【ひとり起業家必見】 集客で困ったらチェックすること


 

こんにちは。
サラリーマン時代よりも稼げていない凡人起業家のためのコンサルタント新垣覚です。

もしもあなたが、家族もビジネスも大事にして稼ぎ続ける起業家になる事に興味があるのなら、今回の記事はきっと役に立つ事をお約束します。

「貯金ゼロ」「人脈ゼロ」「資格なし」の状態で起業し現在9年目を迎え、全国にクライアント様をもつようになりました。あなたも6か月で「自分の人生の大切なものを最優先して稼ぎ続ける起業家」に進化しませんか?

 

起業してビジネスを始めたら、集客が無縁になる事は決してありません。どのフェーズにいても集客は必要ですし、また集客できて困る事はありません。

 

でも、ほとんどの人が集客に困っています。それは個人事業でも中小企業でも大企業でも同じです。ですから広告を使ったり、SNSを使ったり、ブランディングをしたりとあの手この手をしています。

 

今回は集客で困ったときにチェックすることをお伝えしたいと思います。1人型の起業家に特化した方法ですので、すぐに今日からでも使える方法になりますので楽しみにしてください。

 

見込み客の確認

一番最初にしなくてはいけないのは、見込み客の確認です。

 

もし見込み客を設定していないとしたら、今すぐ設定してください。それだけでもビジネスの結果が全く変わります。

 

見込み客と言うのはあなたの商品やサービスを買う可能性のあるお客様と言うことです。ですから少なくてもあなたはお客様の絞り込みを商品サービスからすることができるはずです。

 

ほとんどの人がそこまではできているのですがそこから先ができていないことが多いです。

 

よくお客様のことを「ターゲット」と呼ぶことがあります。ターゲットと言うのは的の事なので僕はあまり好きな言葉では無いのですが、イメージとしてはぴったりだと思います。

 

 

遠くから矢を放ち、的の真ん中にぴったりと当てる。集客はそのようなイメージです。

 

しかしほとんどの人は、適当に海に投網を投げているような感じがします。そこに魚がいそうだから網を投げる。これでは経験豊富な漁師さん以外ではなかなか魚は取れないはずです。

 

それに、見込み客を決めないと自分からコントロールすることはできません。そのような意味でも、見込み客=ターゲットをしっかり決めることで自分のお客様にぴったりとアプローチすることができるようになります。

 

「見込み客の確認」とお伝えしましたが、具体的にはあなたが想定してる見込み客自体にズレがないかと言う事もありますがそもそも見込み客が合っているか?と言う場合もあります。

 

これはコンサルティングの中で本当によく出会う光景なのですが、あなたがイメージしているお客様と商品サービスが合わなかったり、情報発信が想定している見込み客に対して届きにくかったりと、これもズレていることがよくあります。

 

見込み客を確認するためにはとてもシンプルな方法があります。それは「誰に」「何を」と言う2つの視点で考えることです。

 

「誰に」と言うのは見込み客であり、ターゲットです。次にこの「誰に」の対象の人がどのようなことを考えているか考える必要があります。なぜならあなたの商品サービスがその想定している見込み客の一方が望んでいないものであれば売れるわけがないからです。考えるにあたっての簡単なポイントをお伝えします。

 

 

・(見込み客が)聞こえているものこと
・感じていること
・(見込み客が)していること
・(見込み客が)行っていること
・(見込み客が)見えていること
・(見込み客が)考えていること

 

この6つのことを軸に徹底的にリサーチしてください。

 

リサーチに関しては以前に『【ツール付き】実際のリサーチ方法』という記事を書いたので参考にしてしてください。

 

このように丁寧に見込み客のことをリサーチして、その中にあなたの商品サービスが入る余地があるのかと言うのをしっかりとチェックしていってください。

 

もし少しでもズレを感じたり、果たしてニーズがあるかと言う疑問が出てきたらそこも深掘りして調べていくといいと思います。

 

お客様は自分が欲しくないものや必要ないものに対しては1円も払わないと言うことを覚えていて欲しいです。

 

ニーズの確認

今ニーズの確認をしましょうとお伝えしましたが、ニーズの確認方法についてもいくつかご紹介したいと思います。

 

いろいろリサーチしたけれどもいまいちニーズが掴み取れない場合、私がよくクライアント様にやってもらうのが、モニターとして利用してもらうことです。

 

 

その場合有料でも無料でも良いのですが、私は少しお金をいただいた上でモニターをしていただく方が良いと考えています。

 

理由としてはお客様も前のめりで一生懸命になるし、あなたもお金をいただいた分するからです。今まで無料のモニターをいくつか商品サービスでしてもらったことがあるのですが、正直あまり芳しい成果は出ませんでした。

 

モニターになってもらう場合前述したあなたの想定している見込み客と合ってるかどうかをしっかりチェックしてください。そうしないとせっかくのモニターも何の意味がなくなってしまいます。

 

リサーチとも少し重複するのですが、インターネットのYahoo!知恵袋や、教えてgooなどの質問サイトもよくチェックしておくといいと思います。

 

あなたの商品サービスに近いカテゴリーを選びその中の質問の中にあなたの商品サービスがそれをがあれば、それはニーズになると思います。

 

また検索数を調べることでどれぐらいのニーズがあるかと言う予想を立てることもできます。

 

ニーズのあるなしは商品サービスが売れる売れないに大きく変わるのでこれでもかと言うほどやってください。

 

場所の確認

「誰に」「何を」が決まったら、今度は「誰に」=見込み客が実際どこにいるのか?と言う場所を確認することをしてください。

 

家なのか、職場なのか、ゴルフ場なのか、レストランなのか学校なのか、、、それらの人がいる場所を確認していきましょう。

 

できればその見込み客が集まっている場所を見つけるようにしてください。これはオンラインでもオフラインでもいいですそのような人が集まっている場所さえ探し出せば、直接そこにアプローチすることが可能になるからです。

 

この場所の確認と言うことを結構やらない人が多いのですが、場所を確認していくことでどんな集客方法をとれば良いのか?ということにもつながるので場所の確認はきちんとチェックしていきましょう。

 

どんな手段を使う?

先ほど、どんな場所に見込み客が集まっているか?と言うことをお伝えしましたが、例えばそれがチラシや例えばそれがリアルで集まっている場所があるとすればチラシやパンフレットなどを洗うアナログなものが有効かもしれません。

 

またリアルで集まっている可能性が低い場合は、検索エンジンを活用して検索してもらうような形にする方がいいかもしれません。

 

また検索よりは口コミが早そうであればSNSを使うのもいいかもしれません。その属性に合わせた手段を使わないと集客はなかなかうまくいきません。

 

これは現実問題として受け入れて欲しいのですが、いろんな集客方法を同時にしないとなかなか効果は出ません。よく「私はブログを書いています」とか「SNSをしています」とか言う人もいますが、そんな事は誰でもやってることなので、量や質を上げたり、チャンネルの数を増やすなど、とにかく人よりも多くということが必要になってきます。

 

よく「●●で楽して集客」という言葉が世間には飛び交っていますがあれは大ウソと思ってください。仮にあったとしても数ヶ月でその効果はなくなるはずです。

 

現在集客方法は手段は本当にたくさんあります。ですからあなたができるものを選ぶのではなく、見込み客と出会える可能性が高い手段を選んでほしいと思います。

 

そもそもなぜ集客?

コンサルティングの中でよく「集客に困っている」という声を聞きます。でもいろいろ話を聞いているとつまるところ、売り上げが上がっていないということが真の問題な事が多いです。

 

売り上げを上げるのと集客は決してイコールではありません。売り上げを上げるためには、「仕組み」を作ったり、単価をあげたり、購入回数を増やしたりなどの方法があります。

 

そして集客に関しても大事なのですが、お客様がリピートしてるか?という視点も大事です。

 

新規で集客する数よりも、お客様が逃げていく刺客刺客の方が多いと、水の開いたバケツのようにいつまでたっても水はたまりません。

 

そもそもなぜ集客が必要なのか?というところに立ち返ってビジネスを見直すことも時には必要だと思います。

 

そうしないと余計なことにエネルギーをかけることになり時間もお金も無駄になることが多いです。

 

まとめ

次々と出てくる新しい集客方法に目を奪われることが多いと思います。でも結果を出してる起業家や、集客がうまくいっているクライアント様を見ると、本質はやはりシンプルなものだと感じます。

 

それはお客様から望まれる存在だと言うことです。特にひとり型の起業家は何千人のお客様を抱える必要はありません。

 

ですからいかに一人ひとりのお客様を満足にしていくかという商売の基本みたいなところがしっかりできていないといくら集客してもうまくいかないことになると思います。

 

そして大事な事は今あなたと同じ商品サービスは他にもたくさんあるという事です。その中でどのようにして選ばれるか?と言うのはとても難しいところです。

 

下手にライバルがやっていないものを取り入れて行っても結局追いつかれるだけです。最後はお客様は信頼感や期待感など目に見えない部分で決めることが多いです。そのような最後のひと押しをするためにも、日ごろから必要になってくるのは情報発信だと思います。

 

直接セールスに結びついていない情報発信は本当に大切です。それはあなたの人柄やビジネスに対する思いなどを表しているからです。集客はシンプルにシンプルに考えていくほうがうまくいくと思います。

 

もし集客でお困りでしたらぜひご相談ください一緒に考えてみましょう。

 

今回も最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 

【凡人起業家のための特別無料個別相談】
   ↓↓↓↓↓↓↓↓↓
https://blog.infowave-okinawa.com/2020

■新垣への質問、ブログの感想はこちらから■
https://ws.formzu.net/fgen/S84498067/

 

 

●ブログでは出せない秘密情報や優良案件をLINE@で提供しています。登録頂いた方に「集客方法30」という無料電子ブックプレゼントしています。下のボタンからご参加下さい♪

*必ずメッセージかスタンプを返して下さい♪

友だち追加数

 

 

 

 

 


ABOUTこの記事をかいた人

凡人起業家のための夢実現コンサルタント新垣覚

自身が「貯金ゼロ」「人脈ゼロ」「資格なし」で起業したが今は全国にクライアントをもつコンサルタントに成り上がった経験から凡人起業家を「お客様から選ばれ稼ぎ続ける起業家」に変える事がミッション。