あなたのビジネスにコンサルタントを活用する時に気をつけてほしい事


 

こんにちは。
10年後も笑顔!の起業家を育てるコンサルタント新垣覚です。
ビジネスは継続する事が大事です。
しっかりと基礎を固めながら10年続く足腰の強い本物のビジネスをしませんか?

私は「貯金ゼロ」「人脈ゼロ」「資格なし」の状態で起業して今年で10年目を迎え、全国にクライアント様をもつようになりました。まずは6か月かけて「自分の人生の大切なものを最優先して稼ぎ続ける起業家」に進化しませんか?

 

現在私はコンサルタントと仕事を生業としています。しかしながら、コンサルタントといえどもあなたと同じようにサポートしてもらうためにコンサルタントにお願いをしています。

 

誰でも自分のことを客観的に考えると言う事は苦手であり、人は自分に甘い動物なのでどうしても1人では効率的にビジネスを進めることができません。

 

また、自分自身の知識では限界があるし、新しい知識を仕入れている間に時代はどんどん先に進んでしまいます。それよりは既にその知識を持っている人にサポートお願いしたほうが間違いなく効果的です。

 

そんな私自身がコンサルタントにサポートしてもらっている立場からあなたのビジネスにコンサルタントを活用するときに気をつけてほしいことをお伝えしたいと思います。

 

何をサポートしてほしいか明確化する

これはコンサルタントをお願いするときにまず1番初めにやっていてほしいことです。というのも、コンサルタントは魔法使いだと勘違いしている人がいます(苦笑)

 

コンサルタントに頼めば何でもかんでも売り上げが上がるとか、成果が出るということではありません。

 

ここで前提となるのは、コンサルタントはあなたのサポートはできても実際にビジネスを動かすのはあなただということを忘れてはいけません。

 

これが代行業であれば話は別ですが、コンサルタントは代行業ではありません。もちろん一部代行をしているコンサルタントもいるかもしれませんが、コンサルティング料金とは別のはずです。

 

コンサルタントは、あなたの運転する車の助手席に座り、あなたをナビゲーションしたり近道を教えてあげたりする役割を考えるとスッキリすると思います。

 

 

車を運転するのはあなたということを決して忘れないでください。そのことを前提に、今あなたが何に困っているか、何がわからないか、どんな目的地に行きたいかということをはっきりさせた上でコンサルタントを選ぶ必要があります。

 

コンサルタントといってもそれぞれ得意分野があります。そこにうまくフィットしていないとせっかくお金を払ってもミスマッチになるということが出てしまいます。

 

ですから、まずあなたに何が今足りていないかと言うことをしっかりと事前に把握することが大切です。また、もしそれがわからなくてもそれを含めてコンサルティングしてくれる人もいますのでとにかくコンサルタントに頼めば何でも解決すると言う考え方を止めて、適切な人を選ぶように心がけてください。

 

手前味噌になりますが、私のコンサルティングは、今何が足りていないのか、今何がわからないのかがわからない方が多いです。それを並走しながら一緒に考え改善していくと言うことをやっています。

 

自分の相性を事前に確認する

コンサルタントに仕事をお願いすると、一定の期間一緒に仕事をすることになります。その際大事なのはもちろんそのコンサルタントが目標を達成するためのサポートをしてくれるかということもありますが、それ以上に相性が大切だと思います。

 

私もこれまでいろいろな人にコンサルティングをお願いしましたが、コンサルティングをお願いしてから相性が悪いなと感じたことがあります(苦笑)

 

相性と言うのはいろいろな意味がありますが、私の場合はコミニケーションが取りづらくビジネスのスピードが上がらないということを感じていました。

 

このような自分の相性を事前に確認する方法はいろいろあります。まず大抵の方が体験コンサルティングや、無料相談をしているはずです。その中でしっかりと自分との相性を確認することができるはずです。

 

また、人によってはそのような無料のオファーの中で契約を求めてくる人もいますが、そのような場合無理に契約をする必要はないと思います。

 

コンサルティング料金は決して安くありません。それを無駄に使う事は避けた方が良いので、まずこの人ならお願いできるとしっかりとあなたが確信を持った時点でお願いすることが必要だと思います。

 

また、無理に契約を迫るようなコンサルタントは私はあまり良いコンサルタントだと思っていません。コンサルティングはあくまでも依頼主とコンサルタントの信頼関係の中で作られていくものです。

 

その前提となる信頼関係が築けないと決して成果は出ないので注意してほしいと思います。

 

体験コンサルや、無料相談はそのようにお互いの相性を確認する大切な場なので悩みを解決する事はもちろんですが、それ以上に今後の関係性を見極める場にしてほしいと思います。

 

実績は大事だが鵜呑みにしない

これはもちろん私もそうですが、コンサルタントにお願いする場合にまず気になるのはその人の実績です。

 

実績がない人にコンサルティングをお願いするのは怖いですし、そのような博打は避けるべきだと思います。

 

しかし、実績も大事ですが、その実績を鵜呑みにしないと言うことが大切だと思います。例えばどんなコンサルタントもそうですが成果が出る人と出ない人がいます。

 

成果が出るという人はもちろん頑張っていたということもあるのですが、先ほどお伝えしたように相性やその他の問題があって成果が出なかったことも考えられます。

 

またこれもコンサルタントの仕事であるあるの話なのですが、やはりある程度結果が出ているもしくは結果が出そうなクライアントさんの方がしっかりとした成果を出すことが簡単です。

 

もしあなたがそのようにもう少しで結果が出そうな状態であれば良いのですがそれ以前の段階だとするとミスマッチを起こす可能性もあるかもしれません。

 

特にビジネスのコンサルタントは起業前から起業後、ある程度ビジネスをしている人などサポートする得意分野があります。

 

あなたがしっかりとそのサポートする対象にぴったり合っていれば良いのですがそうでない場合ミスマッチが起こり実績が出せない事はあります。

 

 

また、これは私の持論なのですが、ビジネスの「成果」はある瞬間の切り取りです。一時的に結果が出てもその後どのようにその人のビジネスを成長させていくかがとても大切だと思います。

 

ですから、例えばグループコンサル的なものでたくさんの感想を集めてそれを成果にしている人もいますが、私がコンサルタントを選ぶときは、そのように短期的な切り取りの結果ではなく長期的にどのようにクライアントさんを成長させているかと言うことを見るようにしています。

 

私もコンサルタントなのでよくわかるのですが、瞬間的に自分の良いところを見せるのは簡単です。それに、私はコンサルタントはクライアントさんの人生を左右する大切な仕事をしていると思っています。ですからクライアントさんの人生に責任を持つと言うと言い過ぎですが、そこまでしっかりとクライアント様のことを寄り添って考えられる人の方が実績以前に大切なことだと考えています。

 

依存させないことが重要

コンサルタントとクライアントは信頼関係に基づき一緒にビジネスをしていくパートナーです。

 

一般的な人間関係や夫婦関係などもそうですが、パートナーと言うのはお互いが自立し尊敬しあえる立場が理想的です。

 

しかしこれがどちらかもしくは両方が依存的であった場合健全ではないと思います。特にビジネスはシビアな世界です。依存的な関係であると結果が出ないばかりでなく精神的にもかなり被害が起きます。

 

私もこれまでコンサルタントに依存してしまったことがありますが、コンサルタントである私ですらこうですから、普通の人であれば依存的な考え方になったり依存的な関係になることが多いと思います。

 

その時に、思い出してほしいことがあります。私のコンサルティングのメンターである中村仁さんの言葉です。「コンサルタントはクライアントと共に座して考える」と言うものです。つまりコンサルタントは上から目線でクライアントにあれやこれや指示するのではなく、同じ目線で一緒に考え歩んでいく存在だということです。

 

私自身、この言葉を大切にしてコンサルティングをしていますし、コンサルタント選ぶときにもこのような視点で上から目線ではなく同じ視点でサポートしてくれる人にお任せするようにしています。

 

依存的な関係は何も良いことがありません。もしかしたら意図的にあるいは無意識に依存的な関係関係を作ってしまうコンサルタントもいるかもしれないので、とにかく気をつけてほしいと思います。

 

まとめ

今回は、私自身コンサルタントにお願いすることがあるのでその視点で色々とお伝えしました。

 

私がコンサル担当しているからではなく、一つはっきり言えることがあります。それは1人でビジネスは絶対にできないということです。適切にあなたをサポートしナビゲートする人が絶対に必要です。

 

私自身、独りよがりでビジネスをしている頃は全く結果が出せませんでしたが、尊敬できるコンサルタントの方にお願いすることで成果を出し自分の夢が実現できるようになりました。

 

今は、誰でも簡単にコンサルタントになれる時代です。ですから、その人の人間性や成果を含め1人の人間としてお付き合いした時、共に歩めるか?と言う視点でコンサルタントを選ぶことが大切だと思います。

 

ぜひ、あなたのビジネスをさらにスキルアップさせるコンサルタントに出会ってください。今回の記事が何かの参考になれば嬉しいです!

 

今回も最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 

 

■《無料》前に進みたい起業家のための個別相談受付中■
   ↓↓↓↓↓↓↓↓↓
https://blog.infowave-okinawa.com/2020

■新垣への質問、ブログの感想はこちらから■
https://ws.formzu.net/fgen/S84498067/

 

 

●ブログでは出せない秘密情報や優良案件をLINE@で提供しています。登録頂いた方に「集客方法30」という無料電子ブックプレゼントしています。下のボタンからご参加下さい♪

*必ずメッセージかスタンプを返して下さい♪

友だち追加数

 

 


ABOUTこの記事をかいた人

今年で起業して10年を迎えました。10年前に貯金ゼロ、人脈ゼロ、資格なしで起業しましたが現在全国にクライアントをもつまでになりました。流行りのノウハウに惑わされることなく基礎を固めながら10年続く足腰の強い本物のビジネスをしませんか?