事業を成功させる最大のポイントは人!


 

こんにちは。
10年後も笑顔!の起業家を育てるコンサルタント新垣覚です。
ビジネスは継続する事が大事です。
しっかりと基礎を固めながら10年続く足腰の強い本物のビジネスをしませんか?

私は「貯金ゼロ」「人脈ゼロ」「資格なし」の状態で起業して今年で10年目を迎え、全国にクライアント様をもつようになりました。まずは6か月かけて「自分の人生の大切なものを最優先して稼ぎ続ける起業家」に進化しませんか?

 

起業して10年になるのですが、サラリーマンの頃に起業について考えていた内容は「どのような業種で起業するか?」といったことや「どんな集客ノウハウを使うか?」など表面ばかり見ていたように思います。

 

起業して実際にビジネスをしているとはっきりわかることがあります。それは起業してビジネスを成功させるには人が1番大切な要素だということです。

 

確かに、人が仕事を依頼するし、お金を払ってくれます。いくら頭でわかっていても実際にビジネスをするまでは意外に二の次、三の次になってしまうことが多いです。

 

今回は起業して1番大切な要素は人であることをお伝えしたいと思います。

 

お金やノウハウだけでは成功しない

 

と言われてもやはりお金やノウハウが大切だと思う人は多いと思います。実際にお金やノウハウが不必要とまでは言いません。

 

しかしよく考えて欲しいのですが、例えば味も値段も同じレストランがあったとします。一方のレストランは接客が最高でとても心地良い雰囲気です。

 

しかし、もう一方は対応が事務的で居心地が悪いとします。あなたはどちらを選びますか?

 

このような具体例を出すとお金やノウハウだけでビジネスが成り立たないということがよくわかると思います。

 

ビジネスの成功の最大のポイントは人と言う事は間違いありませんが、人と言うのは2つの側面があります。まず自分自身、そしてお客様です。

 

いくら良いお客様でもあなたが合わなければビジネスは成り立ちませんし、逆も然りです。自分と相手という2つの側面からこの「人」というものを考えていきたいと思います。

 

まずは自分自身を整える

私は、ビジネスをするにあたってまず自分自身をしっかりと整えることが大切だと思います。

 

整えると言うのはいろいろな意味があります。まず必要なのは、なぜビジネスをしているか?というあなたのビジネスの目的をしっかりさせることです。

 

抽象的すぎて意味がわからないと思う方もいるかもしれませんが、例えば「俺は金儲けのためだけに生きている!だからビジネスをしているんだ」という人がいれば、あなたはどうでしょうか?絶対に引きますよね。

 

もちろんビジネスですからお金のために働くと言うことが大切です。しかし先程のレストランの例でもわかるようにビジネスはお金を得ることが目的であっても例えばお客様を楽しませるとか、満足してもらうとか、おいしい料理を追求するとかと言う目標がなければ人は動きません。

 

人は感情で生きる生き物です。ですから感情が動かない限りはお金が動かないということも間違いないです。

 

 

その意味ではビジネスの目的をしっかりと整えるということが大切です。

 

そしてこれも結構抽象的な話なのですが、人間性を磨くと言うことも大切です。これは私がサラリーマン時代に経験したことなのですが、私自身は最高に相手をおもてなしし丁寧に対応したつもりでしたが、後でお客様から社長に「あいつの態度は何なんだ。人をなめているのか。偉そうにしている」とクレームが入りました。

 

私はとてもショックを受けましたが、人は自分には誰でも甘いものです。そして自分の評価はお客様が決めるものです。その事件以来私はどのように対応するか?ということに関しては人一倍気をつけるようにしました。

 

具体的には先輩に自分の接客等のレビューをしてもらい反省するというものです。また、お客様に直接聞いてみることをしました。すると、やはりお客様にとって私の評価はまちまちでした。

 

懇意にしているお客様に対しては手厚くおもてなしをしている反面、はじめてのお客様などには事務的な対応しているということがわかりました。

 

そのような経験をサラリーマンの時にしていたので、私は起業してからも特にお客様に対する対応に関しては人一倍神経を使ってきました。

 

人間性と言うものは一長一短で育つものではありません。だからこそ、少しでも時間を縮めるのであれば、自分目線で物事を図るのではなくお客様に合わせていくということが大切だと思います。

 

人間性を高めていくと言う意味では本を読むと言うことがとても大切だと思います。サラリーマン時代は、社会的に地位のある人との会話が多かったので少しでも会話をしようと思ったら本を読む事は絶対条件でした。この経験も自分の人間性を形成するのに大きく役立ったと思います。

 

次に自分を整えるものとして、シンプルですが相手のことを尊敬するということも大切だと思います。先程の私の話ではありませんが、相手に馬鹿にされているとか、上から目線だと捉えられたらそこでおしまいです。信頼関係が気づけないどころか、ビジネスが破綻してしまいます。

 

実際に、私が起業してからもそのような失敗を多く重ねてきました。相手をきちんと尊敬すると言う事は心の底から尊敬しないと相手に分かってしまいます。尊敬をすると言う事は、自分よりも相手の方が上だと思うということです。

 

よく、あのお客様の理解がないとか、あのお客様知識が浅いなどと文句を言っている人を見かけますが、そのような形でもわかってもらう理解してもらうことがビジネスマンとしては大切なことだと思います。そして、相手を批判する時点で尊敬していない事と同じだと思います。

 

このような相手を尊敬するという態度は自然と伝わります。ですから自分の人間性を向上させさらに相手にも良い印象与えようと思ったら何の疑いもなく相手を尊敬するということが大切です。

 

自分を整えるということでは相手を尊敬することに近いのですが話をよく聞いてあげると言うことが大切です。相手を尊敬していなければ話を聞くこともできません。

 

ですから尊敬する事と話を聞くと言う事はかなり一体だと思います。

 

実際に話上手よりも相手の話をよく聞く人の方がビジネスで成功します。

 

サラリーマン時代、それから起業してからも多くのセールスマンを見てきましたが、買いたくなるのはやはり自分の話を聞いてくれる人からでした。

 

逆に、話を聞かずに自分のことばっかり話をしている人からは何も買う気が起こりませんでした。それはどんなビジネスでも一緒だと思います。

 

人の話を聞いているかどうかという事はすぐに自分でもチェックできます。許可を得てお客様との会話を録音すると言うことです。これを後で聞き返してみてください。どれくらいの割合で自分が話しているのか?チェックすることでお客様の話を聞いているのかどうかがすぐにわかります。

 

起業してからも私はお客様の許可を取ってお客様との会話を録音させてもらいました。最近ではズームでオンラインでのビジネスをしている人も多いと思いますが許可を取って録画録音してみることをおすすめします。そして録画録音したら必ず聞き直してみてください。あなたの足りていないところが必ずあります。

 

 

それはとても恥ずかしいことですが、しっかりと最後まで聞いて自分のウィークポイントを明確にするだけでも自分の成長につながります。

 

このように相手の話を聞く体制を作ると言うことも自分を整えることだといえます。

 

出会いは選り好みしていい

ビジネスの成功の最大のポイントは「人」ということでお伝えしていますが、これまでは自分自身の立場から見てきました。しかし、相手つまりお客様も人の要素になります。

 

「自分自身がある程度整っていたら」という条件はありますが、お客様は選り好みしてもいいと思います。

 

起業してまだビジネスが順調でない頃に選り好みするのは勇気がいりますが、例えばこのお客様とは価値観が違うとか、このお客様とは絶対合わないということがビジネスをしている中ではやはりあります。

 

その時に無理に仕事を受けると間違いなく良くない結果が起こります。そんな時は、理由をつけてとにかくその仕事をやらないということも大切です。

 

逆に著しくそのような合わない感じがしない人の仕事はどんどん受けるべきです。このさじ加減が難しいのですが、1つのバロメーターとしてあなたがきちんと整っていなければ、変なお客様ばかりくることが多いはずです。

 

しかし、良いお客様ばかりに恵まれているとしたらあなたが整ってきている証拠かもしれません。

 

 

その意味でも、やはり自分自身を整えると言うことを先にしなくてはいけないことがわかると思います。

 

選り好みすると言うと悪いことをしているように感じる人も多いと思いますが、それは結局相手も同じです。ビジネスの中では選り好みされるまたは選り好みするという事は当然のことだと思うとあまり心が動かなくなります。シンプルに考えることが大切かもしれません。

 

また、起業してビジネスを始めると異業種交流会みたいなものに出かけることも多いと思います。その時に矢継ぎ早に名刺交換をすると思いますが、その時にもぴんとくる人やぴんとこない人がいると思います。

 

ぴんとこない人には多分この先も縁はないと思うのであっさりと切り捨ててもいいと思います。

 

ビジネスの中ではあるあるだと思いますが、そのような失敗を重ねてだんだんと自分とお客様の相性がわかるようになってくるはずです。

 

忘れてほしくないのは、お客様は皆公平ではないと言うことです。選り好みして贔屓することが大切です。

 

第一印象に頼らない

最初会ったときには好印象だったのに付き合ってみると良いお客様ではなかったり合わなかったりすると言うことがよくあります。また逆に最初は好印象だったけど付き合えば付き合うほど嫌なお客様だったと言うこともあります。

 

お客様がここまで印象が変わってしまうのには自分自身にも問題があるだろうし、最初からマッチングの問題があったのかもしれません。

 

もし、自分とお客様が合わないと感じた時は無理に追いかけるのは決してしないほうがいいと思います。人はすでに成長したり変化しています。その中で出会った時点とフェーズがお互い変わってしまうと言う事はやはりあると思います。

 

私も良いお客様がそのように合わなくなることが何度かありました。

 

その時に無理に関係を続けようとこちらからアプローチすると余計におかしなことになってしまったことがあります。人間関係はなかなかコントロールできるものではありません。素直に受け入れると言うことも大切かもしれません。

 

しかしながら、メラビアンの法則では無いですが第一印象は大切です。ですから常にあなたの第一印象を良くするための努力は必要だと思います。

 

これは私の反省でもあるのですが、起業した当初私はサラリーマン時代と同じようにロン毛で仕事をしていました。

 

それを自分らしさと思っていたのです。でも今考えるとそれは自分の身勝手な考え方でありお客様にとってはよっては不愉快な気持ちになってなったりする人もいたはずです。その意味では自分で自分のビジネスのチャンスをつぶしていたかもしれないと思います。

 

第一印象の自分らしさを追求するのであればある程度成功してからでも遅くないと思います。清潔感やあなたの人柄がしっかりと伝わるようなシンプルな形で行くことが間違いないと思います。

 

まとめ

今回はビジネスを成功させるための最大のポイントは「人」という事についてお伝えしました。

 

集客のノウハウを学んでいても、自分自身の見せ方や相手との対応の仕方を学ぶ人は意外に少ないです。

 

もしかしたら接客の技術やお客様に対してどう捉えられるか?というイメージをコントロールするのは起業してビジネスをするにあたって大切な要素かもしれません。

 

特にIT関係の仕事だとラフな格好も多いのですが、スーツまではいかなくてもやはりしっかりとした印象を持ってもらう事は大切かと思います。

 

いろいろとお伝えしましたが、私自身ももう一度自分の人としての魅力を向上させたり、良いイメージを与えられるように修正していこうと思いました。

 

あなたはいかがだったでしょうか?

 

今回も最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 

 

■《無料》前に進みたい起業家のための個別相談受付中■
   ↓↓↓↓↓↓↓↓↓
https://blog.infowave-okinawa.com/2020

■新垣への質問、ブログの感想はこちらから■
https://ws.formzu.net/fgen/S84498067/

 

 

●ブログでは出せない秘密情報や優良案件をLINE@で提供しています。登録頂いた方に「集客方法30」という無料電子ブックプレゼントしています。下のボタンからご参加下さい♪

*必ずメッセージかスタンプを返して下さい♪

友だち追加数

 

 


ABOUTこの記事をかいた人

今年で起業して10年を迎えました。10年前に貯金ゼロ、人脈ゼロ、資格なしで起業しましたが現在全国にクライアントをもつまでになりました。流行りのノウハウに惑わされることなく基礎を固めながら10年続く足腰の強い本物のビジネスをしませんか?