倒産した親しいショップから学んだ事【起業のきっかけ】


 

こんにちは。
10年後も笑顔!の起業家を育てるコンサルタント新垣覚です。
ビジネスは継続する事が大事です。
しっかりと基礎を固めながら10年続く足腰の強い本物のビジネスをしませんか?

私は「貯金ゼロ」「人脈ゼロ」「資格なし」の状態で起業して今年で10年目を迎え、全国にクライアント様をもつようになりました。まずは6か月かけて「自分の人生の大切なものを最優先して稼ぎ続ける起業家」に進化しませんか?

 

もう15年ほど前の話です。

 

ある趣味にはまっていて、某ショップに入り浸っていました。

 

その世界では沖縄では有名なお店でした。

 

でも年を追うごとに品数が少なくなり

 

挙句の果てにはお店もどんどん小さくなっていきました。

 

最終的には以前のお店の4分の1位の広さまで小さくなりました。

 

15年前。
ちょうどヤフオクを普通の人が使い始め
ブログやホームページもたくさん出来た頃。

 

口には出さなかったがその店の店主は悩んでいました。

 

当時はサラリーマンの私は経営に関する知識なんてゼロ。

日曜日を心待ちする向上心ゼロの男でした。

 

でも、そのお店はつぶれてほしくない・・・
そんな一心で経営の本や売上の本、集客の本を読み漁りました。

 

機会を見てはその店主に
“こうしてみたらどうですか?”
みたいな提案をしたりしていた。

 

今考えたら迷惑だっただろうなぁ。
曲がりなりにも経営者に向かって素人がアドバイスする訳ですから。

 

でも、私はこのお店を立ち直らせる自信みたいなものがありました。
個人事業という私でもお金の流れや集客などイメージし易かったからかもしれない。

 

あとは、やっぱり同じ趣味なのでお客様目線になれた事が大きかった。

 

お客様目線で考える事はとても難しい(らしい)です。
私はその時の経験や今はコピーライターとしてのスキルと経験があるので
お客様目線で考える事はいとも簡単にできます。

 

今、考えればあのお店もお客様目線で見たら改善できるところや
修正できる事は山ほどありました。

 

今でも、あの時の事を思い出します。
何か自分に出来た事はなかったか?

 

結局、そのお店は潰れてしまいました。
店主もあれから会った事はないです。

 

 

あの時、他人事なのに必死に学んだ事が今の私の原点になっています。

 

経営者でも間違う。
経営者でも決断できない。
経営者でも知らない事がある
経営者は孤独
経営者だからこそ迷う

 

すべての人はサポートできない。
でも私を信じてくれた人のためには
私のすべてのパワーを集中させてサポートする!

 

それはあの時から芽生えた自分自身への誓いです。

 

二度と哀しい思いをする経営者や起業家を見たくない。

 

今考えると、今の志事をする事は偶然ではなかったと思います。

 

必然。
運命。
天命。

 

機会を下さったすべての人
これから出会うすべての人
そして宇宙の力に
心から感謝します!

 

 

 

《無料》前に進みたい起業家のための個別相談受付中■
   ↓↓↓↓↓↓↓↓↓
https://blog.infowave-okinawa.com/2020

■新垣への質問、ブログの感想はこちらから■
https://ws.formzu.net/fgen/S84498067/

 

 

●ブログでは出せない秘密情報や優良案件をLINE@で提供しています。登録頂いた方に「集客方法30」という無料電子ブックプレゼントしています。下のボタンからご参加下さい♪

*必ずメッセージかスタンプを返して下さい♪

友だち追加数

 

 


ABOUTこの記事をかいた人

今年で起業して10年を迎えました。10年前に貯金ゼロ、人脈ゼロ、資格なしで起業しましたが現在全国にクライアントをもつまでになりました。流行りのノウハウに惑わされることなく基礎を固めながら10年続く足腰の強い本物のビジネスをしませんか?