https://blog.infowave-okinawa.com/2020

■新垣への質問、ブログの感想はこちらから■
https://ws.formzu.net/fgen/S84498067/

 

 

●ブログでは出せない秘密情報や優良案件をLINE@で提供しています。登録頂いた方に「集客方法30」という無料電子ブックプレゼントしています。下のボタンからご参加下さい♪

*必ずメッセージかスタンプを返して下さい♪

友だち追加数

 

 

 


ABOUTこの記事をかいた人

今年で起業して10年を迎えました。10年前に貯金ゼロ、人脈ゼロ、資格なしで起業しましたが現在全国にクライアントをもつまでになりました。流行りのノウハウに惑わされることなく基礎を固めながら10年続く足腰の強い本物のビジネスをしませんか?