凡人起業家は意識して暇な時間を創ろう


 

こんにちは。
サラリーマン時代よりも稼げていない凡人起業家のためのコンサルタント新垣覚です。

もしもあなたが、家族もビジネスも大事にして稼ぎ続ける起業家になる事に興味があるのなら、今回の記事はきっと役に立つ事をお約束します。

「貯金ゼロ」「人脈ゼロ」「資格なし」の状態で起業し現在9年目を迎え、全国にクライアント様をもつようになりました。あなたも6か月で「自分の人生の大切なものを最優先して稼ぎ続ける起業家」に進化しませんか?

 

ビジネスをしていてスケジュールがスカスカだと恐ろしい気持ちになります。特に起業して間もない頃はお客様も仕事もないので基本的に「暇」に感じる事が多いはずです。

 

この時期は、問答無用で仕事を得る事に全力投球しなくてはいけないのはもちろんですが、ビジネスがある程度形になったあたりでは「仕事の内容」をもう一度考える必要があります。

 

特に「ひとり起業家」は時間が最大の資産なのでこの時間をどう活用するか?でビジネスの質も人生の質も変わります。今回はあえて「暇な時間」を創る事にフォーカスしてお伝えします。

 

 

なぜ暇な時間が必要なのか

暇な時間にフォーカスする前に、あなたが仕事に使っている時間をもう一度、チェックしてほしいと思います。あなたの仕事の時間は主に2つに分かれると思います。

 

ひとつは「仕事」、もうひとつは「作業」です。

 

私のメンターであるコンサルタントの長綱茂雄さんからずいぶん前に教えてもらった考え方は今でも大事にしています。

それは

 

作業は利益を生まない
仕事は利益を生む

 

というものです。

 

作業も仕事の内だし、利益を生んでいるよ!とあなたは思うかもしれません。

 

しかし、作業と仕事は明らかに意味が違います。

 

わかりやすく言い換えるならこのようになります。

 

作業→他の人に変えても影響のない事
仕事→あなたにしかできない事

 

まだイメージしにくいでしょうか?会社組織で考えてみましょう。

 

スーパーでレジ打ちの仕事があったとします。Aさん、Bさん誰が作業しても基本何も変わりません。

 

しかし、経営指針を考えてみんなをリードしていくという社長の仕事は誰かに代わってもらうことはできません。

 

これを「ひとり起業家」にサイズダウンして考えてみましょう。

 

まずはイメージして欲しいのですが今、あなたがひとりでやっている作業で(仮に)バイトを雇えたりすれば代わってもらえるものはありませんか?

 

実はそのような仕事は「作業」である可能性が大きいです。

 

逆に、あなたでなければ絶対にダメな事はありませんか?それが「仕事」なのです。

 

絶対に一度、1週間のあなたの仕事を全部洗い出してみてほしいのですが早々以上に「作業」が多いはずです。でもあなたの「仕事」と「作業」を較べると明らかに「作業」は生産性や単価が低いはずです。誰でも代わりが効くものはそうなるのが自然です。

 

でも誤解しないで下さい。作業が悪いわけではありません。生活がかかっていますから作業も必要です。でもバランスが悪く作業ばかりだとあなたのビジネスは伸び悩み、場合によっては下降線をたどる可能性が高いという事を覚えていてほしいです。

 

そして、「仕事」の時間を創り出すのには「暇な時間」が絶対に必要になります。暇な時間というと不快感を感じる方もいるかもしれませんが

 

暇な時間=創造的な事に使える時間

 

と捉えてもらうとスムーズかと思います。作業には「成否」があります。しかし創造的な事に「成否」はありません。もちろんビジネスとしてマネタイズしていくと結果はともないますが、それ以前の段階では作業と仕事では意味合いが全く変わってくるのです。

 

 

暇な時間を創る方法

では、どうすれば暇な時間を創り出す事が出来るでしょうか?そのためにはあなたのビジネスを一度、見直す必要があります。

 

 

コンサルティングの中で多いのが時間の使い方が下手な方を多く見かけます。特に朝の時間の有効活用は大事なポイントになります。

 

「仕事」は朝に組み込み、「作業」は集中力の落ち気味の時間に入れる事が大事です。これが基本原則になります。

 

そして、きちんと「目標」を立てる事が大事です。例えば他人から依頼された仕事はそれをきちんと仕上げるのが目標なので分かりやすいですが、「自分の仕事」となると漫然とこなす方が多いです。

 

例えば、ビジネスですので購入してもらう事がゴールのひとつのはずですが、その目標がグダグタなので行動もグダグタになっているケースが多いです。

 

具体的にこの商品サービスを今月何個売る、と決めてそこから逆算して仕事を組む事が大事ですが目標無しにただ「作業」している事が多いです。

 

時間の使い方を最大限に有効化させる事で不要な作業や、外注化できる作業も見えてきます。まずはしっかりと目標を立ててその目標を達成させるためだけの行動をとるように計画してみましょう。

 

そうなると、月間、週間での目標達成のためのプランは絶対に必要になります。ご自身の手帳を見て「他人とのアポ」が多い人は要注意です。ご自身のために本当に必要な行動をプランに入れていない可能性が高いです。

 

・目標を立て
・目標達成最優先の行動を決め
・行動の断捨離をする
・自分の時間のアポを入れる

 

こうする事で、必ず今までになかった時間が生まれます。この時間が今回お伝えしている「暇な時間」になる訳です。

 

 

暇な時間はどう活用する?

この暇な時間は私は「黄金の時間」と勝手に呼んでいます。この時間は例えば時間を会社に買ってもらっているサラリーマンには持ちたくても持てないものです。

 

 

この黄金時間は、7つの習慣でいうところの「緊急ではないが重要な事」にあてるのが分かりやすいと思います。いわゆる第二領域の活動です。

 

あなたも必ずあるはずです。「時間があればじっくりと取り組みたいな」という事が。ビジネスにフォーカスすると私の場合でしたら、新しい商品サービスを企画したり、新しい知識や経験をインプットする事です。他にも会いたい人に会いに行ったり、お話をする事です。

 

これらの事は暇な時間が無ければ不可能です。もちろんこの黄金時間を仕事以外にあてるのもアリだと思います。あえて平日の空いている時に行きたかったカフェに行ったり、美味しいものを食べたり、映画を観てもいいと思います。

 

でも、そのように時間を使う時は、ビジネスを忘れて思いっきり楽しむ事が大事です。心のどこかに後ろ髪をひかれるような感じなら良い事はありません。

 

黄金時間の間に頭の中を一旦、空っぽにしておく事も、暇な時間を創らない限り無理な事なので価値のある使い方です。

 

 

まとめ

ここまでお伝えして冷水を浴びせるようですが、暇な時間を創る前提としてある程度、経営が順調である事は絶対に必要な条件です。

 

とにかく、目の前の売上に拘る事はビジネスをしているものとして命題です。よく全然、売上もあがっていないのに「お金じゃないよ」みたいな事を言う方がいますがビジネスはそんなに甘くはないです。

 

もちろん片手間に趣味のようにビジネスをする事も悪くないですが私はそんな選択はしたくありません。四六時中、お客様の事を考えて、どうやったらもっと貢献できるか?考えたり一緒に悩みを解決する方が好きです。仕事は趣味や遊びではなくそれ以上の価値があると信じています。

 

まずはビジネスを安定させる事、そしてそれがある程度実現したら今回お伝えしたような「暇な時間」を創る事にチャレンジして欲しいと思います。このフェイズになると楽しくてしょうがなくなると思いますよ!

 

今回も最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 

【凡人起業家が広告や最新ノウハウを使用ずに売上を3,7倍にする方法】
   ↓↓↓↓↓↓↓↓↓
https://blog.infowave-okinawa.com/2020

■新垣への質問、ブログの感想はこちらから■
https://ws.formzu.net/fgen/S84498067/

 

 

●ブログでは出せない秘密情報や優良案件をLINE@で提供しています。登録頂いた方に「集客方法30」という無料電子ブックプレゼントしています。下のボタンからご参加下さい♪

*必ずメッセージかスタンプを返して下さい♪

友だち追加数

 

Last Updated on


ABOUTこの記事をかいた人

自身が「貯金ゼロ」「人脈ゼロ」「資格なし」で起業したが今は全国にクライアントをもつコンサルタントに成り上がった経験から凡人起業家を「お客様から選ばれ稼ぎ続ける起業家」に変える事がミッション。