フェイスブックで集客する際のポイント


 

、あなたがビジネスで何らかの形でインターネットを利用しているならば信じられないような話があります。

 

 

10年以上前の事ですが・・・

 

・メルマガをやっているだけで大儲けできました。
・ブログをやっているだけで集客できました。
・ホームページを持っているだけで問い合わせがわんさか来ました。
・情報を売るだけで財産ができました。

 

 

これはすべて事実です。
私もその恩恵を受けましたし、知人で莫大な富を築き若くしてビジネスを引退した方もいます。

 

 

でも今はいかがでしょうか?
家やオフィスだけではなく街のいたるところにwifiがありインターネットに接続出来ます。スマホならばwifi環境なしにどこでもインターネットが使えます。

 

 

昔ならポケットラジオでどこでもラジオが聞けるようにインターネットを使える世の中なのです。

 

 

そして、これも以前なら100%無理な事なのですが、これから雨が降るか?知りたければインターネットで雨レーダーをリアルタイムで見る事ができます。

 

 

昔なら新聞の朝刊を広げて天気予報を見るか、気象台に電話して天気予報の音声を聞くくらいでした。

 

 

あなたは、スマホの天気予報のアプリを何か使った事はありますか?スゴイですよ!雨雲が近づいてきたらスマホにリアルタイムで通知をしてくれます。そしてそれはかなり正確です。

 

私達の普段の生活の中にインターネットやテクノロジーが溶け込んでいます。

 

 

話が少しそれました。インターネットがまだ今みたいに気軽に利用出来ない頃はインターネットやホームページで(しょぼい)情報発信をするだけでも集客でき儲かりました。

 

 

それは誰しもが情報発信できないので発信するだけで物凄い強者になれたのです。

 

 

しかし今は情報発信は誰にでも出来るようになりました。それもコストをかけずにいつでも大量に出来るようになりました。

 

 

昔のアドバンテージはもはや何の差もなくなったのです。

 

 

では今、ビジネスでは何が起きているか分かりますか?

 

それはエンゲージメントです。

 

 

初めてこの言葉を聞く人もいると思うので説明しますね。

 

エンゲージメント とは、英語で「engagement」と書きます。直訳すると“約束”“契約”という意味です。

 

 

しかしビジネスやインターネットの世界では少し違う意味で使われています。“繋がり”と呼べばしっくりくるように思います。

 

 

“繋がり”と言うと曖昧ですがもっと意訳していくと『交流』と言えます。

 

 

一時期(今でもあります)フェイスブックの友達の上限5000人まで友達を増やしてそこに営業やアフィリエイトを仕掛けるという手法がありました。

 

 

私も実際に実験して別アカウントを作り3000人まで友達を作り色々を仕掛けをしましたがほとんど反応は取れませんでした。一方的な情報発信では、どれだけ友達の数が多くても見向きもされません。

 

 

これは、あたりまえと言えばあたりまえの事なのです。フェイスブックにはどの投稿を優先的に表示するか?というアルゴリズムという計算方式があります。それを基に表示を調整しています。

 

 

フェイスブックのアルゴリズムは目まぐるしく変わるのですが基本的には交流している人の投稿を表示するようにしています。

 

 

ですから何人友達がいるか?ではなくどれだけアクティブに交流しているか?が勝負なのです。これがすなわちフェイスブックでもエンゲージメントです。少しイメージできるようになりましたか?

 

 

ビジネスでもフェイスブックを利用したい方はこれを念頭において活用して下さいね!

そうでなければただの時間のムダになりますので。注意して下さい。

 

 

 

 

【無料相談、ご質問フォーム】
秘密は厳守します。

https://ws.formzu.net/dist/S84498067/

 

 

 

 

 

●ブログでは出せない秘密情報や優良案件をLINE@で提供しています。登録頂いた方に「集客方法30」という無料電子ブックプレゼントしています。下のボタンからご参加下さい♪

*必ずメッセージかスタンプを返して下さい♪

友だち追加数

 

 

 

 

 

 

 

 

 


ABOUTこの記事をかいた人

凡人起業家のための夢実現コンサルタント新垣覚

自身が「貯金ゼロ」「人脈ゼロ」「資格なし」で起業したが今は全国にクライアントをもつコンサルタントに成り上がった経験から凡人起業家を「お客様から選ばれ稼ぎ続ける起業家」に変える事がミッション。