読みやすい文章にするシンプルな方法


んにちは。
新垣覚です。

こうやって読んでいただきありがとうございます!

文章は難しいです。
何故かと言うと“人柄”が出るからです。

これは隠せるものではないです。
あなた自身が反映されます。

でもいくら人柄が出るといっても
そのままでは文章があまりにも堅かったりすると

職種によってはお客さまが警戒したり距離感を感じたりして
反応が悪くなる事も考えられます。

チラシやブログ、メールマガジン、ニュースレター
すべてに文章を使います。

人は文章を読んで判断し購入への決断をします。

あなたの事を警戒されたり距離感
を感じさせる事はそのまま成約率が悪く
なるという事です。

売れなくなるという事です。!

どうやったら反応のある文章に変えられるか?
例を挙げてみたいと思います。

amx

新しい子供服が入荷いたしました。
人気メーカーから厳選した逸品です。
宜しければご来店下さい。

これでも悪くないと思います。
でも熱が足りないというか
どこかよそよそしい。

これが次にようになるとどうでしょう?

amx

お待ちかねの子供服が入荷しましたよ~。
ウチのバイヤーが頑張って人気メーカーから
やっと仕入れ成功!
早く見に来てね♪

いかがでしょうか?
変わりすぎ?
でも書いている内容は一緒です。

実はこれはテクニックで書いています。
でも超簡単!

“です・ます”を使っていないだけです。
たったこれだけ!

もちろんすべてこのように書くと良いという事ではないです。
キチンとした文章と使い分ける事も必要です。

あなたはくだけ過ぎとか
柔らかすぎという印象を持つかもしれませんが
実はここでお客さまとの温度差や距離感
が生まれている可能性がある事を意識して下さい。

あなたがお客さまならどちらが熱を感じるか?
想いが伝わるか?

書き手の熱や想いを伝えるのって実は高等技術
です。難しい!

だからこのようなテクニックで克服する事もアリです。

さぁ、もう一度あなたの書いた文章を見なおしてみませんか?

もしお悩みでしたら一緒に考えてみましょう!
アドバイスしますよ (^_^) 相談は無料です。
お問い合わせ/集客無料相談はこちらから

 


coconara

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です