起業家の過剰な「自分探し」が危険な理由


 

こんにちは。
10年続く起業家を育てるコンサルタント新垣覚です。
ビジネスは継続する事が大事です。
しっかりと基礎を固めながら10年続く足腰の強い本物のビジネスをしませんか?

 

私は「貯金ゼロ」「人脈ゼロ」「資格なし」の状態で起業して今年で10年目を迎え、全国にクライアント様をもつようになりました。まずは6か月かけて「自分の人生の大切なものを最優先して稼ぎ続ける起業家」に進化しませんか?

 

起業してビジネスを始める「自分探し」をする人が多いです。もちろん、サラリーマン時代にも自分探しをする人はいるのですが、起業してビジネスをしていると頼れるのは自分しかいないと言う当たり前のことに気づかされます。

 

ですから自分自身に興味を持ったり、“本当の自分はどんな自分なんだろう?”などと言う自分探しに自然につながることが多いです。

 

これまでも適性検査や、履歴書等で母も自分自身を深掘りする事はあるのですがもっと大きな視点で人生と自分を見たときに「自分探し」を選択する人が多くなると思います。

 

私自身20代、30代、と自分探しを好きで続けてきました。しかし、ビジネスをしていると自分探しは時には危険なことになると言うことに気づきました。今回は起業家の「自分探し」が危険な理由をいくつかお伝えしたいと思います。

 

そもそもなぜ自分探しが必要?

中には自分探しみたいな事をを全くしない人もいます。でもそれは圧倒的に少数だと思います。起業してビジネスをしていると自分の中のリソースを調べたり、自分にできることを考えたり、生きている意味を考えたときに自分探しに向き合わざるを得ないことがあると思います。

 

また、ほとんどの人が自分探しがうまくいくと、ビジネスがうまくいくのでは?と言うことを裏で考えていると言うことがあります。確かに自分自身を深く理解した方がそれらのエッセンスがビジネスにも生きるのでは?と考えてしまうのが自然です。

 

でも、起業家にとっての自分探しが危険なのは自分探しと言うものは実は麻薬のように快楽を生むものであり、それを探求し続けているとビジネスの成功につながると錯覚していると言うところが問題です。

 

 

 

私も自分のことを含めて、多くの自分探しをしてきている人を見てきました。時にはそれがうまくいっていることもありますが、多くの場合自分探しがメインになってしまい、ビジネスのことを二の次にしている残念な人も多く見られます。

 

例えとして変かもしれませんがご飯を食べなければいけないのに、ご飯を食べるのを二の次にして自分探しを続けているような感じです。

 

確かにビジネスをしていると迷うことだらけです。毎日迷って迷って迷い続けていることが多いです。だからこそ唯一の味方である自分のことを知りたいという事は理解できるのですが、自分探しを1時間やる位ならセールスを1時間やったほうがビジネスは上手くいきます。

 

ビジネスは究極にリアルな世界です。そしてこれも面白いことなのですが、ビジネスが上手くいき、儲かってくると一旦自分探しが終わる人が多いです。つまり、ビジネスが上手くいっていないという状態があるためにその「はけ口」として自分探しをしていると人が多いです。

 

もちろん、ビジネスが進んでいき自分のステージが上がってくるとまた自分探しをしたくなることもあります。しかしその段階では以前の自分探しとはまた全く違うステージの高い別のものになっていることが多いです。

 

結局、ビジネスを成功させたり結果を出すことで自己肯定感が高まり、自分探しが不要になるのです。

 

極端な自分探しは危険

いきなり結論めいたことからお伝えしましたが、極端な自分探しは危険です。それは自分探しをしている間はそこに大きなエネルギーを奪われてまともにビジネスをすることができなくなることが多いからです。

 

私の周りにも四六時中自分探しをしている人はあまりビジネスはうまくいっていない事が多いです。自分探しに価値が無いということではありません。「何を優先すべきか」というところに問題があると思います。

 

私の知人の成功者は「自己実現とビジネスを結びつけるのは良くない」と言っていました。これに関しては色々と意見があると思いますが、私も半分そうだなと感じています。

 

ビジネスにおいてエネルギーをかけるべきなのはお客様のことを考えたり、より良い商品サービスを作ると言う事です。

 

そのエネルギーを他のものに奪われると言う事はあなたのビジネスのレベルを下げてしまうことにつながります。それはすごいもったいないことだし、何を優先すべきか?と考えたときに明らかに優先すべき事は他にたくさんあるはずです。問題はそこに気づかずに時間とお金を浪費してしまうと言うことにあると思います。

 

ビジネスに自分のエネルギーや時間やお金を投資できないと言う事はさらにビジネスがうまくいかなくなる可能性が高くなります。そうなると負のスパイラルに入ってしまいます。そのような極端に自分探しにエネルギーを使う事は避けたほうがいいです。

 

でも自分探しにはまっている人はほとんどが自分自身がそのような状態にあると言うことにまず気づいていません。私が今回このような記事を書くきっかけになったのは「自分探しにエネルギーを使うよりは単純に前に進むことにエネルギーをかけたほうがいいんじゃないか?」と思うからです。

 

これは極端な例えかもしれませんが、常に競争にさらされているプロのスポーツ選手が「自分とはなんだろう?」みたいに自分探しに没頭する事は無いはずです。

 

まずは競争に打ち勝つために練習をして行動するその毎日だと思います。もちろんトップ中のトップの選手は自分探しのような段階が事はありますが、まだレギュラーにもなっていないプロスポーツ選手がそのようなことを考える暇は無いはずです。

 

それは僕らビジネスをしている人間も全く同じだと思います。

 

本当の自分なんてそもそもない

自分探しをしていると、どこかに「本当の自分」がいてそれを見つけることができるのではないか?と言うイメージを持っていることが多いです。

 

それは映画で世界中を旅して秘宝を探す探検家にも似ています。でもそもそも本当の自分ってあるのでしょうか?

 

私は「本当の自分」というものがあると以前は信じて疑いませんでした。でも本当の自分と言うものがあるとすれば今の自分は偽物の自分ということになってしまいます。

 

 

そんな事は無い!と言うのは感覚的にはわかっていました。でもなぜか、どっかに本当の自分が発見されるのを待っているのではないか?と考えてしまうんですよね?

 

なんとなく頭の中ではこの辺の整理ができていたのですが、芥川賞作家の平野啓一郎さんが書いた「私とは何か 「個人」から「分人」へ 」という本を読んで納得しました。

 

簡単に言うと自分の中にはいくつもの自分が存在していてどれも本当の自分と言う考え方です。例えば子供に対して父親であるときの自分と、ビジネスをしているときの自分は時には価値観や行動パターンまで変わってしまうことがあります。

 

でもそれは紛れもなく私自身だし、子供の前で嘘をついていたり、ビジネスのフィールドで嘘をついていると言う事はありません。その場の状況や、自分自身の立ち位置に合わせて私たちは自分を使い分けています。そしてそのどれもが自分自身そのものなのです。

 

このような分人の考え方を理解してからは間違いなく本当の自分なんてものはないということが確信を持てるようになりました。

 

だからこそ、自分を探しに時間を費やすのはもったいないし、そんなエネルギーや時間はビジネスにあてたほうがいいと合理的に考えられるるようになったのです。

 

探すのではなく気づくもの

起業してビジネスをしているとよく聞くフレーズがあります。それは「走りながら考えろ!」ということです。ビジネスでは考え込んでいる時間はある意味無駄な時間です。

 

もちろん本を読んだり、いろいろ計画したり、第二領域の時間を使うなど考える事は必要です。でも自分探しのようにあまり意味のないことに時間を費やして走らずにその間にその場にとどまっている事はあまり意味がないことです。

 

ここまで読んだ方は、ある程度理解ができていると思いますが、私は走り続けていくうちに自分とはこういうものなんだろうなぁと気づくものだと思います。

 

特に悩んだり苦しんだり、する中でそれを克服するために頑張る自分や、支えてくる人たちに感謝する自分など心の成長に伴い本当の自分もどんどん変化していくと思います。

 

そのためにはまず走り続けることが必要ですし、走り続けているからこそ見える景色があると思います。その中でふと自分について気づくことも多いです。そのように見えてきた自分がいわゆる本当の自分の一つなんだと確信しています。

 

 

まとめ

以前から感覚的に「本当の自分」と言う言葉に違和感を感じていました。もし本当の自分がいるとすれば今の自分が嘘になってしまうからです。

 

 

起業してビジネスをしてがむしゃらに走っていると、今の自分が嘘の自分と考えた時点でエネルギーがゼロになってしまい前に進めなくなってしまったことがありました。いわゆる自己卑下状態です。

 

そんな状態を経験したからこそ、本当の自分なんてない。今の自分が本当の自分であり、今の自分もどんどん進化してさらに新しい自分に毎日成長している!このように考えられたときに自然と腑に落ちた時の事を今でも覚えています。

 

今回お伝えしたのは、私の経験や私の周りの人たちの観察から感じたことですが、あなたはどのように感じたでしょうか?

 

先ほども書いたのですが、自分探しはともすれば快感な行為です。それを頭のどこかに置いていただきビジネスに真っ正面に立ち向かっていくとあなたのビジネスは間違いなく成長すると思います。

 

今回も最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 

【ラストチャンス起業家が広告や最新ノウハウを使用ずに売上を3,7倍にする方法】
   ↓↓↓↓↓↓↓↓↓
https://blog.infowave-okinawa.com/2020

■新垣への質問、ブログの感想はこちらから■
https://ws.formzu.net/fgen/S84498067/

 

 

●ブログでは出せない秘密情報や優良案件をLINE@で提供しています。登録頂いた方に「集客方法30」という無料電子ブックプレゼントしています。下のボタンからご参加下さい♪

*必ずメッセージかスタンプを返して下さい♪

友だち追加数

 

 

 

 

 


ABOUTこの記事をかいた人

10年続く起業家を育てるコンサルタント新垣覚

今年で起業して10年を迎えました。10年前に貯金ゼロ、人脈ゼロ、資格なしで起業しましたが現在全国にクライアントをもつまでになりました。流行りのノウハウに惑わされることなく基礎を固めながら10年続く足腰の強い本物のビジネスをしませんか?