もうダメだと思った時がスタートライン!【ひとりビジネス】


 

こんにちは。
10年後も笑顔!の起業家を育てるコンサルタント新垣覚です。
ビジネスは継続する事が大事です。
しっかりと基礎を固めながら10年続く足腰の強い本物のビジネスをしませんか?

私は「貯金ゼロ」「人脈ゼロ」「資格なし」の状態で起業して今年で10年目を迎え、全国にクライアント様をもつようになりました。まずは6か月かけて「自分の人生の大切なものを最優先して稼ぎ続ける起業家」に進化しませんか?

 

起業してビジネスをしていると上手くいくことよりも上手くいかないことの方が圧倒的に多いです。そんな時多くの人は「自分には無理だ「「自分には才能がない」「自分には運がない」などと理由をつけて諦めてしまいがちです。

 

しかし私のこれまでの起業してから10年の経験や周りの起業家を見ているとこの「あきらめた時」がスタートラインだと断言できます。

 

もうダメだ・・・と落ち込んでいる時は人はだれでも希望を見出せずにやる気を失っています。

 

でも、それは神様の与えてくれたテストだと思います。このテストに受からなければ先に進めないのでぜひゲームを攻略するつもりで楽しんでほしいと思います。

 

常に右肩上がりなんでありえない

何をするにもそうですが、誰でも失敗はしたくありませんし、常に上手くいってほしいと願っています。

 

もちろん私もそう思っていますし、苦難や困難ばかりがあって欲しいと願っている人は1人もいないでしょう。

 

しかし、現実は少しの成功と大きな失敗で成り立っています。

 

特に、あなたなりにチャレンジをしているときには失敗の方が多いはずです。そんな時に思い出してほしいのは、「常に右肩上がりなんてありえない」ということです。

 

イメージとして私たちはだんだん良くなるということを考えがちです。しかし、実際は少し上がるとまた下がり、そしてさらに下がりまた少し上がりと言うジグザグを繰り返しながら少しずつ少しずつ右肩上がりになっていくというのが現実です。

 

 

ですから短いスパンで自分のビジネスを考えるとどん底のように感じる人が多いはずですがそれは間違いです。

 

しかし、ここで注意して欲しいのは挑戦をしない人は下がる事はなくても上がることは決してないということです。ですから、リスクを避けるために行動しない調整をしないという人が圧倒的に多いのですが結果を生み出す事はできません。

 

それらのことを考えても常に右肩上がりになるというイメージではなく少しずつ少しずつ右肩上がりになっていくと考える方が気が楽です。

 

日本の歌謡曲のクラシックに「365歩のマーチ」というものがあります。あなたもきっとご存知だと思います

 

「一日1歩。三日で三歩。三歩進んで二歩下がる」と言う歌詞がこの中にありますがこれなどは典型的なビジネスの進み方と言えます。

 

ですから少なくてもビジネスを1年単位2年単位3年単位と長期的に捉えて分析していくことが大切です。これは本当に多いのですが決して1ヵ月1週間の動きで一喜一憂してはいけません。

 

上手くいかないときには意味がある

これも少し精神論的なのですが、上手くいかないときには必ず意味があります。

 

その意味をしっかりと理解して修正していくことが求められています。

 

この意味があると言うのは実に深くて、技術的なことややり方に問題がありそれを修正しなければいけないこともありますが、私のこれまでの経験から言うと「考え方に問題がある」ということも実に多いです。

 

それには顕在意識も潜在意識も全て関係してきます。顕在意識では判断していても潜在意識がNO!と言っていることが本当に多いのです。

 

私はそういう状態を「アクセルを踏みながらブレーキを踏んでいる」と表現するのですがそのようなちぐはぐな状態になっている人はとても多いです。

 

 

そして厄介なことにその状態に自分自身で気づくるという事はとても少ないです。

 

ですから、上手くいかないときには意味があると考えて客観的に自分自身のビジネスの全ての要素を見直すことが大切です。

 

しかし、あまりにも考え方ばかりに偏ると今度はスピリチュアル的なふわふわしたものになってしまいがちですのでしっかりと実践をすることも忘れないでください。

 

私の話で言えば、人生で明らかに「失敗した」と思ったことがいくつかあります。

 

転職をした時だったり、借金を抱えた時だったりいろいろありますが、今考えるとその一つでも欠けていたら今の私が存在しないことに気づきました

 

ですからその時には上手くいかない意味がわからなくても必ず何年か後にははっきりとその意味がわかる時が来るので焦らずに淡々と目の前のことを取り組むことが大切です。

 

上手くいかないと焦る気持ちが先行してしまうのは理解できますが「後できっと答えが出るさ♪」と割り切って目の前のことに取り組んでみてください。

 

新しいアイディアを出すチャンス

同じ事を繰り返しても結果が出なかった時には、今までと同じことをしてはダメだと言えるでしょう。

 

そんな時に必要なのはこれまでになかった新しいアイディアをどんどん出していくと言うことです。ビジネスにおいては打ち手をとにかく多くすることが大切です。

 

よく、上手くいかない方法を何年も繰り返している人がいますが、私はそれは間違いだと思います。もちろん、しっかりと腰を落ち着けて取り組むことも大切ですが、明らかに上手くいかない事にエネルギーを集中するのは無駄だと思います。

 

限度というか、どこまでエネルギーをかけるか?その境界線はわかりにくいのですが見直すべきタイミングが必ずあります。

 

私がお勧めしている方法は、例えば新しくSNSを始めるとしたら、最初の6ヶ月は普通の人の「3倍」投稿を増やしたりということでとにかく行動量を増やしていくことをします。

 

その中で何の動きもなかったり、反応がなければなぜ反応がないのか?を分析しそしてまたある程度の量稽古をしていきます。しかしそれでも結果が出ない場合根本的に何かが違うと判断しています。

 

これはあくまでもやり方の1つですが、多いのが、人並みに行動してそれでうまくいかないのでもうダメだと諦める人が多いのですが、少なくとも行動量を3倍に増やした上で観測をしていくと言う事は上手くいくか?の一つの目安になります。

 

そしてそれでもダメならば新しいアイディアを出したり新しい方法に取り組むと言うことが必要になるのです。

 

よく「SNSはどれをやったほうがいいですか?」という質問をいただくことがありますが、答えはシンプルで「できるなら全てやったほうがいい」というのが私の答えです。

 

それでは答えになっていないと言う人もいるかもしれませんが、実際に結果を出している起業家は途方もない量の行動をしています。それを見ていると1つや2つのメディアに力を集中するのはあまり良い方法だとは思えないのです。

 

もちろん私もいろいろなメディアを併用していますが、確かに大変ですがそれぞれのメディアでのお客様が集客としての窓口は多い方が良いといえます。

 

新しいアイディアを出すのが苦手な人も多いですが、これもある意味慣れや経験がものを言うことが多いです。

 

アイディアが苦手な人でもアイディアを出す方法はたくさんありますのでもしアイディア出し悩んでいるのであれば無料個別相談を利用してみてください。いろいろなアドバイスができると思います。

 

アイディア出しについては過去に「あなたにオススメのアイディア出しの方法」という記事を書きましたので読んでみて下さい。

 

前進することだけで道が開ける

「もうダメだと思った時がスタート」ということでお伝えしていますが、私はもうダメだと思った時は逆に「ここからが楽しくなるぞ!」と心を切り替えることをお勧めしています。

 

本当に苦しいんだからそんな事はできないですよ・・・と言う人も多いのですが、今までの私の経験やクライアント様の現場から見て苦しい時ににどれだけ踏ん張れるかで結果が全く異なることをいくつも見てきました。

 

あきらめるのは1番簡単な選択です。そしてビジネスとしては何も生み出しません。

 

テレビでもよくいろいろなビジネスの逆転劇のレポがありますが、後で振り返ればもうダメだと思った時がスタートになっているということがよくわかります。

 

ですから本当にもうダメだと思ったタイミングであれば、あなたの逆転劇のスタートラインでもあるのです。

 

大変かもしれませんが、これは自分自身のドラマだと思い楽しんでいくことが大切です。

 

ドラマということで言えばあなたはもちろん主人公でもあるのですが、監督でもあります。ついつい監督である視点を忘れてしまいがちですがこの監督と言う視点がとても大切です。

 

主人公がピンチになればなるほど逆転するときは大きな感動を生みます。その視点を持てばあなたも自分自身の人生の感動を自分で演出することができるのです。

 

何度もこのブログでも書いていますが、私は何も無い状態で40代で起業しました。ですから本当に大変なことばかりでしたが、今になって考えると全てがドラマチックで意味があったものだと感じています。

 

誰でも必ずできることが、諦めずに前に進み続けることです。前に進み続けて歳いれば、決して後悔する事はありません。ですからあなたには諦めずにとにかく前に進むことで雲が開けると言うことを信じてほしいと思います。

 

まとめ

今回は「もうダメだと思った時がスタートライン」ということでお伝えしました。

 

私の経験からの話が多いので少し嫌な感じを覚えた人もいるかもしれません。

 

しかし、私もあなたに負けない位の困難をその時に私の尊敬するメンターたちが口にしていたのは、「謙虚に今受け止めることが大事」ということです。

 

上手くいかないとついつい人のせいにしがちです。しかしそれは何の解決にもつながりません。それどころか、自分の足りないところを見えなくしてしまうことすらあります。

 

誰でも自分がかわいいものです。しかしそこで冷静になって自分自身を見つめ直しそして一番大切なのは謙虚であることが求められていると思います。

 

あなたが今、どのような状況でどれぐらいの困難の中にいるかは分かりません。でも「もうダメだと思った時がスタートライン!」ということを忘れずに今日も前に進んで欲しいと思います。

 

そんなあなたを私はずっと応援します。

 

今回も最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 

 

《無料》前に進みたい起業家のための個別相談受付中■
   ↓↓↓↓↓↓↓↓↓
https://blog.infowave-okinawa.com/2020

■新垣への質問、ブログの感想はこちらから■
https://ws.formzu.net/fgen/S84498067/

 

 

●ブログでは出せない秘密情報や優良案件をLINE@で提供しています。登録頂いた方に「集客方法30」という無料電子ブックプレゼントしています。下のボタンからご参加下さい♪

*必ずメッセージかスタンプを返して下さい♪

友だち追加数

 

 


ABOUTこの記事をかいた人

今年で起業して10年を迎えました。10年前に貯金ゼロ、人脈ゼロ、資格なしで起業しましたが現在全国にクライアントをもつまでになりました。流行りのノウハウに惑わされることなく基礎を固めながら10年続く足腰の強い本物のビジネスをしませんか?