どうやって1人のお客様を獲得するか?


 

こんにちは。
10年後も笑顔!の起業家を育てるコンサルタント新垣覚です。
ビジネスは継続する事が大事です。
しっかりと基礎を固めながら10年続く足腰の強い本物のビジネスをしませんか?

私は「貯金ゼロ」「人脈ゼロ」「資格なし」の状態で起業して今年で10年目を迎え、全国にクライアント様をもつようになりました。まずは6か月かけて「自分の人生の大切なものを最優先して稼ぎ続ける起業家」に進化しませんか?

 

起業してビジネスをしていると、お客様を増やす事は絶対に必要なことです。しかし現実は1人のお客様ですら獲得するのは難しいです。

 

起業前に、華々しく成功している人の話を読むと、ブログやSNSをやればお客様が爆発的に集まるような錯覚を覚えますが、そんなおいしい話はありません。

 

また、お客様は利口だしとても慎重です。しっかりとあなたのことを見てお金を払うかどうか判断しています。ですから少しの気の緩みや無関心も瞬間で見透かされてしまいます。

 

今、集客に困っていたり、新規客が増えなかったり、あるいは起業してまだ間もない人は、どうやって1人のお客様を獲得するかと言うことに全神経を集中させなければいけません。

 

今回はどうやって1人のお客様を獲得するか?という事の基本をお伝えしていきたいと思います。

 

まずは友人知人から

起業してビジネスを始めると、いきなり新規客を集めようとする方が多いです。でも無名のあなたから商品サービスを購入する方はなかなかいません。それでも、意固地になって新規集客を頑張ろうとする方は多いです。

 

かく言う私もそうでした。友人や知人に頭を下げるのが恥ずかしかったし、もしうまくいかなかったらどうしようと言う恐怖心の方が大きかったです。

 

 

でも起業して9年という年月を重ねて、またコンサルタントとしての視点から見たときにまず一番先にアプローチするのは友人や知人です。

 

友人や知人にはお願いしにくいという壁がある人のために少しだけ解消方法をお伝えしたいと思います。

 

おそらく友人や知人にお願いしにくいと言う人は、自分が「無理に売ろうとしている」と言うイメージがあるのではないでしょうか?

 

また、高いとか、価値があるのか?と疑われるのが嫌と言うこともあるでしょう。

 

でも、それって本当でしょうか?実際に、友人や知人に聞いてみたでしょうか?本当の友人や知人なら、もし必要がなければきちんとした言葉で断ってくれると思います。逆に、アドバイスがもらえるかもしれません。

 

友人や知人が迷惑がっていると考えているのはあなたの勝手なイメージです。むしろ、あなたから買いたがっているということがあります。ですから本当の友人や知人であればためらわずに、一度話をしてみるのも良いでしょう。

 

友人や知人に限らず『セールス=無理矢理売ること』という勝手なイメージを捨てることが大事です。

 

特に今集客がうまくいっていなかったり、スタートアップのタイミングだと、遠くにいるまだ見知らぬ人よりも、近くにいる友人や知人にしっかりとアプローチしてみてください。意外にも、簡単に商品サービスが売れることに驚くはずです。

 

売れたら後は一生懸命その友人や知人に感謝して100%の全力で商品サービスを提供してください。

 

紹介から獲得する

紹介からお客様を獲得するのも、とても大事な選択肢になります。「紹介する」というからには、「紹介をする人」と「紹介される人」がいると言うことです。

 

紹介をする人と言うのはほとんどの場合、あなたと何らかの関係性がある人です。お客様だったり、友人や知人だったりするでしょう。前述の通りまずは友人や知人に売ると言うことが大事と言うことをお伝えしましたが、それとつながっています。

 

あなたの商品サービスに一定の評価や、満足がない限りは紹介は絶対しません。紹介者も紹介される人に対して何らかのメリットを与えたいから紹介するのです。それがもしできないのであれば紹介者の大きな不利益になるので紹介する事はありません。そのことだけはしっかりと覚えていてほしいと思います。

 

また紹介の場合、一定の信頼が既に作られているので商談がとてもしやすいです。新規客の場合、まずは疑うことから入ってきますが、紹介からの場合、それらのこと無くすぐに信頼から入っていけます。

 

この紹介された人にもきちんとした商品サービスを提供することで、次の紹介が生まれやすくなります。人と人とのつながりはご縁であり、ビジネスにとっては必要不可欠なものです。

 

インターネットからお客様を獲得する

今はこのインターネットからお客様を獲得すると言う事から始める人も多いかもしれません。インターネットといっても、いくつか代表的なものがあるので説明したいと思います。

 

 

SNS

今はSNSで新規客を獲得する人も多いです。SNSは拡散性が強く、あなたの知らないところで、あなたのことを知る人も多いはずです。また「バズる」と言う言葉がある通りいちど話題になると、それが爆発的に認知につながることもあります。現代的なお客様の獲得方法だと思います。

ただし、SNSそれぞれの特徴がありあなたの商品サービスに合ったSNSを選ばないと効果がほとんど認められないこともあります。

またSNSは基本的には人と人が交流するためのツールなのでビジネスの事ばかりや、自分のことばかりアップしているとお客様から嫌われることにもなります。インターネットはリアルと同じ感覚で使う必要があります。

ブログ

以前からあるインターネットのツールですが、ブログは今でもお客様を獲得するには向いているツールです。長文でも短文でもオッケーですし、画像や動画も載せることができます。また、検索エンジンアプローチしやすいというのが大きなメリットだと思います。最近では、noteと言うメディアもあり、人気を集めています。

ただブログの場合ある程度の文字数やコンテンツの質が求められます。SNSのほとんどはつぶやき程度でもオッケーですが、ブログの場合はしっかりしたコンテンツを読む読み手も求めているのでそこは意識する必要があります。

多くのブログにも交流するための機能があるのでそれらも有効に活用するとSNS的な活用もできます。

最近では、ワードプレスと言うインターネットを作成するための仕組みを用いて、交流サイトや、ホームページ、会員制サイトなども個人で作ることも簡単になりました。ブログと言う1つのツールはこれからも発展すると思います。

広告を使って獲得する

インターネットの広告も今大流行しています。新型コロナの影響で、リモートワークや、家ゴモリと言う新しいスタイルができたために、人々はインターネットを見ることがさらに増えました。インターネットでは様々な広告があります。

有名なところでは、Yahoo!やGoogleなどが検索を応用した検索連動の広告等や、Facebook広告、Twitter広告、Instagram広告などSNS上で展開される広告など様々なものがあります。広告は、自社にリストがなくても新規のお客様を獲得することができるますが、それ相応にコストもかかります。最近では、お客様も慣れきってきているためにある職種やキーワードによっては反応がずいぶん落ちたりしていると言うこともよく聞きます。ただこれからもインターネット広告というのはどんどん拡大していくはずですので、そういった仕組みを利用してお客様を獲得すると言うことも必要なことだと思います。

セミナーでお客様を獲得する

これも古くからある手法ですが、セミナーを開催してそこからお客様を獲得すると言う方法も有効です。

セミナーに来ると言う事は、少なくともあなたの商品サービスに興味があったりそこから派生するものに一定の興味があるということがいえます。

例えばオートバイに興味がない人にオートバイの用品を売ろうとしても反応はさっぱりでしょう。しかしオートバイに興味がある人を集めれば、オートバイのパーツが売りやすくなると言うのはあなたも想像ができるでしょう。

ですからセミナーに来るお客様はかなり濃ゆい見込み客と思っても間違いありません。

一見良い事が多いように見えるセミナーですが、デメリットもあります。セミナーは経験者わかると思いますが、大きな壁がいくつもあります。まずお客様が興味を持つようなセミナー内容が作れるか?と言うところが大きな壁です。

また、そもそも人前で話すのが苦手な方はセミナーをすること自体が超大変事です。私もそのタイプで、人前で話すのは極端に緊張するのでセミナーからお客様獲得とすると言う事はあまりやっていませんでした。

しかし新型コロナウィルスの流行は今までを一変させました。「セミナー=対面」という常識が覆されオンラインでのセミナーが今は大流行です。

私は、1度に60人近くが参加するセミナーに参加したことがありますが、慣れてくると自宅で参加できたり、服装にあまり気を使わなくて良かったりと言うことでオンラインのセミナーは主催側も受講側もメリットが大きいです。

オンラインでのセミナーは以前からしたことがあるのですが、主催者としてはセミナー会場を借りる費用や、何よりもカメラと言うワンクッションをおくことで緊張感が薄れるというメリットもあります。

ただし逆も然りで、受講生が終わっ集中力が長く続かないなどと言う問題があるので、適度に休憩を取ったり、セミナー時間も徐々に長くするのを避けるなどの工夫が必要です。

いずれにしても、お客様になる可能性はかなり高いので、やる価値は高いです。

 

マスコミを活用してお客様を獲得する

これはかなり古典的な手法に思える人も多いかもしれません。でも、地域によってはいまだにマスコミが強い影響力を持っているところも多いです。

 

私は、沖縄県に在住していますが沖縄まさしくそうです。新聞のメディアパワーが強く強くて私もこれを利用して集客に活用したことがありました。

 

新聞に取り上げてもらうことで(良いネタで)認知が上がったり、新聞が持っている広告スペースを使ってアピールしたりすることでお客様獲得に繋げたこともあります。

 

また地域によってはラジオも有効だと思います。地域の大手のラジオ局、コミュニティーFMなどいろいろなラジオを活用すると言うことも頭に入れておきましょう。

 

私も、1年間コミュニティーFMで番組を持ったことがありますがブランディングとしてはとても大きい成果がありました。やめてからかなりになるのですが、いまだに「そういえばラジオ番組やってましたよね?」と聞かれることもあります。コミュニティーFMで番組を持つのはかなり安いコストでできますので、いちどあなたの住んでいる場所のコミュニティーFMで、見積もりをしてもらうといいと思います。下手なインターネット広告を打つよりも場合によっては成果が出ることもあります。

 

まとめ

1人のお客様獲得するためにどんな方法があるかということをお伝えしました。

 

いろんな方法があるのですが、基本中の基本は「できるだけあなたの近くにいる人をお客様にする」ということです。近くと言うのは距離的なものもあるし、関係性と言うこともあります。新規集客はただでさえコストと時間がかかると言う事等を覚えておいてください。その観点からしても、あなたを知っている、もしくはていそうな人にアプローチするという事はとても大事な戦術になります。

 

このようにいろいろ試行錯誤して集めた方法で1人のお客様を10人100人と増やす事は決して難しくありません。まずはあなたの目の前の1人のお客様に集中してみてはいかがでしょうか?

 

今回も最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 

 

■《無料》前に進みたい起業家のための個別相談受付中■
   ↓↓↓↓↓↓↓↓↓
https://blog.infowave-okinawa.com/2020

■新垣への質問、ブログの感想はこちらから■
https://ws.formzu.net/fgen/S84498067/

 

 

●ブログでは出せない秘密情報や優良案件をLINE@で提供しています。登録頂いた方に「集客方法30」という無料電子ブックプレゼントしています。下のボタンからご参加下さい♪

*必ずメッセージかスタンプを返して下さい♪

友だち追加数

 

 

 


ABOUTこの記事をかいた人

今年で起業して10年を迎えました。10年前に貯金ゼロ、人脈ゼロ、資格なしで起業しましたが現在全国にクライアントをもつまでになりました。流行りのノウハウに惑わされることなく基礎を固めながら10年続く足腰の強い本物のビジネスをしませんか?