起業家は自らの転機を見逃すな


 

こんにちは。
サラリーマン時代よりも稼げていない凡人起業家のためのコンサルタント新垣覚です。

もしもあなたが、家族もビジネスも大事にして稼ぎ続ける起業家になる事に興味があるのなら、今回の記事はきっと役に立つ事をお約束します。

「貯金ゼロ」「人脈ゼロ」「資格なし」の状態で起業し現在9年目を迎え、全国にクライアント様をもつようになりました。あなたも6か月で「自分の人生の大切なものを最優先して稼ぎ続ける起業家」に進化しませんか?

 

今まで人生の中でいくつか転機があったと思います。多分あなたも同じように今となってはあれが人生の転機だったなと思われることがあるのではないでしょうか?

 

今回はそのような人生の転機についてお伝えしたいと思います。

 

決断力は大事!

人生の中ではそのような転機がいくつもありそれをチャンスと捉えるか、あるいは自分には関係ないことと考えるか?で大きく結果が変わると思います。

 

成功者や、結果を出している人はそういった運命の変わり目という転機をとらえるのがとてもうまいと思います。

 

転機を捉えるうえで大事なのは「決断力」です。では決断力はどうしたら鍛えられるかれるのでしょうか?ある意味天才だけができるものなのでしょうか?

 

私自身は決断力が全然ない人間でした。今でもそれほど優れた決断力があるとは思えませんが、周りの人に「新垣さんは決断力がある」とか「思い切った行動をする」とか言われることが増えてきました。

 

自分ではあまり意識していないのですが、起業してビジネスをしているうちに「これはチャンスだな」とか「転機だな」と思えることが自然と分かるようになってきたと思います。

 

もしその時これが「転機だ!」と思わなかったら現在はずいぶん変わっていただろうと思います。

 

私にとっての転機

大きな転機話は大学時代まで遡ります。当時はバブル経済でその最後の方だったんですが、就職に対して今のように今のように難しいことがありませんでした。

 

ですからどの企業でも比較的簡単に就職できるような時代でした。ですから、自分自身のことを深く考えたりすることが足りていなかったと思います。

 

その中で私自身、大きな転機になることがありました。それはそのバブル経済が目の前で崩れ去るのを体験したことです。

 

当時は外車の営業マンをしいて今まで当たり前のように高級外車を売っていたのですが、それが急に売れなくなったり、地価が下がったり、今までと逆の現象がどんどん目の前に起きていったのです。

 

これは1つの時代の終わりを示すような出来事でしたがそのスピードは自分たちの想像以上に早かったです。バブル経済の終わりは日本経済の右肩上がりの終焉でもありました。

 

ですからただ景気が悪くなるというだけではなく様々なしわ寄せが起きてきました。

 

例えば、それまで当たり前だったことが当たり前じゃなくなったと言うことがあります。会社をリストラされたり、昇給がなくなったり、再就職が難しくなったり、高いものが売れなくなったり・・・と生活に直結する事ばかりが起きてきました。

 

そんな中で私はこれまでのようにサラリーマンではいけないと感じました。そして考えたのは資格をとる事です。

 

結果としてそれはうまくいかなかったのですが私にとっては大きな転機になりました。自分自身が不安定な世界を生き抜くには確固としたスキルが必要だと実感したのです。

 

私が目をつけたのは当時まだ今のようには普及していなかったインターネットの世界でした。これは絶対にこれから必要なものだと感じた私は必死に学び実践しました。

 

ブログをやってみたり、ホームページを作成してみたり、メルマガを始めたりと現在の私につながるスキルにトライし始めました。

 

周りではそんな事はビジネスに必要ないとか、専門家に任せればいいと言われましたが、インターネットを活用できる事はこれからのスタンダードになるという確信がありました。

 

結果としてそれは私が自分でビジネスをするきっかけになりましたし、インターネットを活用できるようになった事でのビジネスの利益も上がり自信もつきました。

 

転機はあなたのすぐそばに

私の経験のように長期間かかる転機もあれば一瞬の転機もあります。たとえば「出会い」です。

 

人との出会いは人生を大きく変える事が多いです。しかしその出会いは何の前触れもなく訪れるものなので気が付きにくいです。

 

 

最近では、リアルでの出会い以外にもインターネットを通しての出会いも多いです。ですから至るところに転機が転がっていると言えます。

 

それらの出会いをしっかりと掴む!とても大事だと思います。私の話で言えば、今非行少年の支援の一般社団法人を運営していますがその仲間との出会いはSNSでした。

 

人の御縁は本当に不思議なものですし、大きな転機になります!

 

転機を逃さないようにするには?

では転機を逃さないようにするためにはどうしたらいいでしょうか?私なりの考えたことをこれからご紹介していきたいと思います。

常にアンテナを張っておく

目の前で起きること全てが転機になると考えてアンテナを張り自分の身の回りに起きたことを他人事とはせず自分事として考える習慣が大事だと思います。

そうすることで瞬時にこれが転機なのか?それとも違うのか?という事を判断をするようになってきます。

このアンテナを張っておくという事は今、自分自身の目の前で起きた事はどんな意味があるんだろう?と考えることでより思います。

自分のやりたいことを明確化しておく

自分の夢や目標を明確化しておくと、目の前に起きることのが自分の夢や目標につながっているかどうかということを判断する手立てになると思います。

夢や目標があるからチャンスがあるし、夢や目標がないというと転機でも気にもならないという可能性があります。

あえていつもならしない選択をしてみる

人間には考え方や行動の好みや癖があります。そして失敗しないようにいつもある同じパターンで考えたり行動しがちです。

でもそれをあえて踏み外したときに見えてくる違う景色があります。その中に転機があることが多いと思います。

例えば日頃なら選ばない洋服を来たり、日頃なら食べたいものを食べたり、日頃なら行かない場所に行ったりなどあえて日ごろからしないことをチャレンジしてみる。

そうしたときに見えてくる景色はあなたの転機になるかもしれません。そういった意味では旅行等はいつもではないことのオンパレードです。ですから刺激や転機になるという事があると思います。

趣味を追求してみる

仕事だけではなく趣味など自分だけの楽しみを追求していくことも転機につながると思います。

趣味と言うのは自分が好きでやっているので例えばやらされ感もないし嫌な思いをすることもないと思います。

ですから普段よりも調整しやすくなると言う点があると思います。

ですから趣味を追求しながらアンテナを張っていくといろいろな学びがあると思います。

1つの道を極めると言う事は意外に人生やビジネスの結果を出す事と共通点も多いものです。

そういったことに自分の楽しみから気づくと言う事は大きな学びになると思います。

日記を書いてみる

日記を書くと言う事は自分自身を冷静に振り返ることです。そして自分を振り返りながら1日を振り返ると何かしらその時は関係性が見出せなかったものも見出せることがあると思います。

紙に書いてもいいしブログでもいいしどんな形でもいいと思います。今日1日の出来事を振り返り日記を書くことで転機に気づく事があるかもしれません。

 

まとめ

ほとんどの転機が「後で気がつけば・・・」という事が多いと思います。その時に気づけないならより好みせずにどんどん手を出すしかないです。

 

そういえば結果を出している人は好奇心旺盛な人が多いです。何にでも好奇心をもち遊び心をもって接すれば色んな転機に気づけると思います!

 

今回も最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 

【凡人起業家のための特別無料個別相談】
   ↓↓↓↓↓↓↓↓↓
https://blog.infowave-okinawa.com/2020

■新垣への質問、ブログの感想はこちらから■
https://ws.formzu.net/fgen/S84498067/

 

 

●ブログでは出せない秘密情報や優良案件をLINE@で提供しています。登録頂いた方に「集客方法30」という無料電子ブックプレゼントしています。下のボタンからご参加下さい♪

*必ずメッセージかスタンプを返して下さい♪

友だち追加数

 


ABOUTこの記事をかいた人

凡人起業家のための夢実現コンサルタント新垣覚

自身が「貯金ゼロ」「人脈ゼロ」「資格なし」で起業したが今は全国にクライアントをもつコンサルタントに成り上がった経験から凡人起業家を「お客様から選ばれ稼ぎ続ける起業家」に変える事がミッション。