プログレッシブ・ロックが好きなんですが何か?


 

んにちは。
新垣覚です。

 

 

こうやって読んでいただきありがとうございます!

 

 

今日は私の趣味の話です。
少し前のブログ記事でキング・クリムゾンのアルバムのジャケット写真を採り上げたので書きたくなりました。

 

 

宜しければ少しだけお付き合い下さい(^_^)

 

 

私は中学1年生からエレキベースを始めました。
とはいっても自主的に始めた訳ではなく

 

 

すでにエレキギターをもっている友達から
「バンドをやらないか」と誘われて空いていたパートが
ベースだったというだけです。

 

 

楽譜も読めないし音楽も当時は洋楽をラジオで聴くだけでした。

 

 

今は情報がたくさんあるしyoutubeとかで古今東西の音楽が聴けるからいいですが昔はラジオや専門音楽雑誌の情報がすべてでした。

 

 

ギターをもっている友人は兄貴がいて音楽はその兄貴から100%影響を受けていました。

 

 

その彼が聴いていたのがハードロック。
そしてバンドを組もうと言われたのもハードロック。

でもハードロックはギターやドラム、ボーカルは派手で楽しいですが

ベースはシンプルで地味。
当初は何がベースの音かも分かりませんでした。

 

 

友人がこれを聴いて勉強しろよ!
と色んなハードロックのLPから厳選した曲を1本のテープにしてくれました。

 

 

その記念すべき1曲目がマイケルシェンカーグループの
「READY TO ROCK」
私のハードロック好き人生はこれがスタートでした。

 

 

 

 

最初は正直全然良いとも面白いとも思いませんでした。

 

 

だって当時聴いていたのがオリビア・ニュートン・ジョンとか
シーナ・イーストンでしたから(苦笑)

 

 

でもバンドをやりたいという下心もあり一生懸命聴いてるとだんだん病みつきに。

 

 

ハードロック自体は大好きになりました。
けれどもベースという楽器は地味過ぎて全然好きになれず。

 

 

そうこうしているうちに音楽雑誌で知ったプログレッシブ・ロックというジャンル。

 

 

ピンク・フロイド、ジェネシス、ELP,キング・クリムゾン・・・・
今や歴史の有名バンドばかりです。

 

 

ハードロックやジャズ、民族音楽その他の色んな音楽が混ざりあった
プログレッシブ・ロックはすぐに私の心を射止めました。

 

 

その中でもベースが主役?といえるほどに存在感があったバンドがYESというイギリスのバンドでした。

 

 

定番ですがYESの代表曲のひとつといえるこの曲で私は現在でもプログレッシブ・ロックを聴いています (^_^)

 

 

 

 

 

 

もしお悩みでしたら一緒に考えてみましょう!
アドバイスしますよ (^_^) 相談は無料です。
お問い合わせ/集客無料相談はこちらから

 

e_others_75 新垣覚がインターネットビジネスを学んだ教材はこれだけ。他には要りません!

 

 

●ラインでも無料相談承っています。下のボタンから追加下さい♪

友だち追加数

 


ABOUTこの記事をかいた人

凡人起業家のための夢実現コンサルタント新垣覚

自身が「貯金ゼロ」「人脈ゼロ」「資格なし」で起業したが今は全国にクライアントをもつコンサルタントに成り上がった経験から凡人起業家を「お客様から選ばれ稼ぎ続ける起業家」に変える事がミッション。