あなたのお店のトイレは綺麗ですか?


んにちは。
新垣覚です。

こうやって読んでいただき感謝しております。

起業前ですが私は“転職アドバイザー”という肩書で
在職のまま活動していました。

20代後半から転職願望が強く実際に色んな職種を
転々とした事もありました。

そのため、転職したい!と熱望している人の気持ち
は痛いほど分かりましたし、私なりのノウハウもずいぶんありました。

もう9年書き続けているブログも過去の記事は
転職に関して書いています。

http://ameblo.jp/zen-ryoku/

懐かしさもあり以前の記事を読んでいるとこういう記事がありました。

会社はこうしてつぶれていく

あの時は転職者からの視点で書いたのですが
経営のサポートをするようになった現在の視点から見て

この中で挙げた事は合っているなぁ・・
と思いました。

特に私がどの会社でもあてはまると
肌感覚で納得している事に

“事務所やトイレが清潔ではない”
という事があります。

以前は転職者の視点で今は経営者の視点で
訪問先のトイレを観察するのですが
やはりトイレが清潔に保たれていない会社は
あまり安定していません。

だからといってとにかくトイレをまず綺麗にすればいい!
という話でもありませんが

最近分かったのはトイレが綺麗でない会社はやたらと
“優先順位をつけている”
という事です。

clock-439147_640

トイレ掃除をするくらいならもっと営業しろ!
とか
トイレ掃除より会社の外の清掃が優先とか・・・・

一見、間違ってはいないようですが
何だか違うんですね。

本来はどれも大事で優先順位をつけられないはずなのです。

でもそれをつけてしまう・・・
という構図に問題があります。

私が考えるに多分
「損をしたくない」
という気持ちが強いのだと思います。

世の中って勝ち続ける事、
得し続ける事ってありません。

でも先回りして計算して損得を判断して
損なものは切り捨てているのです。

昔の言葉に
“損をして得(徳)を取れ”
というものがあります。

小さい事ですがこの通りなんですね。

良い会社はここまでしなくていいのに・・・
というくらい細かいところに気を使ってくれます。

そしてそこに感動が生まれいつしかファンになります。

損得でや無駄で考えるとこの路線は生まれません。

個人事業はもっとこの事が最大化して現れます。

お客様のためにどれだけ本気で骨を折っているか?
無駄とも思える事をしているか?
ここが勝負どころです。

エラそうに言っていますが自戒をこめて書いています。
あなたはどうですか?

・損得計算してませんか?
・無駄だと切り捨てている事はないですか?
・トイレは綺麗ですか?

もしお悩みでしたら一緒に考えてみましょう!
アドバイスしますよ (^_^) 相談は無料です。
お問い合わせ/集客無料相談はこちらから

 

●ラインでも無料相談承っています。下のボタンから追加下さい♪

友だち追加数


coconara

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です