私のタナトフォビア(死恐怖症)の回答が見つかった!


んにちは。新垣覚です。

 

 

昔の私はタナトフォビア(市恐怖症)に苦しんでいました。

 

少し前に書いた過去記事を引用します。

 

 

こんにちは。
新垣覚です。

 

 

こうして読んでいただき感謝しております。

 

 

電通の社員さんの悲惨な過労死が話題になっています。

 

 

この問題については
“自ら命を絶つくらいなら会社を辞めればいいのに”
という意見をよく聞きます。

 

 

でもそれが出来ないからあんな悲しい事が起きるのです。

 

 

実は私も似たような経験があります。
私の場合は過労ではなかったのですが
自分で選んだ仕事にも関わらず理想と現実のギャップに悩み
どうしようもならなくなり

 

 

“自殺したらラクかもしれない“
としょっちゅう考えるようになっていました。

 

 

そして頭がボーッとなり
駅のホームから足を踏み外してやろう・・
と考えたり

 

 

このまま車に飛び込んでやろう・・
と考えたりしていました。

 

 

苦しいけれど周囲に相談も出来ず・・・
でも私は矛盾しているのですが親にも伝えられなかった事ですが
幼少の頃からタナトフォビア(死恐怖症)でもありました。

 

 

タナトフォビアって知らない方も多いと思いますが
死が突然怖くなり発作が出たり動悸が激しくなったりします。
その最中は全く正常な思考が出来なくなり

 

 

私の場合は死=無になるという悲壮感から
目の前が真っ暗になり、時にはのたうち回り
パニックになったりしました。

 

 

死にたいけど死にたくないという複雑な状態の中
どうにか正常な思考の時に逃げるようにその仕事を辞めました。

 

 

それからは、社会に出るのが恐ろしくなり引きこもった事もありました。

 

 

だからあの悲しい事件の方が抜けられないトンネルの中で
もがき苦しみ、仕事を辞めるという選択肢すら考えられない
状態がよく理解できます。

 

彼女のご冥福を心からお祈りしたいと思います。

 

 

 

 

 

少しでも同じ悩みをもつ人のために書いた記事ですが・・・

 

最近タナトフォビア(死恐怖症)について自分なりの回答が出ました。

 

きっかけは“アカシックレコード”という概念です。

 

 

 

 

アカシックレコードについて私自身がうまく説明できないのでwikipediaを引用します。

 

 

 

アカシックレコード(英: Akashic Records)は、元始からのすべての事象、想念、感情が記録されているという世界記憶の概念でアーカーシャあるいはアストラル光に過去のあらゆる出来事の痕跡が永久に刻まれているという考えに基づいている。宇宙誕生以来のすべての存在について、あらゆる情報がたくわえられているという記録層[を意味することが多い。アカシャ年代記(独: Akasha-Chronik、英: Akashic chronicles、アーカシャ記録、アカシアの記録)とも。近代神智学の概念である。

 

 

ある人のブログでこの考え方を知ったのですが、アカシックレコードの断片が蘇ってきているのがタナトフォビアだ!

 

 

そう確信できたのです。

 

 

なぜ、その記憶が表出したのか?は分かりませんがこれ以外説明がつかないのです。

 

 

ここに詳細は書けないのですが過去の(現世ではない)記憶の断片が突然出てくる症状に悩まされた時期があります。

 

 

両親に相談すると真剣にユタ(沖縄の祈祷師)のところに行く事も考えたそうですが・・

 

 

とにかく突発的なフラッシュバックみたいな症状に悩まされたいました。

 

 

でもそれもアカシックレコードが一部再生されていたのでは?と今は考えています。

 

 

私はスピリチュアルな立場の人間ではないです。心情的には。

 

 

でも現実がそれを追い越し、理解を求めている事が多々あります。

 

 

100歩譲ってもしアカシックレコードが存在するとすればそれは遺伝子レベルの情報だと思うんです。

 

 

そうなったら証明のしようもないですよね?

 

 

でも進化の課程を垣間見る時、私達は微小な生物にも太古から脈々と受け継がれている一筋の河の流れを感じます。

 

 

人間の祖先は臆病な小さな小さな小動物だったという説かあります。

 

 

進化の課程で種の保存のためにアカシックレコードのような情報が遺伝子レベルで蓄えられるのを私たちが完全に否定は出来ないと思います。

 

 

となると・・・誰しもがアカシックレコードに影響を受けて生きている事になります。

 

 

もしかしてそれっていわゆる“運命じゃね??”って思うんです。

 

 

もういかんともしがたい。先天性も後天性も飛び越えるみたいな。

 

 

だから流れに乗る事はとても大事だと感じています。

 

 

実は過去も現在も未来も同時に進行しています。そのどのラインを選ぶか?があなた次第です。

 

 

そして大事な事はアカシックレコードに沿った正しい判断ができた時に人は“正しい引き寄せの法則”を使えるようになります。

 

 

そして間違った判断をした時“間違った引き寄せ”が起きるのです!

 

 

あぁ、なんでこんなシンプルな事に今まで気づかなかったのだろう???

 

 

少し自分自身にあきれている新垣です。

 

 

 

 

 

●ブログでは出せない秘密情報や優良案件をLINE@で提供しています。登録頂いた方に「集客方法30」という無料電子ブックプレゼントしています。下のボタンからご参加下さい♪

必ずメッセージかスタンプを返して下さい。

友だち追加数

 

●メルマガでもブログでは出せない読者優先情報や勇気の出るマインドをお伝えしています。下のバナーからご参加下さい。

 

 

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

今年で起業して10年を迎えました。10年前に貯金ゼロ、人脈ゼロ、資格なしで起業しましたが現在全国にクライアントをもつまでになりました。流行りのノウハウに惑わされることなく基礎を固めながら10年続く足腰の強い本物のビジネスをしませんか?