最初からたくさんの人に買ってもらうことを目指さない


 

こんにちは。
10年後も笑顔!の起業家を育てるコンサルタント新垣覚です。
ビジネスは継続する事が大事です。
しっかりと基礎を固めながら10年続く足腰の強い本物のビジネスをしませんか?

私は「貯金ゼロ」「人脈ゼロ」「資格なし」の状態で起業して今年で10年目を迎え、全国にクライアント様をもつようになりました。まずは6か月かけて「自分の人生の大切なものを最優先して稼ぎ続ける起業家」に進化しませんか?

 

 

起業してビジネスをするからにはどうしても売り上げを上げたいのは誰も同じです。そうなるとできるだけたくさんの人に買ってもらいたいという気持ちが大きくなります。

 

実際、ビジネスを成長させていくにはたくさんの人に買ってもらう必要があるのですが、1人型の起業家のようにスモールビジネスの場合、たくさんの人に買ってもらうという事は意外に難しい点がたくさんあります。

 

どうしても、売り上げを上げるためにたくさんの人に買ってもらうということを目指しがちですがそれをやると失敗してしまう可能性も高いのです。

 

今回はたくさんの人に買ってもらうこと無しにどうやって売り上げを上げていくか?という方法と私の経験をお伝えしたいと思います。

 

売り上げを上げたいけど・・・

では売り上げを上げるためにはどうしたらいいでしょうか?もちろん、たくさんの人に買ってもらうということが1番シンプルです。しかし、特に起業して最初のこれはあなたは実績も信頼もありません。

 

そんな時に買ってもらうにはシンプルですがまず信用してもらうことが大切です。その心を重ねて信頼に変えていくこのプロセスは決してショートカットできません。ですから、特にビジネスのスタートの時期はたくさんの人に売ることではなく信用を得ると言うつもりでビジネスをしていくことが大切です。

 

今はインターネットSNS発展しているのでいるので良いことも悪いこともあっという間に世間に広まってしまいます。その意味ではまずあなたの信用を積み重ね信頼に変えていくと言う商品サービスの販売方法がベストだといえます。

 

私は起業して10年を超えましたが、同期でビジネスをスタートした人の中にはもう起業家ではなくサラリーマンに戻っている方も多いです。

 

今、考えるとそれらの方は同業者を悪く言ったり、お客様に文句を言ったりと結構やりたい放題でした。淘汰されるのもしょうがないな・・と思います。

 

あなたのビジネスはどのタイプ?

私のメンターの1人である西田光弘先生から習った、ビジネスのタイプで言えば3つに分類できます。

コンビニエンスタイプ

1つ目はコンビニタイプと言われているものです。コンビニとはあなたの街にもあるコンビニエンスストアのことです。

 

コンビニエンスストアは小さな売り場に厳選した売れる確率の高い商品だけ置いています。

 

そして、宅配便や郵便、その他の支払いサービスなどコンビニエンスストアに行けばいろんなことがワンストップでできる文字通り便利なところです。

 

 

私たちがコンビニエンスストアに求めるものは何でしょうか?それは主に「便利で早い」ということだと思います。

 

従業員のサービスや、居心地の良い店内などは期待する人は少ないと思います。ワンストップで買い物をしたりその他のことをさっさと済まして帰る。それがコンビニエンスストアの特徴です。

プロフェッショナルタイプ

2つ目のタイプは、プロフェッショナルタイプです。文字通り「職人型」のタイプになります。

 

私は、刃物や刀に興味があるので岐阜県の関市の職人が作る刃物や刀の写真をよく見ます。

 

本当に見ているだけでも美しいもので、芸術作品を見ているように心が洗われます。注目すべきはその値段です。多分あなたの常識と1桁、2桁違うはずです。

 

 

それはそれで当然のことだと思います。伝統的な製造手法をきちんと守りまさに職人にしかできないそれらの製品は価値のあるものであり、他と比べるものでない事は確かです。

 

ですから、金額も高いし、納期やデザインなどはこちらからのオーダーというよりは職人が全て決めるものになります。

 

行ったことがないのですが、有名な日本料理店や寿司屋さんもそうですよね?お客さんよりも職人さんの方が主役の世界がそこにはあります。実際にビジネスにはこのようにお客様ではなく職人がリードしていくというタイプもあります。

フレンドリータイプ

3つ目のタイプは、フレンドリータイプです。これは文字通り「親しい」と言う意味です。お客様との機密性や、関係性に重きを置いたタイプになります。おそらくほとんどの1人型の起業家はこのフレンドリータイプに属するのではないでしょうか?

 

 

どのように売り上げを上げていくか?と言う事はこの3つのどのタイプに分類されるかで随分変わっていきます。

この3つのタイプについて説明するだけで膨大な時間がかかるので今回は端折りますが、あなたはどのタイプなのか考えてみるのも良いきっかけになると思います。

 

お客様を理解していますか?

前述したこのタイプかということが決まると先的にお客様のタイプも決まってきます。

 

あなたのお客様はどのタイプなのか?ということで商品サービスの質も変わってくるし、もちろん値段も変わってきます。そのためにはお客様を理解することが必要です。

 

あなたのお客様が、コンビニエンスタイプを利用する人であれば便利さを求めるので、そのようなお客様の立場に立ってどうやったらあなたの商品サービスを便利に使ってもらえるか?ということをに集中すべきです。

 

また、あなたのお客様がプロフェッショナルタイプを望むお客様であれば、職人としてどれだけ高いクオリティーとクオリティーと満足感を与えるか?ということに集中しなくてはいけません。

 

あなたのお客様がフレンドリータイプのお客様であればどれだけ密着した親密な関係性を作れるか?ということに集中しなくてはなりません。

 

一つ言える大切な事は、この3つのタイプにあなたのお客様は必ずきちんと分かれるということです。ほとんどの場合、例外はなく私の今までの経験から言うと、この3つのタイプのお客様相手にするか?ということをミスるとその後が芋づる式に間違ってしまうので売り上げを上げることがかなり困難になってきますので注意してください。

 

リピートや口コミをつなげていく

この記事を読んでいるあなたも間違いなくフレンドリータイプに分類されるはずです。

 

私の今までのクライアント様も100%このタイプでした。中には、自分はプロフェッショナルタイプだとか、フレンドリータイプだとか思っている人もいましたが、いくつかの大切なポイントを確認していくと必ずフレンドリータイプに落ち着きます。

 

コンサルティングの中でこの辺をしっかりと確認していくので安心してください。スタートを間違うとゴールまで間違えてしまいますので。

 

フレンドリータイプは今回のテーマでもあるたくさんの人に買ってもらうという事からかなり遠い位置にあるスタイルになります。

 

フレンドリータイプがすべき事は、とにかくお客様に信用してもらい信用を重ねて、リピートしてもらうことが大切です。

 

私の経験から、1番大切なのは「接触回数」になります。いくらあなたが良い仕事をしても、例えば一年間、疎遠になればお客様はあなたのことを忘れてしまいます。

 

あなたの代わりになるライバルはいくらでもいるのです。商品サービスを売る立場になるとこの視点を忘れがちです。あなたも私もお客様にとって特別な存在ではまだないのです。

 

そのためにすべきは接触回数を上げていくことしかありません。あなたの顧客リストをいちど広げて確認して欲しいのですが、

 

・お客様とコミュニケーションが取れていますか?

・疎遠になってるお客様は何人いますか?

・すっかり離脱してしまったお客様は何人いますか?

・今残っているお客様とどれくらいのペースでコミュニケーションしてますか?

 

 

これらのことをしっかりとやっていくだけでも自然とは売り上げは伸びます。

 

そしてフレンドリータイプのビジネスではしっかりと関係性を構築してそれを保っていけば、少なくとも10年はお客様としてwin-winで利益を上げる可能性が出てきます。

 

多分、あなたは「あのコンビニエンスストアは私にとって特別だからあそこ以外は行かない」という事はありませんよね?

 

また、プロフェッショナルタイプだとしても、プロフェッショナルタイプは少なくても商品サービスの金額がライバルの10倍以上のものになるますので、なかなかリピートできるものではありません。

 

とにかく、関係性をため保つために「接触回数を増やす!」ということを絶対に忘れないでください。実は、いろいろなビジネスモデルでも、しっかりとコミニケーションお客様と継続できている人は無理をせず売り上げを上げることができます。

 

そのためには、まずどうやって接触回数を確保するかという方法もよく考えなくてはいけません。私の知人にインターネットが盛んなこの時期にあっても手書きの葉書を送ってくる方がいます。

 

やはり今手書きの葉書をもらうととても感動しますし印象に残ります。このようにアナログでももちろんオッケーです。

 

LINEやメルマガなどしっかりと確立された方法を使うこともオッケーです。しかし、行き当たりばったりでお客様との接触回数を加工できる方法またあなたが持っていないとすれば早急にそれを構築していく必要があります。

 

そうしなければ常に新規のお客様を探し回ると言う本当に苦しいビジネススタイルになってしまうからです。

 

まとめ

今回はたくさんの人に買ってもらうことが必ずしも必要ではないということをお伝えしました。記事の中でお伝えしたように3つのタイプで分析した上で購入回数を増やしたり、単価を上げることで売り上げを上げていくことができるようになります。

 

最後の最後でネタバラシをするとたくさんの人に買ってもらう必要があるのはコンビニエンスタイプになります。ですから、あなたがコンビニエンスタイプではなければたくさんの人に買ってもらう必要はそもそもないといえます。

 

この辺は短い記事の中でなかなかお伝えできないので、もしあなたがどのビジネスタイプなのかわからない場合はぜひ無料の個別相談を活用してみてください。それだけでも今までと見える景色が変わり、やるべき事が変わることが実感できるはずです。

 

今回も最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 

 

 

《無料》前に進みたい起業家のための個別相談受付中■
   ↓↓↓↓↓↓↓↓↓
https://blog.infowave-okinawa.com/2020

■新垣への質問、ブログの感想はこちらから■
https://ws.formzu.net/fgen/S84498067/

 

 

●ブログでは出せない秘密情報や優良案件をLINE@で提供しています。登録頂いた方に「集客方法30」という無料電子ブックプレゼントしています。下のボタンからご参加下さい♪

*必ずメッセージかスタンプを返して下さい♪

友だち追加数

 

 


ABOUTこの記事をかいた人

今年で起業して10年を迎えました。10年前に貯金ゼロ、人脈ゼロ、資格なしで起業しましたが現在全国にクライアントをもつまでになりました。流行りのノウハウに惑わされることなく基礎を固めながら10年続く足腰の強い本物のビジネスをしませんか?