「たがが借金」と考えよう【ビジネスチャンス】


 

こんにちは。
10年後も笑顔!の起業家を育てるコンサルタント新垣覚です。
ビジネスは継続する事が大事です。
しっかりと基礎を固めながら10年続く足腰の強い本物のビジネスをしませんか?

私は「貯金ゼロ」「人脈ゼロ」「資格なし」の状態で起業して今年で10年目を迎え、全国にクライアント様をもつようになりました。まずは6か月かけて「自分の人生の大切なものを最優先して稼ぎ続ける起業家」に進化しませんか?

 

これは私が経験したからわかることなのですが、起業してビジネスをしたらある時点で借金をしなくてはいけないタイミングが来ます。

 

借金と言うと聞こえが悪いですが、主に銀行等からお金を借りるということです。

 

もちろん、無借金経営が良いという事はあるのですが、ビジネスを拡大したり成長させるときに自己資金を充実させることを待っていてはチャンスを逃します。

 

そのような意味でもビジネスの成長のために借金をする事は普通にあることなのです。

 

今回は借金について私の経験からいろいろお伝えしたいと思います。最後まで読んでいただけたら嬉しいです。

 

誰でも借金は恐い

前提として、誰でも借金は恐いです。私も起業してビジネスをする前は借金なんて考えたくもなかったし絶対にしたくないものの一つでした。

 

でも、少し落ち着いて考えて欲しいのですがあなたが何かものを買うときに、カードで支払いをする事はないでしょうか?

 

あれも、れっきとした借金です。そう考えると金額の高い・低いはあるにしろあなたも一定的に借金を繰り返してることがいえると思います。

 

でも、ビジネスにおいて借金をすることを恐れるのはやはり理解はできます。借金=大変=倒産など嫌なイメージばかりです。でも、ときには借金をしてでも乗り越えなきゃいけない壁がビジネスにはあるのです。

 

ある日突然借金持ちになった・・

このブログでもよく書くのですが、私は起業して2 、3年の頃に大きな借金を背負うことになりました。

 

共同経営者の人が裏切って夜逃げしため私は一夜にして多額の借金を背負うことになりました。

 

その時の気持ちは今でも忘れません。目の前が真っ暗になり、冗談抜きにこのまま消え去りたいと思ったほどです。

 

親にも家族にも相談できず、本当に苦しい時期でした。しかし、借金は返さなきゃ始まらない!と言う境地に切り替わってからは、借金に対する考え方も変わってきました。

 

私のビジネス自体も借金を機会に良い方向に変わってきました。何せ返さなきゃ始まらないので(苦笑)

 

そんな経験をしたから言えるのは、借金をしている状態は確かに心理的には苦しいですが、決して悪いことだけではないと言うことです。私のはじめての借金は、ビジネスを拡大するためや成長するためのものではありませんでしたが、私自身の甘いビジネスの考え方を一変させるのには大きく役立ちました。

 

借金があっても日常は変わらない

大きな借金をすると日常生活が変わると考えている方も多いです。実際に、私も贅沢は全くできませんでした。

 

でも、日常生活はそう今までと変わらないものでした。もちろん、返済するために全然余裕がないので、少しでも安いものを選んだり、食事を減らしたりと言うことをしていました。

 

しかし、家族にそのような負担をかけないとにかく気をつかってきました。結果として、それほど日常生活は借金の前と後とは変わりませんでした。

 

この経験も私にとって借金に対する考え方を変えるものでした。

 

よく漫画などで、食べられずに困っているような描写がありますが、あのような事はほとんどないと思ったほうがいいと思います。

 

だからといってどんどん借金をしろと言う話ではありませんが(苦笑)

 

でも、借金をしてどんどんと落ち込んでいく人も中にはいます。お金は大きなパワーを持っています。それは儲けたお金でも、借金であっても同じです。

 

しかし、どんなに嘆いていても借金を返さなければいけないですし、うじうじしている暇はありません。周りの状況を変えられなくても自分自身を変える事は簡単です。

 

私は借金は自分を大きく成長してくれるものだと実感したので変にネガティブに捉えずシンプルに今できることをやり続けてくることができました。

 

借金はビジネスを成長させる

これは本当に最近になって体験したことなのですが、ビジネスが成長していくとどうしても自分の手持ちのお金だけでは足りなくなります。そんなときにはやはり借金をする必要があります。でも、借金について悪いイメージしかないとそこで踏み出すことができません。これはビジネスの機会を逃していることになります。

 

私の周りの起業して成功している経営者たちは皆あるタイミングで適切な借金をしてビジネスを大きくしています。

 

本能的に勝負どころ知っているのかもしれませんが借りる時はとにかくガンガン借りていくのを何度も目にしました。

 

結果として自分のビジネスが大きくなり借金は返済できる上に利益も確保できると言うものがわかっているからだと思います。

 

こじんまりと自分の目線だけでビジネスをしているとなかなかこのような考えにはたどり着きません。私自身そのような経営者のやり方を見ていなければやり方を見ていなければ強くなっていたと思います。

 

お金と正しく付き合うチャンスになる

借金をする事は、お金と正しく付き合うチャンスになると思います。

 

自分の器以上のお金を持つと言う事は、チャンスでもあり危険でもあります。

 

しっかりとお金と正しく付き合う気持ちや、計画、目標がなければお金を失うことにつながります。

 

また、特にビジネスをどんぶり勘定でずっとやってきた人にとっては、借金をすると自分のお金の流れについてシビアにならざるをえません。

 

いかに無駄をなくし、利益を手元に残すかと言うことに関心が自然と向いてきますす。

 

私も以前は、稼いでおけばお金に困る事はないと考えていましたが、実はお金を残す方法も考えなければお金は残らないです。

 

その意味ではある意味強制的にそのようなことを考え、習慣化させることが借金にはあります。

 

いかに今まできちんとお金と向き合っていなかったか?と言うことを私も何度も実感しました。

 

まとめ

繰り返しになりますが、自分のビジネスを拡大成長させるために借金をしなければいけないときが必ず来ます。

 

その時に、伸るか反るか?でその後の結果が大きく変わります。

 

もちろん、簡単に借金をするものでは無いですが、勝負どころをしっかりと見極めきちんとお金と付き合うことが必要です。

 

また、これも考え方なのですが、お金を貸してくれると言う事はあなたに可能性があると言うことと同じだと思います。。

 

特に金融機関はシビアです。あなたにお金を貸してくれると言う事はあなたの将来性に対しての評価があるということです。

 

そう考えると、借金をできる状態と言うのは素晴らしいことだし、可能性に満ちていると思います。

 

今回の記事で、あなたの借金に対する考え方が変わり少しでも心に余裕ができることを祈っています。

 

今回も最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 

 

《無料》前に進みたい起業家のための個別相談受付中■
   ↓↓↓↓↓↓↓↓↓
https://blog.infowave-okinawa.com/2020

■新垣への質問、ブログの感想はこちらから■
https://ws.formzu.net/fgen/S84498067/

 

 

●ブログでは出せない秘密情報や優良案件をLINE@で提供しています。登録頂いた方に「集客方法30」という無料電子ブックプレゼントしています。下のボタンからご参加下さい♪

*必ずメッセージかスタンプを返して下さい♪

友だち追加数

 

 


ABOUTこの記事をかいた人

今年で起業して10年を迎えました。10年前に貯金ゼロ、人脈ゼロ、資格なしで起業しましたが現在全国にクライアントをもつまでになりました。流行りのノウハウに惑わされることなく基礎を固めながら10年続く足腰の強い本物のビジネスをしませんか?