起業家よ。大人が夢を持つのは恥ずかしいのか?


こんにちは。
サラリーマン時代より稼げていない起業家のためのコンサルタント新垣覚です。

これは色んなところで言っている事なのですが、私の子供の頃の夢はタクシー運転手になる事でした。

当時は(今も)車の運転は大好きですし、お金をもらってドライブ出来るなんて最高!と子供の頃は憧れNO1の夢でした。

それから歳を重ねて大学生になってもタクシー運転手への熱意は冷めましたが、トラックの運転手をしたいなと思っていました。

実際にアルバイトでトラックの運転手をしていた事もありますし、タクシーはお客様との会話が面倒くさいけれど、トラックの運転手なら誰とも話さなくて済む!という事でトラック運転手になるのが夢でした。

しかし、就職活動になると世間体や、ニセの「やりがい」や「安定」を求めてトラック運転手は夢から自然と除外されてしまいました。

でも、今考えてみると、運転手なりたくなかったのか?と問われれば、なりたかったです!

将来の事や安定などを考えていくとその選択肢が覆い隠されるように見えなくなっただけでした。

あなたにもこのような事はありませんでしょうか?

 

根は同じ!

しかし、最近になって発見した事があります。私は車のドライブが好きというよりは自分自身をドライブするのが好きという事です。

自分の人生を自分の手と足でドライブする!つまり根っこの考え方とか価値観みたいなものは子供の頃から何ら変わってはいなかったのです。

「夢=ビジネス実現講座」をやっているとそのような事がよく起こります。表面上は違うけれど本質は同じ事をずっと追いかけていた!そんな気づきをよくいただきます。

ある人は、それを知って「自分は夢を追って生きている」と安心し、ある人は「自分の夢がウソに思えてきた」と困惑します。

真夜中の海の灯台ではないですが、自分の行き先、目的、ゴールが見えたり分かっていれば人は焦る事はありません。

しっかりと腰を落ち着けて前に進んでいけます。私はその灯台にあたるものが「夢」だと確信しています。

 

あなたが灯台を建てる!

「夢」をしっかりと自身で分かれば分かるほど、その光は強力になり行く先を照らすでしょう。

でも、その「夢」が分からない・・もしくは無いとしたらどうでしょう?灯台の光は、か弱いもののはずです。

もし、あなたがビジネスの行く先や毎日が言葉に出来ない不安や、疲れを感じるのであれば「夢」を再確認するのはけっして無駄ではないと思います。

今、そのお手伝いをしています。私自身がブレる事なく無能サラリーマンから起業家になれた考え方です。

あなたも、それを身に着けて夢に一直線で進んでいきませんか?

 

あなたの嘘っぱちの夢を本当の夢に書き換えるチャンスです。
【夢=ビジネス実現講座】
https://blog.infowave-okinawa.com/g4x3

 

 

毎月先着3名様 / 特別無料個別相談】
   ↓↓↓↓↓↓↓↓↓
https://blog.infowave-okinawa.com/cob2

■新垣への質問、ブログの感想はこちらから■
https://ws.formzu.net/fgen/S84498067/

 

 

 

●ブログでは出せない秘密情報や優良案件をLINE@で提供しています。登録頂いた方に「集客方法30」という無料電子ブックプレゼントしています。下のボタンからご参加下さい♪

*必ずメッセージかスタンプを返して下さい♪

友だち追加数

 

 

Last Updated on


ABOUTこの記事をかいた人

自身が「貯金ゼロ」「人脈ゼロ」「資格なし」で起業したが今は全国にクライアントをもつコンサルタントに成り上がった経験から凡人起業家を「お客様から選ばれ稼ぎ続ける起業家」に変える事がミッション。